第8話 時空魔法

 ソフィアの水色パンツをしっかり見た後、名残惜しくもスカートを元に戻し、次は現実を見る。

 少し離れた壁には、俺が悠々と通れるくらいの大きな穴が開いていた。


「どうすっかなー。何とかソフィアがやった事に出来ないかなー」

『ヘンリーさん。流石にそれは酷過ぎませんか?』

「だってこれ、真銀の壁だって言ってただろ? 真銀って、めちゃくちゃ高価なはずなんだよ。ソフィアの家はお金持ちっぽいし、何とかなるんじゃないかなーって」


 本当はアオイのせいだと言いたい所だけど、言った所でゴーストであるアオイがお金を持っている訳でもないので、どうにもならない。

 それに、アオイの存在に気付いているのも、教会の神父さんを除けば俺しか居ないしさ。


『はぁ……まぁ責任の一旦は私にもありますし、何とかしますよ』

「え? どうやって? 実は隠し財産があるとか?」

『いえ、そういう方法ではなくて、時空魔法を使います』

「時空魔法? 何それ? 聞いた事がないし、入門用の魔導書にも載ってなかったけど」

『ちょっと高度で、魔力を大量に消費する魔法ですからね。入門書には載っていないと思います。それより、あの穴に向かって「リターン」と言って貰えますか?』


 アオイに言われた通り、大きく開いた穴に向かい、その言葉を発する。


「リターン」


 その直後、時間が巻き戻るかのように、どこからともなく壁の破片が集まって来て……元の傷一つない白い壁に戻ってしまった。


「凄ぇっ! 今の、この壁だけ時間を巻き戻したのか!?」

『その通りです。ですが制約が多くて使えるケースは少ないんですよ。生物には使えないとか、戻せるのは数分以内だとか。今回はたまたま条件に当てはまりましたけど』

「そうなんだ。いやでも、それでも十二分に凄いよ! やるじゃないか!」

『ふふん。もっと褒めてくれて良いんですよ? なんせ私は大賢者と呼ばれる程ですからね』

「でも、最初からアオイが出力を小さくしていれば、こんな事にならなかったんだけどな」

『う……ま、まぁそれはそれとして……ところで、ヘンリーさん。大丈夫なんですか?』


 そもそも壁が壊れる原因となったファイアーボールの事を話すと、アオイが露骨な話題変換をしてきた。


「大丈夫って、何が?」

『いえ、先程のリターンの魔法ですが、使用するのに大量の魔力を必要とするんですよ。体内の魔力が枯渇すると、目眩がしたり、気を失ったり、最悪の場合は数日間寝込む事になるんですが』

「いや、全くもって平気だけど?」

『ふむ……どうやらヘンリーさんは、一度に出力可能な魔力は小さいものの、身体の中にある魔力の容量はとんでも無く大きいみたいですね』

「なるほど。それってつまり、魔法が使いたい放題って事か?」

『まぁ無限ではないでしょうから、限度はありますけどね』

「ふーん……あ、そうだ」


 アオイの話で重要な事を思い出し、慌てて魔導書を開く。

 神聖魔法の章を探していると、目当ての魔法が見つかった。


『どうかされたんですか?』

「あぁ。アオイが言った気を失うって言葉で、そろそろソフィアを起こしてあげないといけないと思ってさ」

『なるほど。リカバリーの魔法ですか』

「その通り……リカバリー」


 俺の言葉と共に、水色の光がソフィアを包み込む。

 パンツと同じ色だな……と、ソフィアを見てつい邪な事を考えてしまったが、魔法は正しく発動してくれたようだ。


「ん……あ、あれ?」

「気が付いたか。立てるか?」

「え? ……あ、うん。ありがとう」


 座り込んだソフィアに手を差し伸べると、意外にも素直に俺の手を取り、立ち上がる。


「……ウチは、負けたの?」

「まぁ……な」

「そっか。あれ? でも、どうやって負けたんだっけ? どこも痛くないし、汚れていないし。それに、確か壁が壊れる程の爆発があったような……」

「そ、それは気のせいだ。とりあえず、良い勝負だったよ。俺も良い勉強になったし」

「そうなの? ……まぁ、そうよね。まさか初心者の杖を持ったアンタが、あんな凄い魔法を使える訳が無いし」

「そ、そうだよ。あ、あはははは……」


 ご、誤魔化せただろうか。

 アオイの魔法を信じていない訳ではないし、見た目も完璧に治っているけれど、それでも壁を壊したのは事実だ。

 とりあえず有耶無耶にして、早くこの場を去りたい。


「じゃあ、そういう事で。また気が向いたら来るよ」

「え? 良いの? その、ウチの……パンツ。べ、別に見せたい訳じゃないけど、一応約束だったし」


 ソフィアが顔を真っ赤にして、スカートの裾をギュッと握っている。

 だけど言えない。気を失っている間に、至近距離からじっくりと舐めるように見させてもらい、アオイから外道とまで言われただなんて。

 流石にこの状況で「じゃあ自分でスカートを捲って、俺にパンツを見せろ」なんて言ったら、アオイに何を言われるか。


「じゃあ、貸し一つて事で」

「そっか……ありがとう。でも、しっかり魔法の腕を磨いて、次に会った時には必ずこの借りを返すんだからっ!」

「あぁ。楽しみにしているよ」


 今日のとは違うパンツを見せてもらうのを……って、危ない。思わず本音が口から出そうになった。

 ソフィアの――同年代の女の子の前だからだろうか。戦闘科に女子が殆ど居なくて不慣れな事もあり、かなり思考が暴走している。

 俺はもっとストイックに騎士を目指していたはずなのに、どうしてこうなった?

 そんな事を考えながら訓練場を出ると、オッサンが駆け寄って来た。


「君、大丈夫だったかい? ……って、平気そうだね。外から訓練場の中は見えないんだけど、ソフィア君がかなり手加減してくれたんだね」

「えー、あ、はい。そんな感じです」

「そうか。君たちが中へ入ってから大きな地震もあったし、心配していたんだよ。でも、無事で何よりだ」

「地震……ですか?」

「あぁ。凄かったよ。まるで何かが爆発したみたいに、建物全体が揺れたからね」


 爆発……って、それは地震じゃなくて、間違いなく俺のファイアーボールじゃないか。


「そ、そうですか。では、今日は失礼します」

「今日は悪かったね。でも、また来ておくれよ」


 一先ず俺は、逃げるようにして魔術師ギルドを去り、暫くは学校で魔法の勉強をしようと決めたのだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます