第39話 リール村彫刻師!

木工が得意なグスタフさんに俺が渡したのは…。


彫刻刀セット〜〜!


グスタフさんはすごく驚き、かつ喜んでくれた。仲間にトレイやブローチの切り出しを頼み、グスタフさんが模様を削り出す。


華やかな唐草模様、花、動物がどんどん削り出されていく。


出来上がった物を、また他の者がヤスリがけをする。


もちろんヤスリはタミヤの紙ヤスリ。(180番と2000番を使用)

艶出しは森で子どもたちが拾ってきた胡桃を使う。


こうして出来たトレイやコースター、ブローチ、飾りボタンを商品に加えた。


「カリン、俺は村の人が作ったカラーやグスタフさんのボタンが売れたら嬉しいな」


「売れますとも、ヒロキ」


俺もカリンもうなずきあう。

2回目の自由市場はもうすぐだ。



と、そこへ他の村へ物々交換に行っていた村の大人たち…ドルフとケンプルさん達が帰ってきた。ちょうど丘のふもとに差し掛かる。


ドルフは俺より少し年上で村長の末っ子だ。ケンプルさんは前に門番をしていた人(カリンの叔父さん)だ。


2人でシーツと菓子パンを麦に交換できそうな村へ出かけていたのだが…。


2人とも表情が冴えない。


俺とカリンは丘を駆け下りた。


「ケンプルさん!」


「ヒロキ殿」


「何かありましたか?」


俺が尋ねると2人は顔を見合わせたが、ドルフの方が口を開いた。


「東側の村が、無くなっていたんだ」


つづく

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます