第23話 カロヤカさんと残り35作

「はあ・・・はあ・・・4作も移管しても、まだ作品の残りが35作もあるだと!?」

 ライト文芸部の部長、春夏冬天は、絶句して錯乱していた。

「天、あんたどれだけ書いたのよ?」

 天の友達の宇賀神麗は呆れていた。

「部長、がんばってください。ニコッ。」

 後輩の越後屋笑。最近では作り笑いの営業スマイルで、実は腹黒い性格の方が面白のではないかと思われている。

「部長、さっさと駄作のコピー貼り付けを終わらせて、ライト文芸部の話に戻してくださいよ。キャッハッハ!」

 笑がずる賢いという個性を持つとなると、同じく後輩の小田急大蛇に、ドジっ子キャラというアイデンティティーが回ってくる。

「私が何も悩まず、何も考えずに、部長の代わりに、さっさと移管作業を行いましょうか?」

 軽井沢花。彼女のことを人は、カロヤカさんと呼ぶ。何でもできるスーパースターだからだ。ただし、お化けは怖いという弱点はある。

「任せた。カロヤカさん。」

「カロヤカにお任せあれ。」

 この一言で、朝ドラの主演と、流行語大賞を狙うのである。

 つづく。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー