第26話 お土産を持って帰ろう!

カールの欲しいもの?

なんだろう?


麦酒エール…」


「却下!!」


即座に俺とカリンが声を合わせて否とする。カールはがっかりしてしまったが、液体は重いのだ。

(決して味だけで拒否したのではない)


「うう…ダメかぁ」


「今度な、今度!重い荷物を運ぶ手段を見つけてからな」


「はぁい」


何とか納得したようだ。

すまんな、カール。


俺達は『銀龍亭』に銅貨7枚を支払うと広場に戻った。


残りは77枚と小銅貨8枚だ。


そのうち銅貨3枚は村長に返すから、残りは74枚と小銅貨8枚である。


まずはお隣さんのベーコン屋さんだ。


「おお、あんたらか。いいよどの位欲しいんだ?」


「銅貨10枚分ってどのくらいの大きさになるんですか?」


店の親父さんはふむふむと頷くと商品の中からそこそこでかい塊を俺達の目の前に、ドンッと置いた。さらにデカイ肉切り包丁でそれを半分にした。


「こんくらいだな」


それはスーパーで見るベーコンとは格段に違う大きさだ。スーパーのパック10個よりも多いだろう。


重さ的には…国語辞典一冊と半分くらいだろうか?


相場がわからないので親父さんを信用してそのまま買う事にする。


「おう、ありがとうよ」


親父さんは上機嫌で塊をそのままよこす。俺が驚いていると、カリンが持ってきたダンボール看板に挟んでリュックの中にしまう。

(そうかラッピングの文化が無いんだ)


そもそも紙が貴重なんだろう。

もしかしたらカリンさえもダンボールが紙で出来ているって気がついていないかもしれない。


その後市場で小麦粉を扱っている店で小麦粉を買う。こちらは目の細かい布袋に入れて売っていた。リュックに入るくらいだと2袋くらいだろう。こちらは銅貨1枚で買えた。


「これでどのくらいの量のパンが焼けるかな?」


カリン聞いてみると、先ほどの『銀龍亭』で食べたパンが30個くらいだという。


「ダメだ。全然足りないや」


およそ100人(と少し)の村人達の胃袋を満たすには足りなさすぎる。


その後タマネギとジャガイモをリュックいっぱいに買ったが、これも皆で食べるには少ない。


残りの58枚の銅貨を両替して銀貨5枚と銅貨8枚にする。これでいくらか軽くなる。


皆で重いリュックを背負って帰路に着く。まだ陽は高いが、2時間半かけて帰るのだ。


(うう…あの道をまた帰るのか…)


泣くな、俺!

村のみんなが待ってるぜ!


つづく

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます