第19話 ガチンコ 其の7

「その、元々は柔道の技なんですが……」

「なるほど、柔道か。締めって言うくらいだから、絞め技なんだろう。チョークスリーパーみたいなものか」


 さすが和香さんだ。プロレスで多用される技の名前を、すんなりと出してくる。これなら俺も話しやすい。


「ええ、基本、首を絞める技です。結構実戦的なんで、軍隊なんかでも使われているみたいですね。でも、確かに、プロレス技かと聞かれたら、そうですねとは言いづらいですね。すいません、調子に乗りすぎました。やっぱり遠慮しておきます」


 ついつい勢いに任せて、お願いが過激になりすぎたかもしれない。やはり三角絞めは行き過ぎだ。そう思いなおして、俺は遠慮したのだが、今度は逆に、和香さんの方が積極的になってくる。


「おいおい、それはちょっと、無作法ぶさほうじゃないかなあ」

「えっ、何がですか」


 そう尋ねる俺に、和香さんは悪戯いたずらっぽく言ってくるのだ。


「君は今こう言ったんだよ。君が言った、三角絞めとやらいう技は、軍隊で使われている実戦的な技だ。だから、見た目は派手だが、実際の効果は薄い技しかやらないプロレスラーにはできないだろう、とね」

「い、いえ、けしてそんなつもりで言ったのではなく……」


 俺がしどろもどろになって答えると、和香さんはニヤニヤ笑いながら言ってくるのだった。


「わかってるよ。君がプロレスラーを悪く言う人でないことは、今まで話していたからよくわかる。でも、君が言った言葉が、さっきあたしが言ったように解釈できるのも事実だろう。となると、あたしが君に、その三角絞めとやらをかけないわけにはいかないじゃないか」


 俺は俄然がぜん恐ろしくなってくる。さっきまでの、コブラツイストやオクトパスホールドは、どちらかと言うと、嫌がる和香さんに、俺が無理やり技をかけさせる、といった構図だった。だからこそ、技をかけられているはずの俺が、実は指図する側という、ある種倒錯とうさく的なプレイだったのだ。


 だが、今では、和香さんがすっかり乗り気になって、逆に俺が勘弁してくださいといっているような形だ。がぜんやる気になった和香さんに、絞め技をかけられるとなれば、これは助平心よりも、恐怖心がまさってくる。


 しかし、そんなことを言っては、和香さんにどんな仕打ちをされるかわかったものじゃあない。


「君が三角絞めとやらを、あたしにかけるよう言ったんだよ。男だったら、いさぎよく観念して、お縄になりなさい。でないと、あたしが無理やりにでも、君を締め上げちゃうよ」


 案の定だ。和香さんは俺に大人しくするよう求めてくる。そして、まず間違いなく、和香さんなら、ガチンコでも俺を苦もなく押し倒して、手篭てごめにできるだろう。


 腕っぷしでは、まるでかなわない女の子相手に、なすすべもなく組み伏せられるというのも、それはそれで魅力的であるが、ここは、和香さんのいう通りに、されるがままになるのが得策と考え、俺は和香さんに従うのだった。


「で、その三角絞めってのは、どうやるんだ」

「わかりましたよ。教えますよ。こうするんです。少し耳を貸してください」


 ごにょごにょごにょ


 抵抗することをあきらめた俺は、三角絞めのやり方を、和香さんに耳打ちするのだったが、和香さんはみるみるうちに、顔を赤くするのだった。


「なんだって! 股ぐらにあんたの顔を挟み込んで、そのまま締め上げるのか! いくらなんでもそれは……」


 すっかりやる気になっていた和香さんだったが、またもや気恥ずかしそうになってしまった。となると、今度はこちらが、一転攻勢になる番だ。


「でも、足の筋力が、腕より強いのは当たり前でしょう。普段から体を支えているんだから。そんな足で、首を絞めるんだから、これは強力ですよ。だけど、絵的に地味なのは否定できませんからねえ。やっぱり、プロレス好きである和香さんには、出来ない相談かなあ」


 あれだけお強い和香さんが、俺の言葉に恥ずかしそうにしているというのは、これもなかなかいい光景だ。俺は、言葉を続けるのだった。


「何より、和香さんはスカートですしねえ。うん、いいですよ。プロレスラーなら、試合衣装にこだわるのも当然ですしねえ。なんの下準備もさせずに、制服のままプロレスごっこを提案した俺が間違ってました。三角絞めは、無しとしましょうよ」

「やるよ」


 和香さんが、絞り出すような小声で返事をしてくれる。


「えっ、今なんて言いました。声が小さくてよく聞こえませんでした。もう一回言ってくれませんか」

「その三角絞めをやるよって言ったんだよ。わかったら、もっと近くに来るんだよ」


 和香さんは、そういうが早いが、俺のシャツの襟首をつかんで、俺を地面に引きずり倒す。


 ううん、やはりすごい力だ。とても力では勝負にならない。そんなことを、俺は内心小躍りしながら、呑気のんきに考えていたのだが、あっという間に和香さんのムチっとした両脚が、俺の首に巻きついてくる。これはまずい。


 正確には柔道の三角絞めは、両脚の間に、相手の片側の肩も挟んで、首と肩を同時に締めなければならず、首だけを両足で締めるのは反則である。


 何故か? 危険だからだ。両足で首を絞めるのは、大変危険なのだ。俺はそのことを和香さんに説明し忘れていた。


「……!……!…………!」


 俺は和香さんに、今行われていることが、非常にデンジャラスであることを、なんとかして伝えようとするのだが、とても言葉を出すことができない。


 なるほど。実際三角絞めは、実戦的みたいだ。そう思いながら、俺は和香さんの太ももの感触を楽しむ間もなく、ほんの一瞬で気を失ってしまった。


 天にも昇る心地良さだったが、実際に昇天してしまっては洒落がきつすぎる。




  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます