第二十七話・僕のしっそう

 暗闇を走りながら、夕雨のことを、考えていた。


 フワフワとしていて掴みどころのない彼女。物事の核心を隠し続ける、忠実なる僕のモノ。

 僕はそんな堅苦しい関係を拒んでいたけれど、いつの間にか、刷り込まれるように、彼女は、僕のモノなのだと、思っていたのかもしれない。

 ――いや、それも違うか。そこには、僕の意思があるはずだから。

 僕は、彼女が僕のだと、対象の永続性を信じたかったからこそ、僕は、そう考えるようになったのだろう。まったく、なんて失礼な話だ。

 

 ――でも、考えるのは、苦しい。

 彼女が本当は何者で、どこから来たのかなんて考えるのは、ひどく苦しい。

 明確な始まりがあったとするならば、そこには明確な終わりが存在するということだ。

 僕たちの関係は普通じゃない。普通じゃないからこそ、この関係は延々と続くものではないと分かっていた。それだけが唯一、僕の分かることだった。

 いずれ地球が壊れるように、いずれ太陽が爆発四散するように、ように、この関係は、いずれ終わる。


 終わりを知るのは、辛い。

 そんな思いをしてまで、口を閉ざす彼女の気持ちを害してまで、僕は、僕のやりたいことを押し通そうとは思わない。僕が知りたかったのは、彼女の個性パーソナリティであって、関係の始終ではない。


 だからこそ、もう少しは、長く続くと思っていた。

 もちろん、僕よりも彼女に相応しい人がいるのであれば、その時は、笑顔で、彼女を、見送ってやろうと考えていた。

 でも、その時だって、別れの台詞の言ってやれるくらいの時間は、あると思っていた。

 彼女がくれた非日常にちじょうの価値には、遠く及ばないかもしれないけれど、僕だって、彼女に色々なものを与えたはずだ。別れの台詞を言うくらい、別に問題ないはずだろう。


 等間隔に僕を照らしては後方に去って行く白色の街灯。時折入れ違う車のヘッドライト。それはどれも無機質で、彼女の金色ではない。

 

「――ハァ……ハァ……ッ」


 激しく膨張と収縮を繰り返した肺が痛む。身体が焼けそうなほどに熱い。汗が滝のように流れてシャツをびっしょりと濡らす。

 僕は根っからのインドア派なのだ。僕をこんなに走らせるのは……僕の不注意のせいか。


 走って、走って、走った先に、辿り着いた大学の裏門。広大な敷地と豊かな自然が故に、なかば森への入り口と化した場所。

 その脇で、看守のおじさんが気だるげに立っているのを視認する。まったく、そんなに暇なら僕の代わりに走ってくれよ、おっさん。

 

「すいません。金髪の女の子を見かけませんでしたか……こう、新品っぽいやつです」


 写真が無いがためにこんな説明しか出来ない。見つけられたら、そん時は写真でも撮っておこう。

 にしても、新品っぽいやつってなんだ。


 案の定、看守は怪訝な顔をして、首を横に振った。

 僕は礼を告げると、そのまま門をくぐる。違う入り口から入った可能性もあるからだ。


 辺りはまさに森。五メートル先は闇、といったところだ。そして先の公園以上の青臭い自然の匂いが嗅覚を刺激する。

 ……不快だ。

 それでもなんとか目を凝らして、僕は彼女の姿を探すが、見当たらない。

 

 走って、歩いて、ぐるりと見渡して、走って、歩いて、心臓を落ち着けて、大学内を彷徨う。


 食堂……空っぽ。


 本校舎……静寂。


 講堂……真っ暗。


 ――いない…………いない……いない、いない! いないっ!!


 航一らからの連絡もない。

 

 夕雨、お前どこにいるんだ。

 夕雨、お前何を考えているんだ。


 お前の望みは、なんだ……?


 ――なぁ、夕雨。

 答えてくれよ。

 僕が悪かったからさ、頼むよ。僕のビビりのせいで、ほんの少し気持ちを伝えるのが遅くなっただけじゃないか。

 大切なものがいなくなって初めてその価値に気付く、だなんてありがちな展開に、させないでくれよ。

 なぁ、夕雨……!

 

 走り続けて、走り続けて、走り続けて。

 いよいよ体力が果てて、路上に膝をつく。

 ぽたりと、頬を流れる水滴。

 雨――。

 次第に強くなって、僕の全身に強く打ち付ける。

 そういやあいつ、傘持ってなかったよな……。


 ポケットをまさぐる。空っぽ。

 どうやら財布を持ってくるのを忘れたようだ。

 膝に手をついて、立ち上がる。

 

 そして僕は、夕雨のいない大学を後にした。

 

 

 

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます