1LDK、そして2JK。

作者 福山陽士

531

201人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

3巻の話の感想になって恐縮ですが
奏音の母翔子おばさんが今後どうするのかが気になって仕方ありません
いわばシングルマザーの大変さは
同じ境地の人でなければ理解できないかもしれませんけど、それでも
娘の奏音にどう向き合っていくのか
奏音も母にどうむかいあっていくのか 
4巻楽しみにしております
(小説3巻レビューになっちゃった汗)

★★★ Excellent!!!

訳アリな女子高生ふたりと、サラリーマンのお兄さんの
ひょんなことから始まる同居生活。

大人とは、自分でお金を稼ぎ、自分で身を守り、自分の周りは自分で整える人のこと。
彼ら三人はそれぞれ、お金は稼げても家事は苦手だったり、家事は出来ても
身を守れなかったりと、何かしら上手く出来ないことがあって
それぞれが弱点を補うことで一丁前の家族として暮らしていきます。
大人として、一人の人間として他人のために何をすればよいのか。
日々の暮らしを経てそれぞれ成長してゆく様を見守るお話。

また恋愛を通じて、人を好きになることの、好きな人と一緒に生きていくことの
難しさなどもお話の中では描かれております。
主人公の駒村さんは、みんなのお父さんと言う感じ。笑
はたして彼らの恋模様はどうなるのか、そこも注目です。