おわりに

第19話 「小説」に期待する事

 出版社が担う役目は現在多岐に渡り、新聞等のマスメディアから娯楽としての小説まで、人々の生活に深く根差した物となっています。


 それでも出版業界が斜陽だと言われるのは、情報を誰でも簡単に手に入れられる時代になったからでしょう。


 スマホの普及による消費者行動の変化。

 Amazonに代表されるパラダイムシフト。

 SNSによって拡散される様々な情報。


 より多くの人に、より多くの情報が触れられるようになりました。


 しかし、小説は”単なる情報”ではありません。


 誰でも作り出す事はできますし、似たような内容のものであっても、同じものは一つとしてないでしょう。


 そして、生きていく上で必須でもなければ、人類の未来を発展させるための研究でもありません。

 役に立つ情報が載っているわけでも、資格取得のメソッドが語られているわけでもないのです。


 言ってしまえば、無くても良いものであり、現状では需要と供給が釣り合っていません。


 では、何故そもそも「小説」というコンテンツは出来上がったのでしょうか。



 ――「」からです。



 作家は自分の考える最高に「面白い」話を人に届け、相手を「感動」させたいと願いました。


「感動」とは心の動きです。


 泣いたり、笑ったり、憧れたり、気味悪がったり。


 そういった読者の心を揺さぶり、思考を書き換え、何年たっても色あせない情動を刻み付けたい。


 


 そういった”欲求”によって動いている生き物だと思います。

 出版業界の在り方が変わったとしても、作り手の根本は変わらないでしょう。


 しかし、「小説」の在り方は変わってきました。

 今後も変わっていく事でしょう。


 何もそれが悪い事だとは思っていません。


 至極当然の事です。

 読む人が、世代が、時代が、社会が変わっているのですから。


 では、それら変化の中で「小説」が必要とされなくなった時。


 作家はどうすれば良いのでしょうか。


「小説」に期待されている事は面白いかどうかであり、それを判断するのは読者です。

「読者=消費者」ではなくなってきた現在、小説は新たなステップへと進んでいます。


 その行きつく先がどこであれ、きっと私は小説を愛し、そして小説を書いている事でしょう。


 作家とは、本来そういった生き物なのですから。






 これにて、本エッセイは完結となります。


 最後になりましたが、ここまでお付き合いいただき、誠にありがとうございました。

 少しでも皆さまにとって、意義のある論考になっていれば幸いです。


 ――橘ミコト



  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます