第9話 解消


「森・・・?」



俺が白い円の中に入るとそこは森の中だった。しかし、そこは最初に訪れた森とは違う場所のようだ。薄々気づいていたが、あれはどうやら転移の魔法のようだ。


俺の後ろには後に続いてゴブリン(仮)とオーク(仮)が転移してきた。

そして最後の一体が転移してくると転移の魔法である白い円は消滅した。



「えーと、ここは?」


「ヴォヴォオ!」



質問をしたが、短く返されただけだった。何を言ったか解らないので疑問に思っていると、突然声が聞こえた。



「オマエ、ナニモノダ」



突然の声、それも日本語に聞こえる言葉に驚き、声の方をみた。

そこにいたのは、背丈の低い普通の木にジャックランタンの様に顔が掘られたような怪物だった。



「ヴォヴォ!」


「ナニ?」



俺も返事をしようとしたが、オーク(仮)は俺よりより早く質問をしてきた木の怪物に対して返事をした。



「ヴォヴォォヴォ!」


「ソウナノカ?」


「ヴォヴォッヴオォ!」


「ナント!アノ方ガ・・・」


「ヴオォッヴォヴヴォ!」


「ナルホド」


「ヴオォ!」


「ワカッタ」



しばらくすると話が終わったようだ。俺にはオーク(仮)が何を言ってるのかさっぱりだったが、木の怪物が人の言葉を喋り、相づちを打ってるのはわかった。何故、あいつが同じ日本語を話せるのか後で聞いておこうと思う。


話終わった木の怪物は木の根を動かしてこちらに近づいてきた。最初にあった敵意はなくなっていたので俺も警戒を解く事にした。



「話ハ先程トロルカラ聞キマシタ。私ハトレント族デス。ナンデモ魔人サマハ住ミカヲ探シテイルトカ」


「え、あー、まぁそんな感じだ」


「デシタラ、ココハ問題ナイト思ワレマス。ココラノ森は我々トレント族ガ支配シテオリマス。デスガ、我々トレント族モ魔人サマノ配下ニ加エテ頂ケルノデシタラ全テヲ差シ上ゲマス。食料ハトレント族の力デ木ノ実等ノ物ヲ自由ニ栽培デキマスシ、ソレニ近クニハ川ガ存在スルノデ水ニモ困リマセン」


「・・・とりあえず、少し待ってくれないか?」


「ワカリマシタ」



魔人?配下?

突然初めて耳にするワードが飛び出てきた状況を整理する。

しばらく考えて込んで色々と整理できた。まずは魔人というやつから聞いてみよう。幸いこのトレントという奴は何故か日本語で話せる。その事も踏まえて色々聞いてみるのが良いだろう。



「まず、魔人とは俺の事でいいのか?」


「ハイ、魔人サマは魔人サマデス」



「・・・お前の言う魔人ってどういうものだ?」


「昔ノ伝説ナノデスガ、魔人サマハ、カツテ一度ダケ現レ、強力ナ邪気を操リ、我々魔ノ物ト共ニ勇者ヤ人間ト戦イ、ソノ戦イノ末、勇者ヲ倒シタ人間ト伺ッテオリマス」


「昔の伝説ね・・・次にどうして俺を魔人だと思う?」


「ソレハ、トロルモイッテオリマシタガ、貴方サマガ人間デアリナガラ膨大ナ魔ノ力を持ッテイルカラデス」


「魔の力?」


「ハイ、魔ノ者ナラ誰デモ持ッテイル力デアリ、人間ハ持ッテイナイ力デス。デスガ魔人サマハ人間デアルニモ関カワラズ魔ノ力ヲ持ッテイル為、魔人ト判断シマシタ」


「魔の力・・・」



1つ思い当たるものがあるな。



「もしかしてこれか?」



そう言って手に殺気を込める。

するの手から紫色の禍々しいオーラが出てくきた。



「オオ!マサカ魔ノ力ガ見エル程トハ・・・イヤ、魔ノ力ドコロデハナイ!マサカ、邪気!ヤハリ貴方サマは魔人サマデゴザイマシタカ」


「お、おう」



ただの確認の為だったが、俺が魔人であることが確定してしまった。とりあえず、ここまでをまとめると、この殺気が具現化するような力は邪気というもので、過去に一度現れた魔人もこの力を使っており、俺は通常の人間にはない魔の力というものがあるらしい。トレントの反応からすると魔の力の上位にあるのが邪気っぽいが、詳しい話はまた今後聞くことにしよう。とにかくこれらの事から俺は魔人というものであるらしい。



「なるほど、魔人の事はわかった。次は・・・確かに配下になりたいとか言ってたな。あれはどうゆう意味だ?」


「ソノママノ意味デス。私モアソコノトロルトゴブリン達ト同ジヨウニ配下に加エテ頂ケレバト思った次第デス」


「・・・ん?」



おや?何かおかしいな。



「えーとまず、トロルっていうのはあいつらの事か?」



俺はオーク(仮)に指を指して聞いた



「ハイ」


「じゃあ、ゴブリンはあいつらか?」



次にゴブリン(仮)を指さす。



「ハイ」



なるほど、オーガではなくトロルだったか、案の定間違えていたようだ。ゴブリンの方は合っていたようだ。後で訂正しておこう。



「それで、あいつらが俺の配下だと?」


「ハイ、ソノヨウニ先程ノトロルカラ聞イテイマス」



なるほどなるほど。最初に話していたときに伝えたのか。だが、それ以前に俺はあいつらを配下なんぞにした覚えがないのだが。やはり言葉がしっかり通じないのは色々と誤解を生んでしまうようだ。ここは一度話し合う必要があるな。



「トレント、お前はあいつらの言葉は分かるよな?一度話し合う必要があるみたいだからあいつらの言葉を通訳してくれないか?」


「通訳デスカ?ワカリマシタ」


「よし、じゃあ全員集合だ」






この後、トレントの通訳を交える事で誤解は解けた。何でも最初に合った時に既に配下になってたらしい。そんな事は知らないんだが・・・とりあえずは全員配下ではない事を伝え、ついでにオーク(仮)からトロルに名称の間違いもただしておいた。



「デハ改メテ、ココニイル我々ヲ配下ニ加エテイタダケナイデショウカ?」



そもそもこいつらは何故配下になりたがろうとするんだ?何か目的でもあるのか?前の魔人が勇者と戦ったらしいが俺は今のところそんな事する気はない。



「何故、配下になりたいんだ?お前らの目的はなんなんだ?先に行っとくが俺は人間と戦争だとか、勇者と戦うとかはしないぞ?」


「ソレハ、我々ハ生キル目的ガ欲シイノデス」


「生きる目的?」


「ハイ、100年程前ハ魔王ノタメニ勇者ヤ人間ト戦ッテイマシタ。デスガ、魔王ハ勇者ニ封印サレテシマイ、今ハイマセン。デスノデ我々ハ新タナ命令ノナイママ漠然ト生キテ、人間ト戦ッテイマス。我々ハ我々ガ使エル者ノタメニ生キ、働キ、忠義ヲ尽クシタイノデス!」


「お、おう」



マジか、なんという社畜体質だ。

もしかして魔物って全て社畜体質なのか?人間ではとてもじゃないが真似できないだろうな。俺もその気持ちは全くわからない。出来れば働きたくないと思う方だからな。



「さっきも言ったが争い等は基本的にはないぞ?俺はのんびり生きないからな。それでもお前らが良いなら、まぁ、配下になってもいいぞ?」



「オオ!アリガトウゴザイマス!」


「ヴォ!」


「グガッ!」


―――プルンッ!



色々と凄い事になってきたな。

まぁこいつらの意思で働きたいって言うんだ。せっかくだから手伝って貰った方がいいだろう。この世界で生きていく上で色々とやらなきゃならない事があるしな。



「デハ、早速デスガ何カゴ希望ガアレバ何ナリト命令シテクダサイ。」


「そうだな、まずは・・・」



まずはとりあえずの寝床を作ろう、木はあるし木造のシンプルなものでいいだろう。次に当分の食料を確保かな。


いや、もういっそのこと完全に元の世界諦めてここに永住する予定にしてしまおう。

実際あの世界に戻っても就活をする面白味のない日々だ。それよりこの世界で、未知を体験しつつのんびり暮らしていった方がいいだろう。


ここを拠点にするなら色々と設備を揃えたいな。こいつらの家や畑も作ろう。

そういや、近くに川があるんだったな、魚はいるのだろうか?釣りをするのも良さそうだな。やりたい事が山積みだな。何か久しぶりにやる気が込み上げてきたな。



「やるぞ!拠点作りだ!」









  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます