第5話 相棒は、ちっこい竜もどきである。


 さて、わたしは、なけなしの知識をかき集め、想像力の限界に挑戦して、目の前の謎に取り組まねばならない。一体全体、これは、何だ?


 膝の上に乗っているのは、子猫大のぷっくりした生き物。でも、哺乳類ではないはず。だって、羽がある。イメージ的には、インコが一番近いかも。グリーン系の

鮮やかな色合いで、胸もとの体毛が、ふわふわ柔らかそう。二本の脚にも毛が生えてて、鳥類にしては太い。左右八本のあしゆびは、黄緑色のペディキュアをしてるように見えて、おしゃれな感じ。ここまでは、受け入れられるね。日本では見かけなくても、アフリカあたりには生息していそうだから。

 問題なのは、羽。あ、羽じゃなくて、はねっていうんだっけ。てんとう虫の背中にある、さやばねと後ろばねは。どっちにしても、あれにそっくり。たたむとドーム状に丸く見えて、外側はテカテカしていて硬そうで。ただし、それが光ってる。エメラルドばりにつややかなグリーンに光り輝いてるのよ。まぁ、でも、ほたるだって光ることを思えば、それほどの不思議現象ではないかもしれない。明るさが、蝋燭ろうそくとシャンデリアほども違うっていうだけで。うん、ここまでは良しとしよう。

 違和感ありまくりなのは、顔。第一に、口ね。いや、これ、そもそも『口』って言っていいんだろうか。最初に見たときは、『にぱっ』という擬態語ぎたいごが聞こえそうな半円形をしていたのよ。唇はないけど、漫画的な愛嬌あふれる笑顔だった。それが、ゴムみたいにぐにゃりと変形して、今は、キツツキみたいに尖った『くちばし』になってる。何よ、これ。形状変化する器官ってのは、なんて呼べばいいわけ?

 第二に、耳。鳥には、『耳』はないよね。目の後ろに穴が開いてるだけで。てんとう虫や蛍にだってない。少なくとも、エルフ耳は。そう、あの先が細く尖っている耳がついてるの。ただ、ふにゃふにゃと揺れている。風圧がかかったら、つぶれちゃうんじゃないのかな。もしかすると、こっちも形状変化するわけ?

 第三は、鼻。たぶん、これは『鼻』じゃないかな、とおぼしきものもある。『嘴』らしきものの根元に。エメラルドを丸くカットして、そのままはめ込んだみたいな宝石が、ピカピカ点滅してるの。『翅』と同色だから、コントラストがきいて、そりゃ綺麗だけど、ここまでくると、生き物にすら見えない。人工物だと言われた方が、しっくりくる。でも、体温が感じられるんだよね。ほんわかと。

 そして、第四にして最大の注目点が、『目』。大きくて丸い出目でめ虹彩こうさいは、赤みがかった黒で、縦長の楕円形。その真ん中にある瞳孔どうこうは、白く怪しく光ってる。きっと、これが竜気だ。バリアの糸と同じ白光色だもの。ここから、ピーッと攻撃光線が出ても、わたしは驚かない。驚いたのは、厚ぼったいまぶたの下から、乳白色の薄い膜が、するりと上がってきて、出っ張った眼球の下半分だけ覆ったから。

 

 わたしは、思わずのけぞった。意外と気持ち悪くはなかったけど、わたしの貧弱な脳みそは、これ以上考えたくないと訴えている。いさぎよく認めよう。完敗だって。

 自力で謎を解くのをあきらめたわたしは、未知なる相棒に直接たずねた。

<あのさ、ソラって、鳥の一種かな。それとも、ロボットか何か……?>

 聞いといてなんだけど、こりゃもうロボットだな、と確信した。わたしの崩れた膝から、ススーッと飛び上がったソラを見て。なにしろ一度も羽ばたかなかったんだから。バサバサとも、パタパタとも、ブーンともさせないの。ただ、ワンタッチ傘みたいに、ポンと翅を広げて、軽く浮き上がっただけ。そして、そのまま、空中に浮かんでる。わたしの顔の真ん前、20センチくらいのところで、静止しているのよ。反重力装置を内蔵しているとしか思えないじゃない。


<ソラは、―――だよ>

 ソラの答えは、よく聞き取れなかった。こんな雑音が入るのは、初めてだな。

<え、何? 今、なんて言った?>

<あ、【翻訳】がきかなかったね。マリカの世界には、いないからかな。順をおって説明してみるね。えっと、まず、ソラは、竜なの。小型だから、小竜しょうりゅう。光を放つタイプだから、光竜こうりゅう。それで、小光竜しょうこうりゅうというカテゴリーに入ってる。その中で、翅が光るから、翅光竜しこうりゅうって呼ぶのが普通なんだけどね。どう? これで、通じた?>

<竜……?>

 あんたのどこが竜だよ。ファンタジー定番の主役アレとは違いすぎるじゃないの。中華風の龍とも、西洋風ドラゴンとも、共通点がかけらもないよ。この際、大きさは置いておくとしても、ぜんぜん爬虫類っぽくないって。ほら、堅いうろこがないし、たなびくひげもないし、細長くくねる体でもないし、あの独特なぎざぎざした翼でもないし。とにかく、あまりにもあまりにもイメージからかけ離れてる。

<一応、マリカのイメージに一番近い言葉に、【翻訳】されているはずなんだけどねぇ。異界とは、いろいろ違いすぎるから、これが限界なのかも>

<【翻訳】って……そうか。そうだよね。ソラが日本語を話してるわけないし、わたしは、ここの言葉を知らないし、自動的に意訳されてるのか。やだ、それじゃ、ソラを見て、『竜』って言葉に変えたのは、わたし自身ってことじゃない>

<ごめんね。『竜もどき』ってことで、オーケーしてくれない? あー、でも、ソラもショックだよぉ。マリカ的には、期待はずれだったなんて……>

<期待はずれとか、そういうことじゃなくてね。その、ちょっと……、いや、正直かなりのギャップがあるもんで、とまどっちゃってるだけよ>

<がっかりしたんじゃないの?>

<そんなことはないよ>

<ほんとに?>

<ほんとに>

<だったら、正式に、相棒の契約してくれる? ソラと>

 ソラのキツツキ嘴が、うにゅっと変形して、『にぱっ』型の半円形に戻った。

 見事な早業はやわざ。ほんとに、器用なやつだな、こいつ。

 いや待てよ。これって、乙女としては、キャーッとか怖がる場面シーンじゃないの? 

 わたしってば、順応しすぎ。『器用』の一言ですませた自分が怖いぞ。


 とにかくかくにも、断る選択肢のなかったわたしは、こうして、なしくずし的に、ソラの相棒になったのでありました。

 なんだか、はめられた気がしないでもなかったけどさ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます