第33話 イメージはスプ○スコープで!

「わ、私に女神様が降りたのですか?」


カリンはいつもの服に着替えていた。


始めは信じられないようであったが、銀色に光る水を見て直ぐに納得する。


「これを使えば魔物は寄り付かないそうだよ」


「では、まずはこの丘と村をつなぐ道ですね」


その通り。

そうすれば小屋の建設もはかどるし、菓子パンやポテチを運ぶ手間も少なくなる。シーツを村の女性たちに加工してもらうのも頼みやすい。


早速撒いてみる。


銀色に光る水は地表に吸い込まれて消えた。効果あるのかな?


「ヒロキ!水を撒いたところが淡く光ってます」


おお、よく見ないとわからないけどぼんやりと光を放っている。


ただ…。


「効率が悪いな」


いっそ桶に移して柄杓で撒いた方が早そうだ。


水を撒くもの…ジョウロ?ホース?


ホースくらい水が飛んだら、楽だろうなぁ。


…。


ある。

持ってるじゃないか。

昨日の朝見た。


俺は部屋にとって返す。

木刀の隣にあったヤツだ。


俺はそれを手に取ると、意味もなく台座を肩にかけ、銃身をドアに向けて構える。


加圧するための可動部をガショガショと動かしてみる。


スコープは飾り物だが一応覗いてみてトリガーを引く。


(イイもんあるじゃん)


加圧式水鉄砲。


つづく

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます