第四十六話・遊園地大戦争 コーヒーカップ編


「面白かったですね、ジェットコースター」


「……うっぷ」


 笑顔で感想を語る夕雨に反して、僕はフラフラ。未だ足元がおぼつかない。頭がぐわんぐわんしてるぜ.......。

 あんな乗り心地の悪い乗り物に乗ったあげくに結局スタート地点に戻るとか何の意味があるんだ。タイヤが付いているのならその目的は移動であるべきだ。

 あー、もう二度と乗ってやるものか。


「次どこ行きましょうか」


「正直休ませてほしいんだけど」


「それでは.......コーヒーカップにでも乗りましょうか」


「容赦ねぇ!?」


 乗り物酔いしてるやつに一番勧めちゃいけないやつだろ。

 泣きっ面に蜂、ジェットコースターにコーヒーカップである。

 ジェットコースターの非合理さについて言及していたのに、ここで一番意味不明なアトラクションが来るとはまた。


 あのグルグル回るだけのアトラクション。メルヘンな見た目に合わないハードな乗り物。この世になくても別に困らない物ランキング上位入賞果たすやつ。


「あれ、そんなに楽しいか? ただグルグル回るだけじゃん。ガキの頃ならまだしもさ」


「回るものって楽しいと思うのですが」


「ふぉーいぐざんぷる」


「回転ずし」


「確かに好きだな」


 お寿司が好きってのもあるけど、レーンからひょいと取る行為は確かに面白い。


「コマ」


「おう、確かに回ってるし好きだったな」


 幼稚園、小学校ではよく遊んだものだ。


「ベイゴマ」


「それも広義のコマだろう」


「ベイブレード」


「コマに対する拘りが強い!」


 確かに全部回るし楽しいけども。


「扇風機もですね」


「ん……? ファンが回ってるのはそうだけど、楽しいの対象になるものじゃないだろう」


「そうですか? 昨日、理太さん扇風機の前で宇宙人の物まねしてたじゃないですか」


「――!?」


 バレてたのかっ!

 遊園地デートが楽しみでテンションが上がっていたんだよな……恥ずかし。


「意外と子どもっぽいですよね、理太さん」


「返す言葉も無い……」


「ま、そういうところ含めて好きなんですけど」


 さりげなく勝負をしかけてくる夕雨。

 はっ、甘いわ。この僕が無策のままでいるとでも思ったか!


「僕はそう言ってくれるお前が好きだぞ」


 渾身のカウンター。矢吹ジョーにも引けを取らないぜ。

 

「……ずるいです、もう……っ」


 まず一勝。

 まぁ、顔赤くして俯く今のお前の仕草の方がずっとズルいと思うけどな。まさにクロスカウンターである。

 あかい頬に上目遣いの彼女。その手はきゅっと胸の前で握られて。

 絵に残してこの可愛さを後世に伝えてあげたいわ。ユネスコも萌え死するに違いない。


 しばらく園内を歩く。メリーゴーラウンドやフリーフォールなど定番アトラクションを過ぎて向かうはコーヒーカップなのがなぁ。少し気が進まない。

 

「回るもの議論の結論出てないのに行くのか? オチが無いのはどうかと思うんだけど」


 なんて抵抗してみるも。


「――こうして世界は平和になったのです」


「雑すぎるわ!!」


「――こうして地球は続けるのです」


「オチた! 予想以上に綺麗にオチた!!」


  綺麗にオチたなら何でもいいや!


「それでは行きましょう。コーヒーカップがお腹を空かせて待っています」


「なんかそう言われると行くしかないような気がしてきたな」

 

 これが父性の目覚めというやつか。

 お腹を空かせてる奴ってすごい母・父性をくすぐられるよね。

 

 他愛のない会話。


 西日の差す遊園地、係員の人に一声かけてカップに乗り込む。夕雨はハンドルを挟んだ真向かいにいる。面と向かうとなんだか気恥ずかしいな……。

 ちなみに他のお客さんは家族連ればかり。きゃっきゃと賑やかな喧騒。大人が乗るもんじゃないもんな、これ。十一世紀の拷問器具ですと言われたって納得できるもんね。


廻天制裁可否杯コーヒーカップ』。

 うん、必殺技にも使えそう。


「まさか夕雨、お前思いっきり回そうとか思ってないよな」


 僕は不安を口にする。

 ガキの頃はよく全開にしてたけど、今はもう二十歳。三半規管だって衰え始めているのだ。それはもちろん夕雨だって同じはず。流石そんなに無理はしないはずだ。


「大丈夫ですよ。程よい感じで回しますから」


「嫌な予感しかしねぇ……」


 まったく回さないといのは楽しくはないだろうから、多少はいいんだけど、やはり程度というものがあろう。


 と、流れる安全確認のアナウンス。愉快なBGMがスタートするとともにコーヒーカップが一斉に回転し始める。

 視界がゆるりと回りだす。前述の通り全方位眩しいのは相変わらず。ぐるぐると熱されながら削られるケバブ肉になった気分だ。


 夕雨はハンドルに手を添え、加速をかける。といっても宣言通りゆるやかに。

 そこで、ふと、彼女は口を開いた。


「そういえば、理太さんは私のどこが好きなんですか?」


「――っ!? いや、それ今ここで言うことか?」


 絶対に違う。回転ずし店でサラダばっかり食べてるやつくらいに違う。そういや寿司屋でラーメンってのもよく分からないよな。サイドメニューは茶碗蒸しまでだろ。

 ま、そんなことはどうでもよくて。


「気になってしまったからにはしょうがありません。絶好のきゅんきゅんチャンスですよ」


 回る視界。

 しかし答えは頭を回さずとも分かる。


「えぇと、じゃあ……つっても全部かなぁ。夕雨が何をしても好きだと思うよ」


 と、その時。

 ぐわんと夕雨がハンドルを回した。

 数段飛ばしでコーヒーカップが加速する。歩いていたら突然原チャリに誘拐されたみたいな感じ。いや、されたことないから分からないけど、そのくらいのGのかかり方だ。


「急にどうした⁉」


「あ、いえ、お気になさらず。気持ちが昂ってしまいまして。『海外の反応』みたいなやつです」


 結構な加速度の中でも無表情を崩さず言う彼女。キラキラ遊園地をバックに、シュールな光景である。


「喜ぶあまりに椅子投げ飛ばしたりしてるやつね! 言いたいことは分かるけど気にするなってのはキツイぞっ!」


 くるくるり。

 視界が回る。彼女の金髪が光の風になびく。


「じゃあいつ私を好きになったのですか?」


 再び問われる。これ以上の加速は勘弁だ。勝負はお預けにして、不器用な感じで言ってみよう。


「う、うーん……覚えてないなぁ。気づいたらいつの間にか、ってみたいなうぉあああ⁉⁉」


 説明しよう。

 僕が言い終わる前に夕雨がGT-Rもびっくりな急加速を決めてコーヒーカップが超高速回転したのだ。

 以上報告終了。

 状況未終了。


 ぐるぐるぐるり。

 脳が乱暴に振り回されて、胃液が混ぜ混ぜされる感覚を味わう。

 世界がぎょっとする速度で回っていって、もはや視界の焦点さえ合わない。

 ……マジで気持ち悪い……。

 

「あはははっ、これは良いですね。私の気持ちを代弁してくれます!」


 しかし、彼女は平気なようで――、というかハイになっているのか、笑みさえ浮かべて叫ぶように言った。

 三半規管丈夫すぎるだろ……人間離れしてるぜ。


「お前の心ン中どうなってんだ――」


「割とぐちゃぐちゃですよ!」


 基本的に感情の希薄な彼女。その台詞は意外だったのだが――そんな感慨さえ一秒後には遠心力で吹き飛ばされていく。

 ハンドルを逆に回す力さえない。


「もう他人ひとに見せられないくらいにぐちゃぐちゃです! 恨みとか怒りとか後悔だとかでそれはもうひっちゃかめっちゃかです!」


 恨み、怒り、後悔。どれもが、彼女には程遠いと思える感情の名前。

 でも、そうだよな。時空を超えてきた人間の心の中が単純なわけが無いのだ。


 未来人、タイムトラベラー。

 それは未練を残す者。


「でも、もう何でもいいんです。理太さんが幸せになってくれれば、それで!」


 ぐるぐるぐるぐるぐる。

 回る、僕の世界。

 凄まじい遠心力に、彼女の身体は吹き飛んでしまいそうに思えて、僕はハンドルに添えられた彼女の手を握って、叫ぶ。


 このコーヒーカップが僕の世界。ぐるぐる回る外界の景色なんて、もう見えなくて。でも別にそれでもいい。

 僕は――。


「僕は、夕雨と幸せになるんだ!!」


 ぎゅるぎゅるぎゅるぎゅる!

 回されるハンドル。そろそろ音速を超えたんじゃないかと思えるほどの高速回転。

 それが彼女の心象だと言うのなら、返ってきた彼女の声は、昂る気持ちとは裏腹に、ひどく冷めていて。


「そんなこと言われたら、余計にしてしまいますね――」


 それはいったい、嫉妬なんだ――?


 そんな疑問は言葉にならずに、遠心力によって、僕の意識ごと遠く海の彼方に吹き飛ばされた。






 

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます