第6話 カロヤカにお任せあれ!

「ということで、今日も一日無事に終わりました。」

 カロヤカさんは父親、薔薇の仏壇に手を合わせてお参りをする。

「どういうことよ?」

 カロヤカさんの妹、楓。

「我が家で仏壇のお世話をするのなんて、カロヤカしかいないんだから。」

 カロヤカさんの母、桜。

「あんたたちうるさいわね! 私がお父さんに手を合わせようが自由でしょ!?」

「て、ゆうか、スーパースターの姉を持った妹の気持ちを考えたことがある? 毎日、学校でお姉ちゃんを紹介してって、男女に言われるんだけど。」

「私の知ったことじゃない。」

「あんた、妹を粗末に扱っていると、お父さんが化けて出るわよ。」

「私は、そうならないように毎日、お父さんの仏壇に手を合わせて、成仏してくれるように祈っているから大丈夫!」

「あ、耐えた。」

「昔は、お化けの話になるとお漏らししていた子が、大きくなったもんね。」

「私だって、いつまでも子供じゃありません!」

「お姉ちゃんは、霊感が強いからね。」

 スポーツ万能、成績優秀、才色兼備のカロヤカさんだったが、怖いものが1つだけあった。

「とりあえずお父さんの幽霊なら、なんとか出てきても大丈夫。耐えれるわ。それに本当のお父さんは娘の私が嫌がることをしないはず!」

 カロヤカさんが怖いもの。それは、お化けが怖いということだった。


「こらー!? カロヤカさんの弱点は、私が発表する予定だっただろうが!?」

 ライト文芸部の部室で、部長の春夏冬天が悔しがっている。

「え? そうなんですか。」

 戸惑うカロヤカさんと、越後屋笑、小田急大蛇の3人。

「カロヤカさんの弱点を握った私は、カロヤカさんがお化けが怖いという弱点で、カロヤカさんを脅して、ラノベ愛好会に入部させて、ラノベ愛好会をライト文芸部に格上げする予定だったのに!? ああー!? クソッ!? 悔しい!?」

「ごめんなさいね。天は思い通りに行かないと口から火を吐く癖があるの。」

「ガオー!」

 口から火を吐く天。

「中国雑技団ですか?」

「フォローになってませんよ。宇賀神先輩。」

「そうかしら? ウラララー!?」

「笑って誤魔化した!?」

「部長も部長なら、先輩も先輩だ。キャッハッハ!」

「私は、愛らしい先輩たちだと思うけどな。ニコッ。」

 先輩の宇賀神麗も、部長同様、カロヤカさんたち後輩に白い目で見られるのだった。


「部長! そもそも、ライト文芸部とは、何をする部活ですか?」

「いい質問ですね。」

「アキラ池上かよ!?」

 何にでも軽いボケが入る。

「フッフッフ! ライト文芸部とは!」

「ライト文芸部とは!?」

「アニメを見たり、マンガを読んだり、私が好きかってにゴロゴロするための部活だ! ワッハッハー!」

「しょうもない、ねえ、カロヤカさん。ニコッ。」

「す、素晴らしい!」

「え?」

 カロヤカさんは、初めて見るゴキブリの様な人間に興奮していた。

「さすが部長です! カロヤカは感銘を受けました!」

「おお! カロヤカさんには、私の偉大さが分かってくれるか!」

「はい! 部長! どこまでもついて行きます!」

「ワッハッハー! 時期部長は、カロヤカさんに任せよう!」

「ありがとうございます。」

「変な所で共感してるわね。」

「カロヤカさんも所詮は人間だったか。キャッハッハ!」

 こうしてライト文芸部は部員5人で一丸となった。 


「ワッハッハー!」

 部長たちはゴロゴロ転がりながら漫画を読んでいる。

「麗先輩は何を読んでいるの?」

「BLよ。」

「ボーイズラブですか。」

「違うわよ。坊さんラブよ!」

「え?」

「最近、男前のお坊さんが多いのよ。服を脱いだら尼だったとか、盛り上がる展開よね。」

 普通の人間は、ライト文芸部にはいないことが、改めて判明した。

「しまった!? 私としたことが!?」

「どうしたんですか? 部長。」

「お金持ちキャラを部員に入れないと、楽しいティータイムが過ごせない!?」

 部員構成に問題が発生したかに見えた。

「部長、困った時は、このカロヤカにお任せください。」

「どうするの?」

「まず、ハガキとペンを用意します。次に懸賞の応募しているものを探し欲しいものを探します。」

「あ! 私、これが欲しい、ニコッ。」

「ガストンのドリンクバーセット?」

「でもこれ、1名様限定よ。当たらないって、キャッハッハ!」

「分かった! そのためのカロヤカさんね。」

「その通りです。」

 カロヤカさんは、ドリンクバーセットに申し込む。

「パンパン。」

 ハガキをポストに入れる。

「郵便です。」

 2、3週間後。郵便配達の人がハガキを届けてくる。

「あ、当たってる!?」

 カロヤカさんの出したハガキで、ドリンクバーセットをゲットした。

「さすが! カロヤカさんだ!」

 これが正しいカロヤカさんの使い方である。

「カロヤカさん! アニメの映画の試写会のチケットに応募してくれ!」

「私も! 今度は、お姫様ベットが欲しいな! ニコッ。」

「まあまあ、ロイヤルミルクティーでも飲んで落ち着きましょうね。」

「宇賀神先輩は、何か欲しいものはないんですか?」

「私はBL体験ツアーラブホテル2泊3日の旅でいいわよ。」

「マジか!?」

 部員たちは、次から次へとカロヤカさんに懸賞に応募させた。

「いたたたたっ、手が!?」

 おかげでカロヤカさんの手は腱鞘炎になったのであった。

「カロヤカにお任せあれ。」

 道を歩けば100臆を拾う強運の女、カロヤカさん。懸賞ハガキを出せば、ドリンクバーセットでも何でも当てるのであった。

「完全に4コマ小説になってきたな。」

「深く考えずに行きましょう。」

 これなら、まだ実写ドラマ化できる学園モノだろう。

 つづく。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー