第2話 私の村を救って下さい!

部屋を出る時、少し抵抗があった。何かぶるんとしたもの…でっかいゼリーとかの中を通るような抵抗があったが、普通に外に出れた。


金髪の少女は目を丸くしている。


とても驚いているようだ。

俺は後ろ手にドアを閉めると、改めて周りを見回した。


空は晴れていて青い空に霞むような白い雲が流れていく。野原と見えた場所は少し小高い丘になっていて、その頂上に俺の部屋があるようだ。


そういえばと俺は振り向いて、自分の部屋を確認する。

明らかに俺の部屋だ。

壁は家の中のもので、本当に俺の部屋だけ持ってきたみたいになっている。


他の部屋との境目は同じ壁紙でキレイに包まれていて、ぶつ切りされたようにはなっていない。見えないけど天井の裏も同じ壁紙に違いない。


鍵がないのが少々不安であるがこれは仕方ない。もともと付いてないんだから。


「あの……」


もじもじした遠慮がちな少女の声に我に帰る。

そうだった。

村に来て欲しいと言われていたんだった。


「俺、ヒロキ。君は?」


やはりまずは自己紹介しとかねば。


「ヒロキ、私の名はカーテローゼ。カリンとお呼びください」


カリンはうやうやしくお辞儀する。

見た感じ着ているものは古ぼけた青い洋服だ。上着に長めのスカート。それに白いエプロンを付けている。


靴は…何だろう?動物の皮だろうか?

雰囲気的には中世のように思える。


「こちらへ」


カリンは俺の行く先を示す。

丘のふもとから麦畑のような農地が広がっている。その向こうに集落が見えた。あれが彼女の言う『私の村』なのだろう。


道すがらこの世界のことを聞いてみる。村の名はリール村。文明の程度はやはり中世ヨーロッパのようだ。大きな都市には騎士団などがあり、彼女の知る武器は剣や槍が主である。


そして現在、リール村は危機に瀕していると言う。


「何があった?」

「それが…」


飢饉。これは大変だ。

狼。ふむふむ。

霧。え?霧?


「霧といっても普通の霧ではありません。何か魔物が霧になってやってくるような、そんな悪しき霧なのです」


ほうほう。だいぶらしくなってきた。

もう一つ聞いておかねば。


「ここって魔法とかある?」

「魔法?」


カリンはキョトンとしている。


「知らない?こう、炎を出したり、傷を直したりする不思議な力っつーか」

「お伽話では聞いたことはありますが、私実際に見た事は…」


あ、そう?

じゃあ俺が魔法スキルでババっと解決しちゃうかなー?


って、俺のスキルって何?

今のところ何も特殊能力がついた気はしないんだけど。


けどカリンは続けて、

「私が見た不思議な力はヒロキが現れたことでしょうか」


確かにそうかも。


「私は神が住まうというあの丘で、村をお救いくださいと祈っておりました」


カリンは俺を澄んだ青空色の瞳で見ると、


「だからヒロキが私達の村を救ってくださるのでしょう?」


そのために来たんだぜ!


何の力が付与されたか知らないが、俺は胸を張って村へと進んだ。


つづく

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます