第57話 家族愛をコンビニ経営で確かめる5

「いよいよ、オープンだ。がんばるぞ。」

「おお。」

 理不尽な研修を終えて、コンビニをオープンする頃には、安倍家の4人はボロボロだった。これが夢のコンビニオーナーの実態であった。目の下にはクマがあり、疲れ切っている様に見えた。

「いらっしゃいませ。」

 オープンということで、たくさんのお客様が列をなして押し寄せてきた。

「はい! おにぎりですね。」

「おでんは何にしましょうか?」

「アンマンと肉まんですね。」

「100円コーヒー16杯ですね。」

 安倍家のコンビニ運営は順調そのものだった。そしてお金を数えて、1日の売り上げを精査する。

「100万円!?」

「なんて儲かるんだ!? コンビニオーナー!」

「やったー! これで我が家もお金持ち!」

「1日100万なら、1か月で3000万円!?」

「ああー! 独立して良かった!」

 安倍家は幸せの絶頂を味わった。

「今日は父さんが夜勤をするから、おまえたちは寝なさい。」

「はい。おやすみなさい。」

「やったー! お金持ち!」

「ブランドのバックを買いに行かなくっちゃ!」

 こうして安倍家のコンビニ初日は幕を下ろした。順風満帆なスタートをきったかに見えたが、平和は長くは続かない。

「今日の売り上げが50万円!?」

「オープン初日の売り上げの半額じゃないか!?」

「儲からない! 儲からない! コンビニオーナーなんて、儲からない!」

「私のブランドバックを買う夢が崩れていく!?」

 オープンから1週間。安倍家のコンビニは落ち着いた。ほぼ駅前のコンビニ以外の立地では儲からない。ここから商品の仕入れ、人件費などを差し引く。そこから半分は本社にロイヤリティーとして搾取される。

「これは!? フランチャイズ詐欺だ!?」

 その通り。開店してから気づいても遅いのである。ネットで調べれば、コンビニは、成功者以外の立地でしか儲からない。これは周知の事実である。ほぼほぼ住宅地や人口の少ない地域のコンビニは、社会福祉であり、全く儲からない。それどころか赤字になるのは必須である。

「もうダメだ。」

「父さん!?」

「大丈夫!?」

「お父さん!?」

 父、安倍晋男が過労で倒れた。他の家族に迷惑をかけまいと夜勤をかってでた。しかし病魔は確実に晋男の体を蝕んでいた。コンビニ経営の最大の落とし穴は、夜勤。売り上げも全体の5パーセントあるかないかなのに、本部からの指示で、または契約で深夜勤務を含む24時間営業を強制されている。

「救急車を呼んで!」

 普通の人間は夜は寝る。普通の人間は深夜に労働などしたことが無い。慣れない労働に体が持つ訳がなかった。

 つづく。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー