第15話 初仕事


「これは・・・見落としていたな」



悟改め、カケルはある問題に直面していた。

それは文字が読めない事だった。もちろん元の世界の文字ではない。この世界の文字だ。

リックに翻訳魔法を掛けてもらっているが、それはあくまでも言葉の翻訳だ。相手の言葉が分かるようになりこちらの言葉が相手に分かるようになるだけだ。だから、魔法の効果は視覚までには及ばない。


カケルは手に持っていた依頼書を睨み付けるがそこにはよく分からない記号が書いてあるのみだ。



(どうするか・・・これではどんな依頼か分からない。誰かに聞くか?いや、そうだな。ここは適当な理由をつけて誰かに聞くのが一番早いか・・・)



カケルは先ほど手に取った依頼書を内容も分からないまま受付に持っていった。そして受付嬢に文字が読めない事を話した。受付嬢は最初は疑問に思っていたが、文字が読めない人がたまにいるのか、カケルが話した理由に納得してくれた。



「では、説明します。こちらの依頼はファトス村のヘカッド・ヘッジ村長からの依頼になります。依頼内容は数日前に目撃されたアンデッド・ナイト2体の討伐になります」


「なるほど。因みにそのファトス村はどちらにありますか?」


「南門から出て西北西の方角に徒歩で1日ほどの所になります」


「なるほど。では、この依頼を受けたいと思います」


「わかりました。ではこちらの依頼で受注手続きをおこないます」


「よろしく頼む」


「移動には馬を使いますか?よろしければ手配しますが」



その提案にカケルは少し考える。カケルはもちろん馬に乗った事はない。馬をどう動かすのか、馬をどう操るのかは全くわからない。

それに馬のレンタルだって無料ではないし、馬に怪我や馬が居なくなるなんて事があれば賠償金を払わなければいけない。

それらのメリット、デメリットを考える。



「いえ、馬は結構です」



考えた結果、徒歩での移動となった。



「わかりました。はい、受注完了しました。」


「ありがとうございます」



依頼書を読んでくれた受付嬢に礼を言い立ち去る。カケルはもうこれから先ほど受けた依頼をこなすつもりだ。本来は受注した依頼に向けて装備や道具を準備をするため、出発まで1日ほど掛かるのだが、カケルにこの世界の道具の知識などなく。装備も刀一本のみのスタイルなので他に準備をする事はなかった。


彼は南門からアドルフォン王国を出発し、受付嬢に言われた通りに西北西に向かって走った。





「徒歩で1日って言っていたがどういう計算の仕方なんだ?」



受付嬢が言うには徒歩で1日掛かるとの事だったが、カケルという身体能力がアホみたいに高く、技術を持っている人間が走った結果、40分ほどで目的地のファトス村に到着したのであった。


カケルは村に着くと直ぐに、村人に話を聞き村長に会わせてもらった。そしてその村長からアンデッド・ナイトが出現した場所について教えてもらう。

村長が言うにはアンデッド・ナイトはこの村の外れにある墓地付近に出現したという。

カケルは墓地の場所を教えてもらい、1人でその場所に向かった。



「あれか」



村長に聞いた通りに墓地にやって来たカケル。

そこには話に聞いていたアンデッドが2体。

その姿は、男性の平均身長より一回り大きく、錆びた鎧を着ており、長剣と盾を持っている。


その容姿を見てカケルは恐らくあれがアンデッド・ナイトだろうと当たりをつける。

2体のアンデッド・ナイトは墓地の付近をウロウロと徘徊しているだけだ。


2体のアンデッド・ナイトに近付く。

カケルが近づいて行くと、それアンデッド・ナイトも気付き、カケルの方に近寄ってくる。

カケルも一応警戒はしているが、近付くのは止めない。

アンデッド・ナイトとカケルの距離が5m程までちぢまった所で――



――アンデッド・ナイトはカケルにひれ伏した。



カケルは前に見た光景だな。と、トロル達に出会った時の事を思い出す。そして2体のアンデッド・ナイトに声を掛ける。



「どっちか喋れたりするか?」



話せるかの疑問を投げ掛けるが返って来たのは2名とも「オアァァ」といううめき声のみ。

カケルは「そうか」と返事をして、木の枝を一本取り出した。

そう。この枝は前回も使ったはトレントのジャックの枝だ。この枝を地面に差せばジャックと会話できる。それを利用してジャックに通訳をして貰うのだ。



「オヨビデショウカ。魔人サマ」


「すまないがジャック通訳をお願いできるか?」



地面から生えている小さなジャックは2体のアンデッド・ナイトの方をチラリ確認する。



「ワカリマシタ。オ任セクダサイ」


「よし、ではアンデッド・ナイト達、少し話そうか」



カケルはその場で2体アンデッド・ナイトと話した。討伐しに来た事、村を作っている事、そして例の魔物の願望について。アンデッド・ナイトも例の如く望みを聞くと、配下になりたいとの事だ。もちろんそれをカケルは了承。2体のアンデッド・ナイトはカケル達の村に向かうこととなった。



「あ、ちょっと待ってくれ」


「オァァ」



早速村に向かったアンデッド・ナイトを引き留めた。



「お前達の一部、そのあばら骨の部分をもらえないか?さっきも言ったようにここにはハンターとして討伐依頼を受けてきている。お前達が村に向かうことになった今、討伐する必要はないのだが、それでは依頼が失敗してしまう。そこで討伐したと虚偽の申告をするためにお前達の一部が欲しいんだ」



話を聞いたアンデッド・ナイトはお安い御用と言いたげな物言いのうめき声を上げて自身のあばら骨を外して、カケルに手渡した。



「すまんな」



例えアンデッドだろうが、自分の体の一部が無くなるのは嫌な気分だろう。カケルは少し申し訳なく思う。

そうして晴れて魔人の配下になったアンデッド・ナイトは無事に村から離れ、魔物達の村へと歩いていった。


その後カケルはファトス村の村長の所に行きアンデッド・ナイトのあばら骨を証拠に討伐を報告。そして依頼人である村長から依頼書通りの報酬を貰った。こうして、カケルのハンターとしての初仕事は無事に終わりを告げた。

出ていく際に村の人々に礼を言われながらカケルはアドルフォン王国へと走って帰還した。




アドルフォン王国に帰還したカケルは依頼完了報告をするべくハンター組合を向かった。

ハンター組合の受付に行くと依頼を受注する際に話した受付嬢を発見し、彼女なら話が早いだろうと思い。その受付嬢の元に向かった。



「依頼の完了報告に来ました」


「え?」



目の前の依頼書と一緒にアンデッド・ナイトの骨を出してきた男の一言に受付嬢は言葉漏らした。つい2時間程前に依頼を受けたハンターだと受付嬢はわかっていた。文字が読めないので代わりに説明した出来事が彼女にとって印象的だったのだろう。

だからこそ驚いた。本来1日以上掛かる依頼なはずなのに、片道で1日は掛かる距離の仕事なのに、この男は2時間程でここに依頼の完了報告をしに現れた。



「た、ただいま依頼主に確認してきます」



困惑したがここは仕事のマニュアルにしたがって依頼主に確認を行う。確認方法は連絡魔法を使用する。この魔法は遠く離れた者と会話が出来る、電話見たいなものだ。電話と違うのはそれが魔法だということ。受話器や電話線など存在せず、ただ魔法を唱えるだけだ。だが、その魔法も誰でも使用できる訳ではない。受付嬢であるだけの彼女ももちろん連絡魔法は使えない。


ならばどうやっているのか。それは連絡魔法が使える者だけが集まった部署がある。連絡魔法が使える者はそこで依頼主に確認や依頼の受付などをしてそれを事務の者や受付の者伝えるのだ。つまり連絡魔法が使える者が電話そのものなのだ。



「あの、この依頼主に完了の確認をお願いします」



連絡部署の1人依頼書を手渡す。受け取った男は直ぐ様魔法で連絡を取り、依頼主に確認した。

そして依頼は完了しているとの返事が返ってきた事をその受付嬢に伝える。



「そ、そう・・・ですか」


「ん?どうかしたのか?」



連絡部署の男が受付嬢の口ごもった返事を疑問に思う。



「い、いえ何でもないです!」


「そ、そうか」



つい声を荒らげて返事をしてしまう。少し大きな声を出して注目を浴びてしまい少し恥ずかしくなる。彼女はその目を振り切るように受付へと戻った。



「お、お待たせしました。確認は取れました。これにて依頼は完了です。お、お疲れさまでした。こちらがアンデッド・ナイトの討伐報酬になります」


「ありがとうございます」



カケルは報酬を受け取った後、再び彼女に話しかけた。



「すみません。お願いがあるのですが、いいでしょうか?」


「え!?あ、はい。何でしょうか?」


「いえ、少し前に言いましたが自分は文字が読めません。その為、依頼書を見ても依頼内容がわからないのです。ですので、貴方に依頼を見繕ってもらいたいのです」


「わかりました。そういうことでしたらお受けします。何か依頼の条件はありますか?」


「それでしたら難易度は問わず、移動距離が近い依頼をお願いします」


「わかりました」



そうして彼女は一つ依頼を持ってきた。

内容はサンド・ゴーレム4体の討伐。移動距離も先ほどの村と大体同じくらいの距離との事だ。

そしてその内容の依頼を受けることにした。



「では、これで受注手続きを完了しました。移動はどうしますか?」


「今回も馬は結構です」


「そ、そうですか」



馬を使わずどうやって片道1日掛かる道のりをそんな短時間で移動したんだ!!と言いたい受付嬢だったが、今は仕事中なためそんな事は言わず。今回も馬はいらないという答えに苦笑いをするだけだった。



「戻ってきたらまた報告します」



そういって彼はハンター組合から出ていった。



そして、2時間程たった頃またもその男が先ほどの依頼書とサンド・ゴーレムの欠片を4つ持って彼女の所に報告に来た。


その受付嬢はその後1日中苦笑いが絶えなかった。



  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます