第3話 ソラを信じて。


 意識を失ったというのとは、ちょっと違うかもしれない。正しくは、意識が転じたというか、視点が切り替わったというか。映画を見ていて、シーンが変わるときみたいと言えばわかるかな。『主人公Aさん危うし! はい、カット。次の場面は、Bさん登場』って感じね。

 何かの衝撃をグワンと受けて、一瞬、ふっとブラックアウトしたのは確か。その前は、宙を飛んでいて、その後は、すでに地上にいたのだから、ちょっとやそっとの混乱じゃなかった。地面に激突したのではないとわかったのは、そこがカーペットの上だったせい。


 最初に感じたのは、全身がしびれてるってこと。すぐには動けそうになかった。

 仕方なく、視線だけ動かしてみる。そして、後悔した。すぐに、目を閉じる。深呼吸する。ゆっくり静かに、二回、三回と。七回目で、覚悟を決めた。

 もう一度、目を開いて、すぐそばに倒れている人を見る。ぴくりとも動かない人。たぶん、息が止まっている人。明らかに、『人間』ではない人を。

 目を閉じているけど、まぶたが厚くて、出目でめぎみなのがわかる。眉毛まゆげ睫毛まつげもないし、鼻は高いというより、突き出していて長い。肌はシルクみたいになめらかで、すごく綺麗。羨ましくて、自分のと取りかえて欲しくなったと思う。もし、これが水色でなければ。髪の毛も見たら、同系色の青や紺のまだらだった。どこをどう見ても、『人間』じゃない。

 パニックを起こしそうだ。これほど泣きわめきたい気分になるのは、何年ぶりだろう。でも、声を出したらまずいとわかっていた。なぜかはわからないけど、静かにしてないとやばい状況だと知っていた。それで、震えながらも、必死に耐えた。


<落ち着いて、相棒。ソラがついてるからね。今、そっちにむかってるよ>

 再びソラの声が聞こえたときは、もうそれだけで嬉しかった。ひとりぼっちでいるより、相棒がいてくれた方がいい。ほんとに、心強いよ。たとえ、それが、正体不明の押しかけ相棒であっても。

 わたしは、会話に集中することにした。とりあえず、目の前のことは、ぜんぶひっくるめて無視しておこう。

<そっちって、どうして、わかるの?>

<いる方向がわかるの。【遠話えんわ】でつながってると。あと、だいたいの距離も>

<それで、どのくらい待ってれば、ここに着くの?>

<10分か、20分くらい。とにかく、そこの様子を教えて>

<様子って?>

<今いるのって、屋外、それとも、屋内?>

<たぶん、屋内。カーペットの上にいるから>

<窓はある? 空が見えるような>

<わからない。わたし、ぜんぜん動けないんだもん。指先まで痺れてて>

<顔は動かせる?>

<うん、少しは>

<だったら、大丈夫。竜気りゅうきが全身にまわれば、動けるようになるからね>

<竜気って、何?>

<さっき、見たでしょ。竜界りゅうかい全体をおおう白く光る糸。あれが、竜気>

<あのバリアみたいの? それが、わたしの身体に入ってるって言うわけ?>

 わたしの声は悲鳴じみていたと思う。【遠話】でも、耳が痛くなったりするのかな。次のソラの声は小さくなっていた。受話器を思わず遠ざけたときみたいに。

<ねぇ、相棒。先に、名前教えてくれる?>

<わたしは、茉莉花マリカよ、ソラ>

<やった。初めて、名前を呼んでくれた。ありがとう、マリカ>

 ソラはほんとに嬉しそうで、それにはほんわかしたけど、聞くべきことは聞く。

<どういたしまして。それで、質問の答えは?>

<あたりよ。その身体は、竜気が体内を循環しているのが、正常だからね>

<その身体って……>

<マリカは、竜界の外から来たの。元の身体は置いたまま>

 ソラの声音は、ソフトで優しかったけど、内容は、きわめつけにシビアだった。

<これ、別の身体ってこと? それじゃ、何、元のわたしは、死んだわけ?>

 わたしが、あえぐように言うと、申し訳なさそうな返事が返ってきた。

<たぶん。異界との裂け目を通ってきちゃったら、もう戻れないもの>

<やだ。ウソでしょ。ありえない。事故にあった覚えもないのに>

<そのへんはわからないけど。今のマリカは、竜界の中にいるのよ>

 はっきりきっぱり言い切られて、わたしとしては、反論したい気分だったけど、それどころじゃない事態が進行していた。もう、無視しきれないレベルで。

<ソ、ソラ……>

<何? どうかした?>

<な、何かいるよ。扉の外で、ガンガン音がしてる>

 ほんとは、さっきから、ドシンドシン、ズシンバタンと音がしていた。最初のうちは、遠くの方だったから、聞こえないふりもできたけど、それがだんだん近づいて来た。今はもう、振動がすごくて、地震みたいに床が揺れている。

<マリカは、動けるようになった?>

<上半身は……。でも、足は全然ダメ。これじゃ、逃げられないよぉ>

 絶望一色のわたしの泣きにも動じず、ソラは、辛抱強く、質問を重ねてくる。

<見まわすだけでいいから。そこは、狭い部屋?>

<けっこう広い。教室くらいはありそう>

<窓はある?>

<……ないよ。ひとつも>

<扉は、ひとつだけ?>

<うん、そう>

<今いるところから、扉は近い?>

<ううん。5メートル以上は離れてる>

<そこで、座れる?>

<たぶん。壁に寄りかかれば>

<じゃ、そうして。扉の方を向いてね>

<ソソソソラ!>

<落ち着いて、相棒。座れたの?>

<座った。座れたけど、扉がバリバリ鳴ってる。今にも、ぶち破られそうだよぉ>

 恐ろしさのあまり、わたしはちぢこまる。動かない足を一本ずつ引き寄せて、両膝を抱え、そこに顔をうずめた。見たくないものを見なくてすむように。

<遠隔で攻撃してみるから。力を貸して、相棒>

<わたし、何の力も持ってないんだよ、ソラ>

<ここは竜界。まわり中に竜気はあるの。それをうまく使えばいいの>

<使うって、どうやって?>

<ソラがやるから。マリカはソラを信じていて>

<そ、それだけ?>

<一番大事なことなの。あとはね。怖くても、絶対に目を閉じないで。視線もそらさないで。魔物をにらみつけていて。身体も動かさないで。流れる竜気にさからわないで。とにかく、ソラを信じて>

 力強いソラのはげましを頼りに、わたしは、なんとか顔を上げた。

<わかった。信じるよ、相棒>

<マリカとソラならできるって。敵は睨みつけるのよ、いいわね、相棒!>

 ソラが叫んだ。できると言いつつ、声には初めてあせりが感じられた。

 同時に、扉がバラバラに吹き飛ぶ。

 こちら側へ、細かい破片が降り注いでくる。

 その間から、赤黒い火の玉が見えた。

 次いで、熱風が襲いかかる。

 弱虫のわたしは、悲鳴をあげた。

 この状況で、あげずにいられようか。


 

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます