第4話 魔物を退治しましたとさ。

 

 わたしは、ファンタジーが好きだ。ほのぼの系の映画や小説ならば。

 でも、リアル過ぎるのはダメ。生理的に受けつけない。ゾンビとかスプラッターなんて、もってのほか。ゲームだって、シューティングやアクションは苦手で、乙女ゲーム専門の乙女らしい乙女なんだから。

 そんなわたしに、おどろおどろしい殺戮系さつりくけいで、火を吐く魔物に立ち向かえと?

 冗談はやめてくれ。気絶しなかっただけでも、奇跡だってのに。


 部屋の扉は大きくなかった。天井ぎりぎりの高さから、床上半分くらいまでしかない。その扉の前まで行くには、階段を八段上がらなければならないところをみると、ここは、地下か半地下のような気がする。窓がないのもそのせいか。

 おかげで、爆風に直撃されることはなかったし、魔物の体は、どでかいらしくて、中まで入って来られなかった。ただ、顔を突っこんできて、首を回しただけ。そのライオンっぽい狂暴な顔だけでも、わたしの身長と同じくらいの長さがあった。ふさふさ毛じゃなくて、ヌメヌメしたアメーバー状のたてがみは、どす黒くて、うようよと動いてる。半開はんびらきの口からは、マグマみたいに赤くどろっとしたよだれが、湯気をたてながらしたたり落ち、卵が腐ったような硫黄臭いおうしゅうを放っていた。

 これほどおぞましいものは、いまだかつて見たことがない。スクリーンの中でさえも。想像をぜっしているというのは、こういうときこそ使うべきだよ。


<視界に、敵の姿が入ったら教えて!>

 ソラの声に、金縛かなしばりがとけて、わたしは、叫び返した。

<入ったよ! もう、とっくに入ってる!>

<それじゃ、身体のまんなかを睨みつけて>

無理ムリ。わたしのところからは、顔しか見えないの>

<それなら、鼻か口。とにかく、中心あたりを>

<わかった。口にする>

<睨みつけて――攻撃波こうげきは――放出!>

 『攻撃波』というところで、異変が起きた。わたしの身体に――じゃなくて、わたしが入り込んだ今の身体に。やっぱり、ここをはっきり区別しておかないと。


 ところで、あなたは、造影ぞうえいCT検査を受けたことがある? わたしは、一度ある。腹痛がひどく長びいたときに。結果的には、まぁ、なんというか、ありきたりの便秘だったわけで、重病でなかったことは喜ぶべきだけど、乙女としては、口にしたくもないし、思い出したくもないたぐいの、こっぱずかしい処置を受けたのでありました。

 それは、ともかく、目下の主題は、造影剤。これが静脈に注射されると、けっこうな量が、シューッと一気に入り込んできて、足の指先まで、ザーッと流れていくの。鉄砲水みたいな勢いで。驚いているうちに、全身が、カーッと熱くなってきて、血液の流れが猛烈に早くなって、心臓がどくどく脈打つことになる。あぁ、ほんとに、血管って津々浦々つつうらうらに張りめぐらされてるんだなぁと実感するほどに。日頃、全く意識していない血の動きを、リアルタイムで感じるのね。

 今のわたしは、まさしく、その状態。何事も経験しておいて損はないという教えは正しかった。これが初体験だったら、それだけで怖気おじけづいてしまったかも。

 たぶん、ソラが、わたしの身体に、竜気なるエネルギーを注いできたのだと思う。どうやってかは知らないけど、その勢いで、体内にある竜気も押し流されるように動き出した。それが、ぐるぐるめぐめぐって、ずんずん速度を増していく。時間としては、何秒もかかっていなかったはず。でも、そのときは、もっと長く感じられた。

 『放出!』と言われた瞬間には、目が見えなくなった。光を浴びた感じなんだけど、目がくらんだわけじゃない。目の前が真っ白になったというのとも、ちょっと違う。濃い霧がかかったという方が近いかな。視界がモヤモヤでボケてて、すりガラス越しに見てるみたいな……あ、もしかして、これって、白内障はくないしょうの症状じゃないの。お祖母ばあちゃんが、去年、日帰り手術したやつ――なんて、現実逃避してる場合じゃなかった。もっと、危機感を持てよ、わたし!


<ソラ、わたし、目が見えない!> 

<大丈夫。すぐおさまるよ>

 わたしが、怯えて、パニクって、訴えたのに、ソラは、のほほんとしている。

<『すぐ』って、いつ?>

<4分から、4時間くらい>

 4時間で、『すぐ』なのかよ。温厚なわたしでも、さすがに腹がたつぞ。

<『くらい』じゃないよ、それ。アバウトすぎる!>

<ごめん。でも、個人差があるからねぇ>

<『ねぇ』じゃ、ねぇって。目が見えない状態で、どうやって、魔物を睨めっていうの。無理ゲーでしょうが。わたし、完全に詰んでるよ。ねぇ?>

<魔物なら、ちゃんと退治できたから、安心して>

<へ? 退治できた……?>

 ソラが、あんまりあっさり言うもんだから、まるで実感がわかない。

 安心していいの? バトルらしいバトルもしてないのに、もう、エンド?

<うん。もう魔石に変わってる。それより、マリカは、どこにいるの?>

<どこって、さっきから、動いてないよ>

<がれきの下に、埋まってない?>

<うん。地下室みたいなところだけど、埋まってはいないと思う>

<あ、地下室か。それで、下の方に気脈きみゃくが伸びてるのね>

<気脈?>

<竜気の流れのこと。それをたどっていくとね……ほら、この通り!>

 得意そうな声がするのと前後して、何かが飛んでくる気配を感じた。

 わたしは、何度かまばたきしてから、まだかすんでいる目をらしてみた。

 ぽわっと明るいグリーンの光が近づいてくる……?

<ネオンランプ?>


 ここで、余談をひとつ。我が『ショコラ洋菓子店』本店の看板は、LEDではなく、いまだに緑のネオンなの。会長であるお祖父ちゃんの『老舗しにせらしい趣きを大切に』という懐古趣味に従ってね。和菓子屋でもあるまいし、たかだか創業40年の洋菓子店で老舗を気取ってみたところで、ただ古くさくて、みっともないだけなのにさ。デパ地下にあるパパの二号店の方が、はるかにスタイリッシュで、売上だってずっと上だぞ。ざまあみろ、因業爺いんごうじじいめ。

 まぁ、いい。とにかく、わたしは、ネオンランプを見慣れている。そして、その光は、雨降りの夜に見る看板の灯りによく似ていたというわけ。

<ソラだよ! お待たせ、相棒>

 体育座りしていた、わたしの膝の上に、ピリッと重みがかかった。重みには、ピリッという表現はおかしいか。言い直そう。重みがかかると同時に、静電気が生じてピリッときた。そのピリッと同時に、視界が晴れた。一瞬で、驚くほどクリアになる。あまりにクリアすぎて、びっくり仰天するはめになったけど。

<ソラなの?!>

 

 わたしは、間違っていた。魔物との遭遇そうぐうなんて、まだまだ甘かった。

 想像を絶するという言い回しは、今こそ使うべきだったのよ。

 

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます