「アニメ新世紀宣言」の体験談「あの日、ボクらは、、、」

作者 斗筆家

5

3人が評価しました

★で称える

レビューを書く

Good!

当時、西武新宿線沿線に住んでいた私は、朝05:00過ぎの始発で新宿にむかいました。

新宿ステーションスクエア前には、数十人くらいの人がいて、色々なアニメイベントで見知った人もいました。
大人の方がいらっしゃいました。私もどこかでお会いした様な…

「おはようございます!」

「おう!早いね、今日も手伝い?」

「(何かのアニメイベントでお手伝いした時の担当の方だったかな。)いえ、特に聞いていませんが…」

「じゃあ、あとでちょっと手伝って。」

「はい」

時間が経つにつれ、続々と人々が…

ステーションスクエアの裏の方に行くと、先程の方が、

「来たか、あれ配るの手伝って」

『アニメ新世紀宣言』

既に何人かのスタッフさんが持って人々の中に。

「私も貰ってもいいですか?」

「いいよ」

すぐに1枚カバンにしまい、私も人々の中へ…

あっと言う間に無くなりました。

配布が危険だというので、途中で中止となったらしいです。

その後は、その場の熱気にあてられて舞台の方をずっとみていました。

ララがいる、シャアがいる、ガルマは女の人!?
富野監督のファンへの言葉。

楽しい時間はあっという間に過ぎていきました。

イベントが終わり、人々が移動していきます。私もアニメイベントで見知った方々と喫茶カトレアへ。そこで、かなり遅くまで話し込んでしまいました。

当時14歳の中学2年生、老け顔で大学生によく間違えられた、ヲタクという言葉がまだなかった頃のヲタクでした。