4thSEASON

第27話【H5】

とある東京都内にある学園【夫天大人ノ学園】

この学園には5人の男子生徒によって支配されていた。


夫賀財閥の御曹司であり学園生徒会会長、夫賀 敏則

天童グループ会長の御曹司であり学園生徒会副会長、天童 正峰

大文字商事社長の御曹司であり学園生徒会会計、大文字 隼人

人峰流書道の跡取りであり学園生徒会書記、人峰 修司

ノギクボ製薬エリート学者の御曹司であり学園生徒会補佐役、野木久保 誠也


この5人は学園創始者達の子孫でもあり、多額の寄付金を学園に寄付している為

この学園の生徒は勿論、教師も彼等の横暴には口出しする事は出来ない。


彼等は『生まれながらに天国に住む5人』

通称【5HEAVEN、略して5H】と呼ばれる

また彼等の裏で行っている行為をさして『地獄の5悪鬼』

通称【5HELL、略して5H】と言う意味も含まれる


そんな5Hだが何やら問題が起きた。

5Hのリーダー格で有る生徒会長夫賀が突如行方不明になった。

家に帰らないのは何時もの事だが学校にも姿を見せず連絡すら付かない。

不審に思った5Hの他のメンバーは集まって話し合う事になった。


「敏則の奴、何処行ったんだよ」


机に座って軽口を叩く副会長の天童。


「天童クン、おちつきー、そんな事よりさ良い葉っぱ入ったけど如何?」


椅子に座ってパソコンを叩く、会計の大文字。


「葉っぱってまた大麻かよ、いい加減にしろよな」


補佐役の野木久保が呆れて返す。


「なんや、文句でもあるかいな野木久保クン」

「俺の薬と客が被るんだよ」

「君んとこのケミカルだのコミカルだのと一緒にしないで貰える?

ウチの葉っぱは良質な奴なんよ、君んとこの安っぽい実験室で合成したもんと違う」

「何だと売人が」

「薬臭いわぁ」

「テメェら黙れ!!打ん殴るぞ!!」


天童がダンッ!!と机を叩く。


「・・・・・おい修司、お前さっきから黙ってるけどなんかないのか?」


イライラしながら話を振る天童。


「・・・・・それなんだけどさ」


おどおどしながら口を開く人峰。


「何だ」

「実は昨日の夜、携帯のメールにこんな画像が出て来たんだ」

「・・・何だ?」


スマホを見せる人峰。

メールのタイトルは【無題】

内容も何も無かった、だだ画像が一枚載っていた。

そこには何やら白い何かが大量に映っていた。


「何だこれ?」

「・・・歯?」

「歯?」

「歯・・・だと思う」


抜かれた歯がびっしりと置いてある画像だった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます