緋色の王様

三上 エル

短編版『緋色の王様』

忘れてしまった赤

「おうさまのかみは、どうしてそんなにまっかなの?」


 手を引く子供にそう尋ねられて、彼は戸惑ったように笑った。


「さあ、どうしてだろうね? 生まれつきこうだったから、分からないや」

「そうなんだあ。でも、おうさまのまっかなかみ、とってもきれいだね。めも、おんなじあかいろで、すてきだね」


 きらきらした瞳で子供は言う。その身にまとう服は布きれ同然のぼろぼろで、顔もすすで汚れていた。彼はこの子が男の子か女の子か分からなかったけれど、それはどちらでもいいことだった。


「ありがとう。もうすぐ教会に着くよ。今夜から、教会が君の家になる。もう、寒い外で凍えることも、食べ物に困ることもなくなるよ」

「ほんとう? おうさま、ありがとう」


 でも、と小さな子供の大きな瞳が影を帯びる。彼にとってそれはとても見慣れたものだった。スラムで生まれ育った人間は、大人も子供もみんな同じ目をしていたから。


「どうして、たすけてくれるの? いままで、どれだけおおきいこえでたすけてっていっても、だれもきいてくれなかったのに」


 小さな声で尋ねる子供に彼は優しく微笑んで、その低い目線に合わせるようにしゃがみ込むと、教え諭すように答えた。


「子供は希望そのものだからさ。このスラムには希望のかけらもないように思えてしまうけど、君のような子供達こそ未来への鍵だ。そんな君たちが飢え、凍えて死んでいく姿を見るのが、僕は耐えられないんだよ。幸い、僕には君たちを守る力がある。だから、僕が出来る限りは君たち子供を助けたいんだ」


 今まで向けられたこともないような優しい笑顔に安心したのか、子供はふわりと笑った。教会へと向かいながら、子供は無邪気な笑顔で尋ねる。


「きょうかいって、どんなところなの?」

「教会はとても大きくて、温かくて、素敵な場所だよ。君くらいの歳の子供がたくさんいる。みんな良い子たちだから、すぐに仲良くなれるはずさ」

「なかよく……それって、ともだちができるってこと? ともだち、ずっとほしかったんだ!」

「そうか。友達、たくさん出来るよ。ほら見てご覧、ここが教会だ」


 その教会は今にも崩れ落ちそうなほど古かったが、とても大きくて立派な建物だった。


「うわあ……」


 子供は今までにちゃんとした建物を見たことがないのだろう、口をこれ以上ないほど開けて呆然としていた。スラムにある建物はほとんどが戦争で焼け落ちた廃墟なので、驚くのは当然のことではあるけれど。


「さあ、寒いだろうし早く中に入ろう」


 彼はそう言って扉に手を伸ばすことなく進もうとして、ああ、そうだったと小さく呟いて扉に触れた。


 トン、トントントン、トン、トントン。


 合図を叩けば、中から扉がゆっくりと開く。現れたのは、長い前髪で左目を隠した青年だった。夜空のような紺色の髪の奥の真っ赤な瞳が、どこか異質な雰囲気を感じさせる。


「お帰りなさい、緋色の王様。その子は……」


 静かな声で問いかける青年に、彼は幸せそうに微笑んだ。


「そう、いつものだよ。ねえ君、彼はニック。赤い目が怖いかもしれないけど、とても優しい子だから仲良くしてあげてね」


 子供に向かって青年を紹介し、じゃあ、と言って彼は教会の奥に消える。


「え……あ……おうさま、まって……」


 突然置いて行かれて、子供は戸惑い彼を呼ぶけれど、その声はもう彼には届いていない。


「王様を呼んでも無駄だよ。あの人はたくさんの子供たちの世話で忙しいから、新しく来た子にここの説明をしている時間がないんだ。許してあげて」


 代わりにニックと呼ばれた青年が子供に声をかける。子供はその鋭く真っ赤な瞳に怯えた様子を見せたが、柔らかく微笑む姿に落ち着いたらしく、素直に頷いた。


「ここは君みたいに行き場の無い、スラムで独りぼっちの子供たちを助ける場所なんだ。ここにいる限り、君は温かい暖炉の前でお腹いっぱいご飯が食べられるし、ふかふかのベッドで他の子供たちと一緒に安心して眠れる。俺たちから君にお願いしたいことは一つだけだ。絶対に、ここから出ないこと。外がとても危ない場所だってことは君もよく知ってるだろう?」


 子供は大きく首を縦に振る。


「それだけ守ってくれれば、何をしても構わないよ。何か分からないことはあるかい?」


 そう聞かれて、子供は好奇心に目を輝かせながらニックに問いかけた。


「どうして、ここはこんなにあかりがあるの? よるなのに、どうしてこんなにあかるいの?」


 教会の中はたくさんの蝋燭に火が灯されて、夜でも暖かな光に溢れている。夜には真っ暗になってしまうスラムでは絶対に有り得ない光景のはずなのに、ここではそれが当然のように実現されていた。


「それはね、王様が皆のために蝋燭をたくさん持ってきてくれるからだよ。そして、王様は魔法が使えるからさ」


 それを聞いて、子供は大きな瞳がこぼれ落ちそうなほどに目を見開く。


「おうさまは、まほうがつかえるの? まほうがつかえるのは、かべのむこうのひとたちだけだってきいたよ? スラムにいるひとたちはみんな、まほうがつかえないからおいだされたんだって」

「そうだね、それは本当のことだよ。スラムの人たちはみんな、魔法が使えない。でも、魔法が使えないから追い出されたんじゃない。追い出されたから魔法が使えなくなったんだよ。魔法の力は、人が何かを強く願う思いの力だ。スラムの人たちは皆、願うことを止めてしまったから魔法が使えなくなったんだ」


 ニックの説明に、子供は首を傾げる。君にはまだ早かったかな、とニックは苦笑いをした。


「まあ、とにかく皆は魔法が使えないけど、王様は使えるんだ。だから、王様が蝋燭に火を付けて俺たちを照らしてくれてるんだよ。ここで俺たちが食べ物にも寒さにも困らず安全に暮らしていけるのは、全部王様のお陰なんだ。それを忘れてはいけないよ」

「うん!」


 素直に頷く子供の様子にニックは満足そうに微笑むと、子供の手を優しく引いて、教会の奥へと連れ込む。


「まずは温かいお風呂に入って、汚れを落としてこよう。他の子供たちに手伝わせるから、初めてお風呂に入ると思うけれど安心して良いよ」


 お風呂、がよく分かっていない様子の子供にそう告げて風呂場へと向かいながら、そういえば、とニックは問いかけた。


「王様は、君の名前を聞いたかい?」

「ううん、きかれなかったよ。おうさまのなまえも、おしえてくれなかった」

「そうか」


 その答えを聞いたニックの表情が一瞬凍り付いたように無表情になったことに、子供は気づかない。


「……じゃあ、君の名前は必要ないってことだな」

「え?」


 戸惑いニックを見る子供に、彼は突然前髪を掻き上げて左目を見せた。瞬間、辺りが真っ赤な光に包まれる。子供は立ったままで一瞬気を失ったが、すぐに何事も無かったかのように目を覚ました。


「ニック、おふろってなに? こわい?」


 その頭から先ほどまでの名前についての会話に関する記憶の一切が失われていることに、子供は気づかなかった。何事も無かったかのように、お風呂について問いかける。


「怖くないよ。大丈夫、とても素敵なものだから」


 微笑んで答えるニックの左目は変わらず長い前髪に隠れて見えなかった。


「さ、ここがお風呂場だよ。子供たち、この子に色々教えてやってくれ」


 ニックが風呂場の脱衣室で声をかければ、待ち構えていた数人の子供たちが一斉に新入りの子供の元に集まってくる。


「初めまして!」

「仲良くしてね!」

「いろいろ教えてやるよ!」


 すぐに新しい子供は周りと打ち解けて、わいわいと楽しそうにおしゃべりが始まった。


「後は頼んだよ」


 ニックはそう言って姿を消す。新しい子供は、自分がここに連れてきて貰えた幸運に心から喜んでいた。自分も周りも、誰一人として名前を聞くことも教えることもしなかったということに、子供はもう二度と気づくことはない。自分に名前があったのかどうかさえ、子供の頭からは消えていた。ただ、子供がとても幸せだったことだけは確かだった。



※※※



 ニックが緋色の王様を探して教会内を歩いていると、礼拝堂から賑やかな声が聞こえてきた。入れば、王様が何人もの子供たちに絵本を読んでやっている。


「————そうして二人はいつまでも幸せに暮らしました。おしまい」


 丁度物語が終わったらしく、子供たちが口々に感想を述べていた。王様は一人一人の言葉に優しく耳を傾ける。彼の真っ赤な、そして信じられないほど長い髪は、小さな子供たちの毛布代わりになっていた。真っ赤な髪にくるまって肩を寄せ合う子供の姿はどこか神聖なような、それでいて非常に冒涜的な、そんな不穏な印象を与える。


「王様。礼拝堂は暖炉が無いから寒いのに、どうしてこんなところで絵本をよんでやっていたんですか」


 ニックが咎めるように尋ねれば、王様はいたずらっ子の顔をして言い訳をした。


「ごめんよ、ニック。どうしても、礼拝堂に来たくてね。そうしたら、子供たちがこの絵本を読んで欲しいというものだから」

「前も一度止めてくださいとお願いしたのに。子供たちが風邪を引いたらどうするんですか」


 王様に苦言を呈すニックの様子を見て、子供たちが彼に群がって王様を擁護する。


「ニック、おうさまをおこらないで!」

「わたしたちがこの絵本よんで、ってたのんだのがいけなかったの。王さまはわるくないわ!」

「にっく、ごめんなちゃい」


 寄ってたかって謝罪されて、ニックは分かったよ、とため息をついた。


「王様を怒るのは止めるから、皆はもう寝なさい」


 はーい! と元気に返事をして、子供たちはとてとてと走って自分達の部屋に帰っていく。その様子を見送って、ニックは礼拝堂のベンチに座る王様の隣に座った。


「あの新しい子供は無事に皆に溶け込めたかい?」

「ええ、問題ありません。もうすっかり馴染んでしまったようで、どれが新しい子だったか分からなくなってしまった」


 ニックの言葉に王様はそうだね、と言って笑う。その表情はとても無邪気で、まるで子供のようだった。


「僕にももう分からないや。分かる必要もないしね」


 それからしばらく、二人は黙って礼拝堂をぼんやりと見つめていた。


「何の本を読んでやったんです?」


 ニックがあまり興味もなさそうに尋ねる。


「ああ、これはね。僕が描いた絵本だよ」

「……あれですか。あれは良くない。教育に悪いですよ」

「そう言われても、あの子たちがこれを読んでって言ったんだから仕方が無いじゃないか」


 その絵本の表紙には何も書かれていない。ただ、真っ赤に染められただけの表紙。


「君が小さい頃に、君のために描いた絵本なのに。君はこれを見せる度に泣き叫んでいたっけね」

「……覚えていません」

「そりゃあ、君はあの頃のこと、全部忘れたいと願っていたからね。何で子供たちに君も魔法が使えること教えないの」

「説明するのが面倒だからです。子供は何も知らない方が可愛げがあっていい。俺は全然可愛くなかったでしょう」


 そう言われて、ニックと同じくらい若く見える緋色の王様は声を上げて笑った。


「そりゃあ、可愛いわけがないだろう! 僕は君を可愛がりたくて連れてきたわけじゃなかったもの。今はそんなことないけどね? 君はとっても良い子に育ってくれた! 僕の言うこと何でも聞いてくれる可愛い可愛いニック。大好きだよ」

「気持ち悪いです。子供扱いはもううんざりだ」

「相変わらずひどいなあ」


 そのとき、礼拝堂の扉を開ける音がして二人は振り返る。


「おうさま。あのね、こわくてねむれないの。こもりうたをうたって?」


 心細そうに震える一人の子供が礼拝堂に入ってくる。その小さな体を王様は抱きしめて、もちろんいいとも、と微笑んだ。


「ニック、この絵本片付けといてくれ」


 王様は子供を抱きかかえて礼拝堂を出る。残されたニックはしばらく置いてきぼりにされた赤い絵本の表紙を見つめて、やがてゆっくりとページをめくった。


『昔々、あるところに、一人の少女がいました。ぼろを纏ってはいるものの、綺麗な赤い髪をしたとても可愛らしい少女です。彼女はスラムで弟と一緒に暮らしながら、いつかスラムを抜け出して城壁の内側で暮らすことを夢見ていました。スラムの人々が城壁の中で暮らすには、城壁の中で暮らす人々の家族になるほかありません。決して叶わないはずの夢でしたが、それでも少女が希望を捨てることはありませんでした。


 そんなある日、城壁の中で暮らす貴族の若者が、お忍びでスラムにやってきました。スラムがどういう場所なのか知りたいと考えていた若者は、視察の途中で偶然少女と出会いました。二人はすぐに恋に落ちます。若者は少女に一緒に城壁の中で暮らそう、と言いました。少女はすぐに了承し、若者が城壁の中から連れてきた神父に頼んで、スラムの中で唯一形を残しているぼろぼろの教会で結婚式を挙げました。参列者は彼女の弟だけでしたが、少女と若者にとってはこれ以上無いほど盛大で、幸せな結婚式のように思えました。


 そして、結婚式の次の日に、若者は花嫁を連れて城壁の中に帰っていきました。二人の間には可愛い男の子が生まれ、よりいっそう二人を幸福にしました。そうして二人はいつまでも幸せに暮らしました。おしまい』


 絵本の内容はよくあるシンデレラストーリーで、そこまで上手い絵でもない。少女とその弟の真っ赤な髪と瞳がとても印象に残るくらいで、大した内容ではなかった。


「なんで子供たちはこんなものを読んでもらいたがったんだろう」


 彼はこの絵本が何より大嫌いだった。幼い頃これを見る度泣いたなどという記憶はとうの昔に消してしまったけれど。




※※※




「おうさま、どうしておうさまは、みんなをたすけてくれるの?」


 他の子供たちはもう眠ってしまって、眠れないという子供と王様は彼らを起こさないよう小声で話していた。


「それは、子供は希望そのものだからさ。このスラムには希望のかけらもないように思えてしまうけど、君のような子供たちこそ未来への鍵だ。そんな君たちが飢え、凍えて死んでいく姿を見るのが、僕は耐えられないんだよ。幸い、僕には君たちを守る力がある。だから、僕が出来る限りは君たち子供を助けたいんだ」


 その答えに、子供は考え込むように黙る。そしてはっと顔を上げるとこう告げた。


「じゃあ、おうさまはわたしたちにしてほしいことはないの? わたし、おうさまのことがだいすき。だから、おうさまのためになにかしたいの」


 それを聞いた王様は少し驚いた顔をして、それから小さな子供の体を抱きしめた。


「そんなことを言ってくれるなんて、嬉しいよ。じゃあ、一つお願いしても良いかな?」

「うん!」


 王様はとても嬉しそうに、それでいてどこか熱に浮かされたように願いを告げる。


「僕の願いが叶うように、願って欲しいんだ。魔法の力は、強く願う思いの力だから。君が強く願ってくれたら、きっと僕の願いは叶う」


 子供はあまり理解は出来なかったようだったが、決意を込めて頷いた。


「わかった。おうさまのおねがいごとが、かないますように!」

「ありがとう」


 まるで神の祝福を受けた迷い子のように、そして悪魔に魂を売り渡した罪人のように、王様は歓喜に満ちた声で感謝を告げる。


「ふわあ……なんか、ねむくなってきちゃった……。おうさま、こもりうた、うたってくれる?」

「もちろん」


 静かな声で、王様は歌った。賛美歌のようなそれは、優しく子供を夢の世界に誘う。すやすやと寝息が聞こえたのを確認して、王様はそっと部屋を出た。




※※※




「君もまだ起きていたの? 君にも子守歌、歌ってあげようか」


 王様が談話室に向かうと、そこには一人絵本を見つめるニックの姿があった。


「あれ、それしまってくれてなかったんだ?」

「改めて読むと、酷い話だなと思って。ありきたりで退屈でつまらない」


 吐き捨てるようなニックの言葉に、王様は肩を竦める。


「仕方がないだろう? だって、それが事実なんだから」


 昔を思い出すように、懐かしげに目を細めて王様は笑った。


「姉さんは僕を捨てて壁の向こうへ行った。そして愛しの人と幸せに暮らしてる」


 自らの引きずるほど長い赤い髪を、彼は愛おしそうに撫でる。


「素敵な話でしょう? 姉さんは壁の向こうで幸せに暮らして、僕はスラムでぼろぼろのまま、不幸の底に沈んでのたれ死ぬ運命。でも、それじゃあまりに理不尽だから」


 楽しそうに、無邪気に、彼は運命を呪った。ニックはただ無表情にその言葉を聞いている。


「だから、願ったんだ。そうしたら、魔法が使えるようになっていた。そして僕はスラムの王様になった。ここじゃ誰も僕には逆らえない。城壁の中からほんの少しだけ流れてくる食料は全部、僕の元に届けられる。スラムにごろごろいるゴミどもには一つもやらない。誰にも必要とされないゴミは死ねば良い。あいつらには希望も願いもないのだし。蝋燭だって、服だって、毛布だって、全部僕のものだよ。逆らう奴らは皆殺した。そしたら、いつの間にか皆僕を緋色の王様と呼ぶようになった。この長い髪はね、忘れないためのものなんだ。姉さんが僕を捨ててから、どれだけの月日が経ったのか。こんなに長くなったってことは、きっともう信じられないほどの時間が経ってるんだろうね」


 ニックの表情は最早前髪に隠されて全く見えなくなった。


「僕はね、特別な魔法が使えるんだ。火を起こしたり、風を操ったりすることくらいは、城壁の向こうの人間なら誰でも出来る。でも、僕はとっても強く願ったから、彼らには使えない魔法が使えるんだ」


 そして彼はニックの前の机の上に置かれた絵本に手を伸ばす。しかし、彼の手は絵本に触れること無くそれをすり抜けた。


「僕は『触れたい』と思ったもの以外はすり抜けることが出来る。だから、城壁なんてあってないようなものだった。きっと僕が城壁を越えたいと強く願ったから、この力を使えるようになったんだね。そして僕は姉さんに会いに行った。会ってどうしたいのかは分からなかったけど、ただ会いたかった」


 ニックの握りしめた拳が震える。


「姉さんは幸せそうだった。七歳の息子と、愛する夫と三人で平和に暮らしてた。城壁の中には、飢えて死にかけてる人なんて一人もいなかった。捨てられている子供は一人もいなかった。僕は気が狂いそうだった。どうしてかは分からないけど。でも、思ったんだ。この人たちがみんなこんなに幸せなら、ちょっとくらい不幸も味わっておくべきじゃないかって。だから、姉さんの子供を攫っていくことにした。姉さんの幸せの代わりに、子供が不幸になれば僕の心は慰められるんじゃないかと思ってさ」


 王様はうなだれるニックの顔をのぞき込んだ。苦しげな彼の姿を見て、王様は心底満足そうに笑った。


「それが君だよね、ニック」


 突然、ニックが緋色の王様につかみかかった。その華奢な体を押し倒し、力の限りのその細い首を絞めようとする。けれど、力を入れようとした瞬間その手は王様の体をすり抜けて、気がついたときには王様はニックの下から抜け出していた。


「ねえニック。僕のことが憎い?」

「……憎い。あんたさえいなければ、俺は両親の元で幸せに暮らしてたはずだった」

「そうだろうともね。僕のこと、殺したいかい?」

「そのためだけに、生きてきたんだ」

「そっか。じゃあ、僕を殺すまでは、君はずっと僕の側にいてくれるよね?」


 黙り込むニックとは対照的に、王様はずっと笑っている。


「大丈夫。死ぬときは君に殺されてあげるから。今はまだ死ねないんだ。城壁の中の人たちの幸せを根こそぎ奪い取るまでは死ねないの。僕の力は強いけど、さすがにそこまでの力はないから。だから、子供たちに手伝ってもらうんだ」


 再び顔を上げたニックには、もう先ほどまでの憎しみは消えていた。


「分かっています。子供たちがあんたの願いの成就を願えば願うほど、あんたの力は強くなる。子供の願う力は強い。だから子供を集めて、優しくして、あんたの願いが叶う日まで待つと決めた。大丈夫。取り乱してすみません。子供たちの願いが十分集まって、あんたの願いが叶えば、俺はあんたを殺せる。だから、協力すると決めたんでしたね」

「思い出してくれて良かったよ。やっぱりその絵本はしまっておこう。これを見る度君が情緒不安定になるのはちょっと面倒だからね。それにしても安心した! まさかその約束まで君の力で忘れてしまったのかと不安になったよ」


 張り詰めていた緊張の糸がほぐれたようで、ニックはその言葉にふっと笑う。


「大丈夫です。俺の力は消したい記憶を消す力なので、意図しない記憶まで消したりしません。まあ、両親のことは全く覚えていませんが」

「じゃあさ、君の親は僕ってことにならないかな?」

「あなたの子供なんてまっぴらごめんです」

「ひどいなあ」


 二人は顔を見合わせて笑い合った。先ほどまでの憎悪が嘘のように、本当の家族のように二人は笑う。


「ああ、でも、あなたのこと、俺がきっと一番よく分かってると思います。癪ですが。あなたが母に会いたかった理由は多分」

「……え?」


 王様は本気で戸惑った顔をした。ニックが長年一緒にいて、一度も見たことのない顔。


「自分の名前を、教えてもらいたかったんでしょう。あなたはもうずいぶん、自分の名前を忘れたままだから」

「……だって、誰も、呼んでくれなかったからね」


 王様は迷子の子供のような表情で呟く。


「ああ、そっか、そうだったのか。僕は、名前を、思い出したかったのかな」

「まあ、俺が勝手に想像しただけですけどね」


 夜が更けても、二人は眠らない。何をするでもなく、ぼんやりと暖炉の前のソファに座ったまま。


「ニックの力って、自分の記憶以外も消せるよね」

「ええ。ただ、相手から消した記憶については俺も忘れます。何を消したかは分かりません」


 暖炉の揺らめく火を見つめながら、王様は心ここにあらずと言った様子で問いかける。


「ずっと不思議に思ってたことがあるんだ。子供って、永遠に子供のままじゃないよね?」

「そうですね」

「僕らが子供を集め始めてから、もう随分経ったけど、その間に子供の何人かは大人になったはずじゃない?」

「そうですね」

「彼らはどこにいったんだっけ? 大人はいらないから、どこかにやったんだと思うんだけど、全然覚えていないんだ」

「……俺も、覚えていないです。俺の力で、忘れたのかもしれないですね」

「やっぱりそう思うよね? 子供たちを見てると、時々真っ赤な何かがちらつくんだけど……あれはなんなんだろう」


 心底不思議そうに、彼は考え込んでいた。しかし、ふっと明るい顔に戻る。


「まあいいや。忘れてるってことは、忘れて良いことなんだろう。何であれ子供たちは幸せなはずだし。ああ、いつ僕の願いは叶うのかな。あと百人くらい子供を連れてくればいいのかな」

「さあ、どうなんでしょうね。早くしてください。はやくあなたを殺したいので」

「君は相変わらずひどいなあ」

「そういう風に育てたのはあなたですよ」


 だって、とニックは笑う。


「あなたは俺に殺されたいんでしょう」


 そう言われて、王様は夢見心地でうっとりとした表情で頷いた。


「君は本当に良い子だね」


 空には赤い月が輝いて、真っ暗な夜を禍々しく照らす。天使たちの安らかに眠る教会で、眠らない悪魔たちはひたすら願いの成就を祈るのだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます