第20話 名前とJK

 奏音はひとしきり泣いた後、洗面所に顔を洗いに行く。


 しばらくしてタオルを手に戻ってきた奏音は、既に落ち着きを取り戻していた。


「私が泣いたこと、ひまりには言わないでよ……」


 睨みながら言われたが、まだ赤いままの目では怖さも何もない。


「言うわけないだろ」

「それなら……いいけど……」


 奏音は俺に、弱みを握られたと思っているんだろうか。


 さすがに事情が事情だし、今後奏音に腹が立つことをされても、これを脅しの材料として使うつもりは一切ないのだが。


「じゃあそろそろ戻るか」


 時計を見ると、既に11時を回っていた。


 ひまりも待ってることだし、買い物をして帰らなければ。

 奏音の赤い目も、歩いている内に戻るだろう。


「うん。ひまりにはお昼までには帰るって言っちゃったしね……」


「あ。その前に振り込み用紙を預かっておくわ」


「でも期限切れてるよ」


「期限が切れてても払えるかもしれないし。一応物は試しってことで。ダメだったら携帯ショップに行けばいい」


 奏音はおずおずと振り込み用紙を渡してきた。


「コンビニに寄らないとな。昼飯もついでに買おう」


「あの…………ありがとう。かずにい…………」


「え――――」


 俺は思わず固まってしまった。


 奏音が家に来てから、一度も名前を呼ばれたことがなかったからだ。


「…………突然どうした?」


「えっと、昔そういう呼び方をしていたなって急に思い出したから」


「あぁ……。確かにそうだったな」


 実家に奏音が来た時のことをぼんやりと思い出す。


 確かあの時は、奏音はまだ小学校低学年だったか。俺と弟と一緒にゲームをやったっけ。


 よっぽど楽しかったのか「もう1回。もう1回やろうかず兄」と何度も催促されたんだよな。あの時の奏音は可愛かった。


 いや、今は今で可愛いんだけど。


「と、とにかくひまりが待ってるから早く行こう」


 気恥ずかしいのを誤魔化したいのか、俺の方を見ずに玄関に向かう奏音。


 俺は苦笑しつつ、彼女の後に続いた。






「かず兄はさ……」


 コンビニに寄る道すがら、急に奏音が俺の名を呼んだ。


 奏音の家に行くときは先導していた彼女だが、今は俺の横に並んで歩いている。


「何だ?」


「昔よりちょっとだけ、大きくなったよね。その――お腹が」


「言われなくてもわかっとるわ」


「胸から上は普通っぽく見えるのに。ビール腹ってやつ?」


「いや、ビールというか発泡酒なんだが……」


 まぁ、奏音からしてみればどっちも同じようなものだろうけど。

 やっぱり味は違うんだよなー。


 もっと気軽に買える値段だったら嬉しいんだが、年々値上げされるばかりで安くなる気配はない。

 くそっ。酒税め。


 あと腹が少し出てきたのは、発泡酒よりツマミの方に原因があると思う。

 寝る前に食べてるわけだしな。


 うん、体に悪いとはわかってはいるんだ。わかっているが、簡単にやめられたら苦労しない。


「昔はシュッとしてたのにね」


「昔は今より食べる量も多かったんだが、その分運動していたからな」


「へえー。何かやってたの?」


「柔道」


「意外――なような、そうでもないような。イメージ通りといえばそうかもしれないし、でも何か違うような気もするし……」


 何だそれは。

 そういう反応をされると、こっちも困るんだが……。


 運動をやめてから、筋肉が一気に脂肪に変化したことに一番驚いているのは、俺だからな?


「ちなみにかず兄は、もう運動するつもりはない?」


「何だ? 俺に痩せろって?」


「うーん、何というか、もったいないなぁって」


「………………どういう意味?」


「えっと――――秘密」


 そう言うと、奏音はかろやかに走り出した。


「おい、走るなって。俺はもう若くないんだぞ!?」


 俺も慌てて後を追うが、なかなか奏音に追いつけなかった。


 走りながら、昔のことを思い出す。


 学生の頃、柔道をしていた時の俺は本気だった。


 …………本気だったんだ。






「ただいま~」

「あ、おかえりなさい」


 家に帰ると、俺の部屋からひまりが出てきた。


 ひまりは寝間着のまま着替えていなかった。完全に休日モードだ。

 まぁ、ひまりは毎日が休日のようなものなんだけど。


 いつもはちゃんと着替えているので、今日は心が緩んでいるのだろう。


「少し遅くなった。すまん」

「いえ、大丈夫です。それで、奏音ちゃんのスマホは――」


「お金は払ってきたから、その内使えるようになると思うよ」

「そうなんだ。良かった……」


 心から安堵した様子のひまり。人の心配をしてやるとは、やはり良い子だな。


「コンビニに寄ったついでに弁当とデザートを買ってきたぞ。ひまりの分はミートドリアだ。選んだのは奏音だから、俺に文句は言わないでくれ」


「いや、デザートを選んだのはかず兄でしょ」


「いいじゃないか。好きなんだよ。『クリームがたっぷり乗ったチーズケーキ』。最近出た新作デザートの中では、ダントツでこれが美味いな」


 俺は甘い物も結構好きなのだが、ケーキ屋に行くにはちょっとハードルが高い。

 だがコンビニだと気軽に買えるのでありがたい。


 たぶん俺のような甘い物が好きな男は、割といると思う。


「名前だけでカロリーの暴力って感じだよね。しかも結構デカイし」


「あはは……。でも私、チーズケーキ好きなので嬉しいです」


「お、良かった。じゃあ早く食おう」


 改めて俺は、袋の中から3人分の弁当とデザートを取りだすのだった。






        ※ ※ ※ 


 ひまりはパソコンの画面を注視した状態で固まっていた。


 ペンタブを持つ手は、数十秒の間まったく動いていない。

 そして彼女の目も、画面を見ているようで見ていなかった。


 ひまりが見ていたのは、今よりちょっと前の風景――。


 和輝と奏音が帰って来てから、ひまりは胸の内がずっとザワザワとしていた。

 それは、奏音が放ったひと言にある。


『かず兄』


 今まで和輝のことを名前で呼んだことなどなかったのに、急に名前で呼び始めたからだ。


 奏音の家で何かあったのだろうことは、容易に想像できた。

 でも、それを聞くことなんてできない。


 だって、二人は従兄同士。

 そこに部外者の自分が踏み込んでいく勇気などなかった。


 そうだ。二人は血縁関係なのだ。


 ひまりはどうしようもない孤独感に襲われた。


 二人の間には、自分には入っていくことなどできない絆がある――。


 考えなくてもわかることだった。

 わからなければいけないことだった。


 でも、見ない振りをしていた。

 そのツケが、今来てしまっただけのこと――。


「――――っ」


 ひまりは頭を振る。


 考えてはいけない。


 今、自分がやらないといけないのは、賞に出す絵を完成させること。

 ひまりがここにいる理由は、諦めきれない夢のためだ。


 自由課題の1枚はできた。でもまだ、テーマが決まっている課題の絵が終わっていない。


 だから――。


 ひまりは手を動かそうとする。

 でも、無理だった。


 頭の中が二人のことでいっぱいになってしまう。


 大人の男性に助けてもらって、言いようのない胸のときめきを覚えた。


 眼鏡は分厚いし、ちょっとだけお腹も出てるし、見た目は冴えないかもしれない。


 でも、和輝はとても優しい人だ。

 それだけで、ひまりの心が惹かれるには十分な理由だった。


 奏音のことも好きだ。


 明るいし、絵のことも偏見の目で見ることなく、普通に接してくれる。


 そもそも彼女が、ひまりをここに置いてくれるように進言してくれた。

 だから感謝しているし、悪い感情など抱けない。


 それでも。

 二人のことが大好きなのに。


 ひまりは今、とても胸が苦しかった。


 こんな感情を抱いてしまう自分が、酷く醜く思えてしまった。



        ※ ※ ※ 

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます