第3話☆ストリートミュージシャン



『誘われたわたしはカブトムシ~』


綺麗で透明感のある

歌声が響いている

立ち止まる私に軽く会釈してくれた歌姫は、声と同じく透明感のある美しい女の子


わずかな観客の前でも素敵な歌声を披露してくれる


この場所ではいろいろなジャンルのストリートミュージシャンが毎日のようにやって来ては演奏してる


皆さんの夢はきっとメジャーデビュー

叶うと信じて歌うのだ


どんなに歌が上手くても、どんなに願いが大きくても…


遠い夢



夢は願うばかりじゃダメ、自分でつかみとらなきゃダメ


誰がそんな言葉言ったの?

誰がそんな無責任な言葉言ったの?



せつないな


…美しい歌声聞きながら…









【緊急速報】(完全フィクション)

突然ですが、たった今ヒーロー山下君の姿が見られました、早速インタビューしたいと思います。

『残念なヒーローの山下さんですね?』

『残念とヒーローはいらないっす、山下ですが何か?』

『たった今、ヒーローが出現したと街中大騒ぎですが、今のお気持ち聞かせて下さい!』

『とりあえず、顔は知ってるし、なんかこの間読んだ本に同じような場面あって…』

『とりあえず行っとこうと思ったのですね』

『まぁ、そんな感じだと…』

『突然のインタビューありがとうございました、スタジオにお返します』



さっそくガラクタだわ!このエッセイ(^_^;)



  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます