第十二話・彼女の扇子はどこいった


 一歩こちらに踏み出した夕雨は、恥ずかしそうに、俯きがちに、僕を見ていた。


 彼女らしくないヒロインりょくに、心臓が痛いほどに脈動する。

 今、目の前に立っている彼女は、紛れも無く人間で、少女で、可憐で――。



 ――とてつもなく、


 

 某テーマパークのネズミのつがいがプリントされた白地のシャツに、赤ジャージのズボン。加えて、身に着ければ防御力と魔力がアップしそうな、金の十字架のネックレスをかけている。


 この世のダサさを全て凝縮したような生命体が、そこに在った。


「……素直に萌えさせてくれよ、夕雨……」


「萌えませんか?」


「タバコ吸い始めたばっかのヤンキーみたいな恰好するヒロインに誰が萌えるんだ!!」


「うーん……」


「僕を指さすな!」


 いや、本当にダサい。引くレベルでダサい。


「なぁ、それってちゃんと選んだ末の着こなしなんだよな」


「はい。いたって真剣に選びました」


 どうやらそれは本当のようで、というか、そうでもない限りこの恰好で人前に出られるわけがない。

 シャツは明らかにサイズを間違えているようにダボダボなのに、何故ジャージはピッチリサイズ。彼女の下半身に何が封印されているというのだろう。

 

「ファッションセンスは課金でどうにかならないのか」


「無理ですね。センスは後からどうこう出来るものではないですし」


「…………」


 圧倒的即答。説得力は十二分。

 いや、確かに相当世間ズレしているなとは、出会った瞬間から思っていたけれど、美的センスまでもが乖離かいりしているとは思わなんだ。

 あ、もしかしてこいつがホテルの売店でTバック手に取ったのってその片鱗だったのか?

 そんな伏線いらないよ……。


 と、ここで佇む彼女の首元に、ある違和感を覚える。


「なぁ、もしかしてさ、シャツ二枚着てる?」


 そう、シャツの襟が二重に見えたのだ。僕は危ないクスリをたしなんではいないので、恐らくあれは実像だろう。


「え、はい。着てますけど」


 至極当然、といった風に答えた夕雨。

 当然至極、Tシャツの下にTシャツは着ない。


「……まさかここで脱げと」


「一歩後ろに下がれば試着室があるだろう」


「んっ、そう……です……ね……っ」


「だから何でここで脱ぎだすんだ‼」


 夕雨は手を交差して、シャツの裾を掴むと、そのままカレンダーをめくるように、ばさりと、シャツを一枚脱ぎ捨てる。女性らしい縦長のおへそが見事な蠱惑的こわくてきなチラリズムを見せていた。

 なにか語弊を生じてしまいそうだけど、やはり、女性の体はどこかしこも魅力的に映るんだな、と僕は思って、


「いやだからダサいって‼」


 シャツにプリントされているキャラが、ネズミからエヴァ初号機の顔になっただけであった。


「なんで、なんでキャラものの上にキャラを着ようとした!? せめて版権元揃えようぜ!?」


「私にお似合いだな、と思いまして」


「初号機がか? 怒ったら目からビームでも出るのか」


「出ますよ」


「出るの!?」


 いつも通りのクールな、平坦な顔で言うものだから、一瞬真偽の判断を迷う。

 もちろんこれは彼女の冗談なのだろうが、いざとなれば本当に発射されそうな、そんな危うさを彼女は持っているのだ。


「駄目ですか? 結構気に入ってたんですけど」


「なんだ、ロボットとか好きなのか」


「いえ、ロボットは別に」


「???」


「まあ、広義ではロボットなのかもしれませんけれど」


「お、おう.......」


 僕は金曜日の午後九時から放送されているその作品を、ポテチでも食べながら見ているタイプの人間なので、詳しいことは分からないのだ。


「まぁ……理太さんが好ましくないと思うのなら……」


 声に力が無い。そんなに気に入っていたのだろうか……。


「あ、うん。まぁ一枚くらいウィットに富んだものがあってもいいんじゃないかな」


僕がフォローを入れると、彼女ははっと僕を見て、


「そうですか、ありがとうございます。それではこの一式を――」


「いや、シャツだけなシャツだけ」


 流石にヤンキー入門セットを買い揃える胆力は無い。


「シャツ一枚だけで街中を歩けとおっしゃるのですか」


 何故そこで顔を火照らす!


「言わねぇよ! 僕を犯罪者にするつもりか! いや、この場合犯罪者になるのは夕雨なのか……?

 いや、ともかく! ほら、後は店員さんにおススメ聞いてくるからさ。プロに任せておけばなんとかなるだろ」


「そうですね、そこはお任せします」


 と、こんな感じで、彼女に必要なものを買いそろえていったわけだけど。


 ファッションにうとい彼女が、何故らしくもない不満を漏らしたのだろうと、レジの前で会計を待つ彼女の背中を見て思う。

 だから僕は訊いた。


「なぁ、君はファッションに興味があるのか?」


 僕のものだった諭吉と樋口を店員に渡す彼女は、振り向いて、答える。


「ないですよ」


「うん、だろうな」


 これでファッションに興味があるとか言われたら流石の僕もフォローしかねるところだった。

 でも、だとしたら、余計に。

 いや、これは俗にいう自意識過剰というやつで、自分勝手な憶測に過ぎないのだけど、それでも僕は気になることがあった。


 ――彼女にあるのは忠誠心だ。


 だからこそ、実は、散々僕をからかっているくせに、彼女は何かを欲したことが無かった。一週間とちょっと一緒に過ごして、彼女が


 「したい」

 

 と言ったのを、僕はあまり聞いたことが無かった。

 空腹だ、名前が欲しい、と言われたあの初日、僕は彼女を欲深だと評したが、どうやらそれは間違いなようで、それ以降、彼女が願望を、欲求を口にしたことは無かった。


 正確に言えば、今回も「服が少ない」と言われただけで、それを不満だと受け取ったのは僕だ。そのまま無視してしまえば、きっと僕たちは此処ここに来ることは無かったし、それについて彼女が何か言うことも無かっただろう。


 つまり、何が言いたいのかといえば、それは繰り返すようでなんだが、自意識過剰な思考の果てに至った、ひとつの疑問で。


「……なぁ、夕雨」


「なんですか?」


「なんで、服を欲しがったんだ?」


 答えは、分かっていたのかもしれないけど、聞かずにはいられなかった。


「欲しがった、ですか。えぇ、確かにそうですね。私は洋服を欲しがったんですね。結果的にはそうなるのでしょう。

 理由は単純です。私は、理太さんのものですから、理太さんが欲することに、私が応えた。それだけです」


 あなたのもの。

 あなたが欲するもの。


 何度も聞いていながら、未だに遠いその言葉。

 今日の人間らしい一面を全て打ち消すような、彼女の台詞。


 「服が少ない」といって、僕がそれを不満として受け取ったということはつまり、僕が彼女に、心のどこかで、色々な服を着てほしいと願った、ということなのだろう。

 つまり彼女のあの発言はブラフ、あるいは鎌かけだったわけだ。総ては、僕のための。

 そこまでして、彼女は……。


 ――奉仕の心。

 ――滅私奉公。

 それはまるで戦時中の心持じゃないか……!


 僕は散々自分勝手に生きてきたけれど、それは誰もが許されるべき自由であって、どんな事由があろうと、それを妨げられてはいけない。

 そうじゃなきゃ、僕は――。


「夕雨」


「なんですか?」


 その双眸は、透き通ったブルー。青色には精神を落ち着ける効果があるという。踏切の青色電灯は、そういった意味で自殺防止になっているらしい。

 僕もその恩恵を十分に受けたらしく、彼女の青色ひとみを見てしまうと、大声を出す気力は無くなって、


「――帰ったら! 話しをしよう……」


 僕は竜頭蛇尾の口調で彼女に告げた。


「分かりました」


 彼女らしい即答に、僕はため息をついた。




 



 


 







 


 



 

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます