戦車は野を轟かせ

作者 スヴェータ

33

12人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

国を個人に例えた時、拳骨に当たるのが国軍だろうか。

「いざ!」となればどうにもならない。ゲンコツ自体に意思はいらない。
どんな掃き溜めの中でも命令に従い、粛々と事を為す。それだけ。
そんなゲンコツ自体も一皮剥けば、笑うし泣く。

そんな彼らの喜怒哀楽が、皆さまの何かを揺すると思います。

★★★ Excellent!!!

我々は今、「カクヨム」と言う名のコンテンツに集い、作品を書いて読んでいる。

弾丸と爆薬が人の命を容易く蹂躙する。
それは既知の、周知の事実。

しかし、諸君はもう一つ知っている。

人の持つ力とは、それだけでは無い。
そしてその力は時に私達を嘲るのだ。

本作を読んだあなたは、スヴェータ氏の他の作品を見て欲しい。
力の威力がより一層理解出来る事だろう。