生贄の少女と異世界ぐらしwith 持ち物一つ

halhal-02

第1話 持ち物一つ選べ!

ある日突然、「異世界に持っていくものを1つ選べ」と言われた。

男とも女ともつかない不思議な声だ。

俺は迷わず答えた。

「俺の部屋、まるごと」

「……ひと…」

「俺の部屋まるごとひとつ」

「いや、あの…」

「まるごとひとつ!」

「むぅ、仕方ない。では、行くぞ!」

「えっ?」

ぐるりと体ごと回ったと思った途端、俺は意識を失った。


気がつくと、俺は自分の部屋の真ん中に倒れていた。

もともと、どこに居たっけ?

おかしい。

何をしてたかも思い出せない。

けど、学校から帰る途中までの記憶はある。制服も着たままだ。

起き上がって、窓の外を見る。

「あっ!」

驚いたね。

俺の部屋は2階なのに、窓の外の風景は目線が低い。1階のようだ。おまけに見慣れた病院の壁も見えない。(俺の家は病院の隣だ)

そこに広がるのは見渡す限りの緑の野原。俺がいるとこは少し盛り上がって丘になっているようだ。

「ホントに?」

マジか。

マジで異世界に来てしまったのか。

いや、ただ野原の真ん中にいるだけで、俺1人の世界だったらやるせない。というか、やる気でない。

とりあえず俺は自室のドアを開けることにした。


ガチャ。


家の中の、薄い普通のドアだ。

それを開けた途端、目に飛び込んできたのは、目の前にひざまづく金髪の少女だった。長い髪を後ろでゆるくまとめていて、そこからこぼれた髪が白い頰にかかっている。


何かを祈っているようだったが、俺の気配を感じたのか顔を上げる。


かっ、かわいい……!


そして、俺は1人じゃ無かった!


少女は俺の顔を見ると、小さく声を上げて立ち上がり、さらに少し逃げ腰になった。

驚きと、恐れと、そして喜びとが混じり合った表情をしている。


「良かった…。お待ちしておりました」

「あの、俺…」


良かった、会話できてる!

いや、俺を待っていたってどういう事?


「どうぞ私達の村においで下さい」

「あ、はい」


と、一歩踏み出そうとして靴がない事に気がつく。俺は慌てて室内に戻ると、本棚の上に置きっぱなしのバスケットシューズを持って来る。少し前に部活を辞めたのだ。だからバッシュで外に出たって誰も文句は言うまい。


俺はそれを履くと、ドアの外に出た。


つづく

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます