2

「……めでたし、めでたし。じゃあ、次のお話をしてあげるね。次は……」

南美は、ふと視線を上げ、少し前の方を見た。

「あ!」

 気づけば、南美たちの目の前には砂漠が広がっていた。

 地平線までひっそりと続く砂漠。満月の光を受け、冷たく輝く砂漠。南美は、しばらく見とれていた。

「これが、砂漠。南美ちゃんがお話をしてくれた、砂漠なんだね」

ラクダが言った。ライオンは、

「やっと、来れた。僕たちの憧れの場所。ずっと来てみたかったんだ、君のお話を聞いてから……」

と言った。

「そう、これが砂漠……! 私も、本の写真でしか見たことがなかったけど、やっぱり広いね」

南美も、初めて見る景色に心を奪われている。

「さあ、降りよう。君がお話をしてくれた、あの砂漠に!」

南美を乗せたライオンは地上へ向かい始めた。


「待って!」

突然、南美が叫んだ。

「降りる……の……? ほんとに、降りるの……?」

南美の声は、だんだん小さくなっていった。

「もちろん、降りるに決まっているじゃないか。だって、この下には南美ちゃんがお話してくれた砂漠があるんだよ?」

ライオンが言った。

「どうしたの? ここまで来て。この下には、砂の上を走る船や、砂でできた花が咲く丘があるのに」

ラクダも続けた。


「……そんなもの、無いよ」

南美が、言った。

「砂の上を走る船なんて、無い。砂でできたお花なんて無い! あれもこれも、全部嘘! 今までのお話も、全部、ぜーんぶ嘘! 私は、私は……、嘘、つき、なのよ……」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます