Day 1-2

「そう言えば、自己紹介がまだだったね。俺は御山英二。君は?」


「......シア、です」


「シアちゃんか。いい名前だね」


「ありがと。えーじ」


えーじ、か。ロリに呼び捨てされるのは、まぁ、悪くないかもな。


それからはシアが来た道を戻りながら、辺りをくまなく探し、移動している。


途中シアを肩車して、高い目線から見てみたりした。最初は高いのを、怖がっていたけど、あっという間に慣れて楽しんでいた。俺が疲れて降ろそうとすると、『もっとして!』と駄々をこねてきた。なんとも可愛らしかったが、さすがに体力がもたないので勘弁してもらった。

その代わりシアが『ほんが、みつかったらまたして』と提案してきたので、それをOKした。


色んな所を探したが、結局見つからず、途方にくれていた。

一度休憩するために、今は木陰で休憩中だ。


「なぁ、その、なくした本ってどんな本なんだ?」


「わたしが......ひとと、かかわるきっかけをくれた、ほん」


「そうか。なら絶対見つけないとな」


「うん」


そろそろ休憩を終えて、先へ進もうと立ち上がると、頭上から固い何かが俺の後頭部に落ちてきた。


「痛って!」


「えーじ、だいじょうぶ?なでなでする、よ」


シアは俺の頭を撫でようとするが、届かず、

『しゃがんで』と頼んで来た。

ここは素直に甘えて、なでなでしてもらう事にした。


「いたいのいたいの、とんでいけ~」


ああ、俺が飛んでいきそう。


それより、今落ちてきた物って......本だ。

それもかなり古そうな。


「シアちゃん。この本って」


「うん!さがしてた、ほん」


嬉しさのあまりシアからは先ほどと違う涙が流れていた。

それにつられて俺も涙が込み上げてきた。

その事に気づいたシアが。


「えーじ、ないてる?」


「あ、いや、これは」


「かなしいことでも、あった?シアがなでなでするから、なきやんで」


と甘い言葉をかけてくれた。ついやってもらいたくなったが、我慢し。


「いや、そうじゃなくて......嬉しくて泣いてるんだよ」


「うれしくて?」


「ああ。シアちゃんだって、今嬉しくて泣いてるだろ」


シアは自分の頬を触り、涙を確認した。


「ほんと、だ。シア、ないてる。でも、かなしくない。えーじも、いっしょ?」


「うん。一緒だよ」


「そっか。じゃあ、えーじはやさしいひと、なんだね」


優しい人、か。そんな事、ないんだけどな。


「そ、それでね、えーじ。おねがい、ある」


「なんだい?」


「......で、......しい、の」


シアはもじもじしながら、何かを言ったようだが、上手く聞き取れず。


「ごめん。もう一回言ってくれない?聞き取れなくて」


「えっと......シアのいえで......いっしよにくらしてほしいの!」


あまりの衝撃に頭が回らなかった。一緒に暮らす?シアちゃんと?それってOKなのか?

いや、でも、毎日甘やかしてもらうならそれも良いかも......


「えーじ、だめ?」


「えっと、シアちゃん。......こちらこそ、よろしく!」


すると、シアは心の底から嬉しそうに笑った。そして、やった、やった!とその場でピョンピョンと跳び跳ねた。なんとも可愛らしい。


「これから、ず───────っといっしょだね!」


「そうだな!」


これからシアちゃんとずっと一緒か~。楽しみだな。......ん?ずっと一緒って、結婚同然なんじゃ......


「じゃあ、いこ。えーじ」


まぁ、そんな深い意味はないだろうな。


「ああ」


俺はシアに手を引っ張られ、更にその先の道へ歩いて行くのだった。




────────────────────────────────────────

まずは謝罪いたします。先日公開いたしましたロリ甘のキャラデザのツイートを消してしまい申し訳ありません。近況ノートから見れなくなっております。後日Twitterにてあげさせていただきますので、よろしくお願いします。今度はURLを貼らずに近況ノートに書かせていただきますので、よろしくお願いします。

次回公開予定は未定です。来週から忙しくなってしまいますので、暇が出来ればあげます。

感想・評価・コメントお待ちしています。



  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます