第10話 ショコラは、王族だが王女ではない。


 王族って、アレだよね。ロイヤルファミリーとか、ロイヤルカップルとか、本物のロイヤルがつくやつ。ロイヤルホテルやロイヤルマンションじゃなくて。

 わたし、王女さまに転生したわけね。これって、喜びうち震えてもいい話? それとも、恐れおののくべき案件なの? はっきり言って。どっちか教えてよ。


<どっちって言われてもねぇ。それ以前に、王女さまじゃないのだけど>

 わたしは、興奮のあまり、膝の上のソラを撫でるのをやめて、左右二本の指で、トトトン、トントンとドラム叩きしていた。それに対して、ソラは、キツツキ嘴を象の鼻に変えて、わたしの腿をポンポン叩いている。なだめて落ちつかせようとしてるようだけど、その程度で、この沸騰寸前の興奮が収まるものか。

<王女さまじゃない? それじゃ、王子さまなの? うわぁ、なによ、ショコラって、男の子の名前だったわけ?>

<ちがうの。ショコラは、女の子。マリカも、大人になったら、ちゃんと赤ちゃんを産めるから、心配しないで>

<そんな先のことまで心配する余裕はないよ、今のわたしには。現在、この瞬間、繊細な心をぐちゃぐちゃにかき乱すほど心配しているのは、演技力の乏しさだってば! ソラ、わたしは、一般庶民なの。フランス料理店より、ラーメン屋の方が落ちつく小市民なんだからね。『おほほほ』と笑うだけだって、ひきつっちゃうこと間違いなしよ。王族の真似なんか絶対できないって。どうすんの、わたし。ほんとに、どうすりゃいいっていうのよ。助けて、ソラ。何とかしてよ。あんた、わたしの相棒でしょぉ!>

 わたしの渾身こんしんの訴えに対して、ソラは、どことなく上の空で返事した。

<うん、わかった。それじゃ、ソラ、気絶するからね>

<はぁっ? なんで、『気絶する』になったの? どこが、『わかった』っていうの。これ、ちゃんと【翻訳】できてる?>

<相棒だから助けるのが、『わかった』で、何とかするために、『気絶する』の。マリカが興奮して叫んだから、人が集まってきちゃったのよ。パメリーナだけじゃなくて、他にもいっぱい。ソラは気絶するから、マリカは、ソラが死んだのかと驚いて騒いだことにして。じゃ、また、明日ね>

 ソラは、ぴゅうっとすばやくキツツキ嘴に戻して、こてんとひっくり返った。エメラルドグリーンに光っていた翅が、すーっと暗くなっていき、深緑に変わる。

<ちょっと、待ってよ、ソラ。あんた、人がいっぱいのところに、わたしを置いていく気? やだやだ、ひとりにしないでよーっ!>

 抱き上げても、揺さぶっても、全く反応しなくなったソラを見て、わたしの興奮は、いや増して、完全な恐慌状態にシフトチェンジしてしまった。


「*****、*****。*********、******」

 やっとのことで気を取り直したときは、周りの様子が一変していた。

 いや、一変したというのは、違うかな。それまで周りのことなんて、ほとんど意識してなかったんだから。わかっていたのは、自分が、薄暗い中で、ふかふかの大きな寝台にいるってことだけ。目にした人は、パメリーナという侍女だけだった。

「*****、*******?」

 今や、あたりは、煌々こうこうと明るい。その光源は、ほとんどが竜だった。たしか、光竜こうりゅうって言ったっけ。ほら、身体のどこかが光るタイプ。ソラと同じ翅光竜しこうりゅうもいるけど、ずっと大きい。太い尻尾が紫色に光る竜もいる。あとは、背中のこぶが電球みたいで乳白色だとか、頭のてっぺんが帽子形で赤いのとか。全部で、十匹以上も。

「***、****、********」

 光らないタイプの竜らしい竜もいた。鷹みたいな小型ドラゴンから、大型犬くらいの四つ足まで。その竜たちを腕に乗せたり、リードを掴んでいる竜眼族の人たちもいる。口髭やもみあげを生やしていて、おっかない軍人って感じの男の人がいっぱい。まわり中に。わたしが座っている寝台を同心円状に取り巻いているのだ。そうして、わたしを見てる。人も竜もみんな、竜眼の瞳孔を白く光らせて。

「*****、******、*******」

 どんな3D映像でも再現できないほどの迫力満点の場面である。普通なら、絶叫して卒倒するところだと思うけど、不思議と恐怖を覚えなかった。それどころか、何となく、周りから心配されてるって気がした。迷子になってギャン泣きしている幼児を保護した青年が、『どうすりゃ泣き止むんだよ。おい、勘弁してくれよ』的に、ほとほと困りきっていた様子に似ているかも。『うわぁ、これは、ちょっと手に負えそうにないわ。お母さんを早く見つけないと』とあわてて右往左往うおうさおうする係員の姿も思い出された。うん、そう。げっそりしながらも、『よしよし、いい子だね。もう泣かないで。お願いだから』と必死にあやされてる感じがびんびん伝わってくるよ。

「*****?」

 気分が少し落ちついたところで、話しかけられていることに、わたしは、やっと気がついた。そう言えば、さっきから、何やら声が聞こえていたわ。意味がわからないから、雑音として流していたけど。

 わたしが顔を向けると、相手はほっとしたように、笑顔らしきものを見せた。たぶん、笑顔だよね。幼女に対して、しかめっ面をしてるわけないものね。いくら、鋭い歯をむき出しにしていたとしても、これが威嚇いかくのはずがないさ。きっと、竜眼族には笑顔なんだ。そう解釈しよう。心に平穏をもたらすために。

 ちなみに、何故、ほっとしたのがわかったかと言えば、それは、竜気のなせるわざである。感情が竜気に乗って漂ってくるのだよ。これは、間違いようがない。ん? もしかしたら、わたしの感情も、周りにダダれということじゃないの……?

 まぁ、竜気については、ソラにあとで聞けばいいや、と思ったところで、ソラがかたわらにいないことに気づいた。気絶したふりをしていたのだから、動くはずがないのに。わたしが、きょろきょろすると、また声がかけられた。

「*****、********」

 そちらを見ると、パメリーナがソラを抱いていた。翅の光が少し戻ってる。いつものように鮮やかに輝くのではなくて、ほんのり明るい程度だけど。

 パメリーナは寝台に膝をつき、わたしが広げた手に、ソラを抱かせて、膝の上にしっかり乗せるまで、落とさないよう支えていてくれた。

<ありがとう。さっきは、ごめんね>

 わたしは、心の中で言った。相手の竜眼を見つめて。言葉は通じなくとも、気持ちは伝わるとわかったから、礼儀はつくしておきたい。わたしなりに。パメリーナは、驚いたらしく、何度か激しく瞬きをした。それから、鋭い歯をちらっと見せた。あー、うん。さっきの人よりも、いい感じだよ。これなら、笑顔に見えないこともないね。竜眼族の顔面偏差値の低さに慣れてきただけかもしれないけど。

 わたしは、ソラを寝台の上に置いて、する形で、ころんと横になった。パメリーナが、わたしの身体を覆うように、シーツをかけてくれる。その後ろでは、ぞろぞろと部屋を出ていく人たちと竜たちの足音や羽ばたきが聞こえた。 

 

 こうして、王族ショコラとしての人生は、お騒がせ序曲を鳴り響かせながら、高らかに幕を開けたのでありました。

 

 


 


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます