桃狩鬼譚

作者 橘紫綺

すべてのエピソードへの応援コメント

  • (3)へのコメント

    読了しました。めっちゃ濃いキャラの掛け合い、楽しませていただきました(^^
    鳥派の私は鵺さん好きなんですが、苦労性で狼気質な戌斬さんもなかなか良いです。正真正銘の人間(たぶん)であるはずのお父様が気質も能力も一番人外じみていて、根っからの妖であるはずの鵺さんが一番人間臭かったってギャップも、面白く思いました。
    導入部分、説教ターンなど、もう一工夫があれば読みやすさが増すのではないかと思います。(詳しくは近況ノートに)

    とりあえず皆んな無事で、ほっとしました(^^
    企画への参加、ありがとうございました。

    作者からの返信

    あああああありがとうございます!
    キャラクターたちのことを気に入っていただけてありがとうございます!
    説教ターン。すみません。あれ本当に、すみません。
    自分でも突如始まった嫌がらせの長さにどうすることも出来ませんでした。

    お忙しい中、読み切って下さって本当にありがとうございます(≧▽≦)

    近況ノートに『お礼は不要』とのことでしたが、読んで下さったことに対すると言うよりは、今後の参考になるアドバイスに対してのお礼を……って、結局お礼って言ってる(。-`ω-) あの、規約に反していましたら、そっと削除しておいてください(^-^;

    2019年6月25日 22:15 編集済

  • (3)へのコメント

    はふ――――っ!(大満足の吐息)
    面白かったです~っ!!*。ヾ(。>v<。)ノ゙*

    おとぎ話のように、「めでたしめでたし」と締めくくりたいラストですね!(*´▽`*)
    ……桃狩はこれからも苦労しそうですけれど(苦笑)
    あ、次は我鬼も加わって、やいのやいのとやりあうことになりそうな戌斬もでしょうか( *´艸`)

    猿我さんも無事で、本当によかったです~っ!(*´▽`*)
    鵺は少しは猿我さんの中で株が上がったでしょうか?( *´艸`)

    そして、なんだかんだで最強だった草禅さん!(≧▽≦)

    どの登場人物も魅力的で、正直、もっと続きを読んでみたい気持ちでいっぱいです!(≧▽≦)
    我鬼が加わったら一行のバランスがどうなるのかとか、猿我さんの気持ちは誰に傾くのかとか、芙蓉さんの元に帰って、みんなできび団子で宴会しているところも見てみたいです!(*´▽`*)
    と、桃狩達がみんないきいきしていたので、想像が止まりません!(≧▽≦)

    毎日、更新が楽しみでした!( *´艸`)
    素敵な物語をありがとうございました~っ!ヾ(*´∀`*)ノ

    作者からの返信

    こちらこそ、更新する度にお読みいただき、その都度コメントを頂き、楽しい時間を過ごすことが出来ました(≧▽≦)

    本当にありがとうございます!
    彼らのその後を想像してもらえるだけで、読んでもらえてよかったと心から思います!

    楽しんでいただけてありがとうございました(≧▽≦)

    2019年5月27日 22:50

  • (2)へのコメント

    まさかの、最後で桃狩が戌斬に刀を振るう展開……っ‼(((((; ゚Д゚)))))
    手に汗を握りつつ、桃狩を応援しちゃいます!(><)

    そして、草禅様の一喝、格好いいです……っ!(≧▽≦)

    作者からの返信

    はい。桃太郎をモチーフにした物語でした。
    鬼退治も無事に終わりまして。桃狩もちょっと成長したんじゃないかと思います。

    ええ、もう。ね。草禅様だって怒るんですよ( *´艸`)

    2019年5月27日 22:48

  • (1)へのコメント

    戌斬……っ!! 震えがくるほど格好いい……っ!(*ノωノ)
    桃狩と戌斬のこの二人は、やっぱり素敵だな~と思います!( *´艸`)

    ……明日で完結なんですよね……?(><)
    早く結末まで見たいという気持ちと、終わってしまう寂しさで複雑です……。゚・(>﹏<)・゚。

    作者からの返信

    これまで、鵺が出て来てから鵺にばかり良いところ……と言うか、見せ場を取られていましたので、ようやくここに来て戌斬のカッコ良さを伝えられたような気がします。

    えへ。キャラクターを褒められるとやっぱり嬉しいですね( *´艸`)

    はい。今日27日で投稿は終了いたします。
    初めから最後まで毎日追い掛けて下さり、本当にありがとうございます。
    お気に召してもらえたら幸いです(*´ω`*)

    2019年5月27日 09:11

  • (5)へのコメント

    >私の息子二人は手強いぞ?
    戌斬……っ! よかったね……っ!(涙)
    となりました。・゚・(´^`*)・゚・。

    我鬼との最終決戦!
    もう、戦闘描写が見事で、息を詰めるように読んじゃいました!(><)

    作者からの返信

    言わせたかったんです。その台詞! どうしても、草禅に!(笑)

    はい。と言うことで、戦闘描写お褒め頂きありがとうございます!
    イメージが伝わってよかったァ~

    2019年5月27日 09:08

  • (4)へのコメント

    もう、言葉もなく、ただただ橘様が紡がれる物語に圧倒されておりました……っ!
    鳥肌が立ちます……っ!

    鵺の猿我さんの心情が、それぞれ切なすぎて……っ(涙)
    『雉も鳴かずば撃たれまい』この昔話、本当につらいですよね、涙なしには読めません(><)

    ああぁっ、でもとにかく今は猿我さんが無事であってほしいです……っ!(祈)

    作者からの返信

    私、何故か昔話で『雉も鳴かずば撃たれまい』が一番印象に残っておりまして。他の誰もが内容を言っても知らないと言う中で、私だけは絶対にこの昔話があったと強く強く信じていて。

    桃太郎の物語を書くとき、絶対に雉に関してはこれを根っこに置こうと思っていました。だからこその、猿我に対する感情が、これまでになかったものになったのです。

    でも、その思い入れが強かったせいか、本当に主人公たちを押し退ける勢いで暴れ回る存在になってしまいました。

    猿我が無事であるかどうか……。
    更新は27日ですべて完了しますので、最後まで見届けて頂けれたら幸いです。
    本当に毎日ありがとうございます(ノД`)・゜・。

    2019年5月26日 00:00

  • (3)へのコメント

    こーれーはー……っ! なんて卑怯なっ⁉(# ゚Д゚)ノ

    もう、絶対に桃狩と猿我さんは手が出せないじゃないですかっ!!(# ゚Д゚)ノシ
    でも一方で、鵺はもちろん、戌斬もどうしても必要となったら、手を出しそうだと思いました……(><)

    作者からの返信

    ね! 傍に桃狩と猿我が居なければ、ええ。鵺は問答無用でしたでしょうね。
    戌斬は…………命は取らないまでも、身動きが取れなくなるぐらいのことは……いや、一応。気絶させるに留めると言う意味で、手を出していたことでしょう。
    それを回避するために、また桃狩が投げ飛ばされているのですが、今回の旅で桃狩は何度鵺に投げ飛ばされていたのでしょうかと思わなくもないこの頃です(;´∀`)

    2019年5月25日 23:53

  • (2)へのコメント

    ……戌斬さんは、桃狩に言えない過去を抱えていそう、と思ってしまいました……(*ノωノ)

    猿我さんは、女心が切ないですね(涙)
    桃狩には見られたくないですよね……(><)
    桃狩は絶対に、そんなことで態度が変わるはずがありませんけれども!

    三人がきたということは、次は桃狩の活躍ですね!!(≧▽≦)

    作者からの返信

    ふっふっふ。戌斬の桃狩に言えない過去と、桃狩自身の大活躍は……もう少し後になってしまいます。

    人が気にしなくても、自分が気になってることって、どうしても気になりますからね。判って下さってありがとうございます(>_<)

    2019年5月24日 22:18

  • (1)へのコメント

    以前の戦闘シーンを読んだ時も思いましたが、鵺は近接戦闘派ですよね……っ!(≧▽≦)
    私は戦闘シーンが特に苦手なので、こんな格好いいシーンが書ける橘様が羨ましいです!(*´▽`*)

    作者からの返信

    戦闘シーン褒めていただいてありがとうございます!
    鵺の豪快な闘いっぷりを表現できていたら幸いです(*^▽^*)
    出来れば、もっと戌斬を活躍させたいんですけどね。
    この物語は戦闘シーンが凄く書きやすかったです(*´ω`*)

    2019年5月24日 22:14

  • (5)へのコメント

    決戦前の静かなひと時という感じですね……(*´▽`*)
    四人と草禅様と左右が仲良くキビ団子を食べられる日が来ることを、思わず祈ってしまいます(>人<)

    作者からの返信

    決戦前。しっかりと腹ごしらえをしなくてはなりません。
    私、こういう決戦前の一時とか、時間の流れを書くのが苦手なので、上手く違和感なく表現できていたらいいなぁ~と思います。

    2019年5月24日 22:13

  • (4)へのコメント

    いやもう、ほんと! 鵺がいいキャラですね――っ!(≧▽≦)
    シリアスなこの物語に絶妙な笑いをはさんでくれる上に、展開をぐいっと動かす破天荒さ! もう、たまりませんっ!( *´艸`)

    作者からの返信

    もしかしたら、私はこういうキャラを書くのが好きかも知れません。
    書き手としてはとても助かる男ですが、リアルにいたら、きっと私は近寄っていないと思います(;´∀`)

    2019年5月23日 23:19

  • (3)へのコメント

    桃狩の破邪の力はすごいですね!Σ( ゚Д゚)
    四人の縦横無尽な活躍が爽快です!(*´▽`*)

    作者からの返信

    私もこの場面がとても好きです(*´ω`*)
    書いててすごく楽しかったです!
    それを気に入っていただけて嬉しいです( *´艸`)

    2019年5月23日 23:11

  • (2)へのコメント

    自分の苦しさよりも、他者の痛みに敏感なのが桃狩らしいです!
    でも、あんまり無理はしないで……っ! と心配になってしまいます(><)

    ところで。
    >大切な者を奪われたて逃げ惑うしかない
    微妙に何か抜けているのでしょうか……?(><)

    作者からの返信

    そうなんです。桃狩はそんな良い子なんです(>_<)

    そしてそして。微妙に何かが抜けているのではなく「奪われたて」は「た」が余計でした(焦)
    すぐに修正してまいりました! ありがとうございます(*´ω`*)

    2019年5月22日 23:05

  • (1)へのコメント

    桃狩がすごくつらそうで……。゚・(>﹏<)・゚。
    少しでも休んでほしいのに、こんな時に……っ!(><)

    ……でも、誰と再会なんでしょう……?
    もしや、草禅さん⁉Σ( ゚Д゚)

    作者からの返信

    本当にね、乗り物酔いをしたことのある方なら分かると思いますが、本当にひどい酔い方をしますと、全く動けなくなるし、同行者とかがいると申し訳ない気持ちでいっぱいになりますよね。私も何度身動きが取れなくなったことか……(;´∀`)

    再会……は、桃狩と戌斬にとって懐かしいヒトになります( *´艸`)

    2019年5月22日 23:03

  • (3)へのコメント

    乗り物酔いがひどい体質なので、桃狩のつらさがわかります……(><)
    確かに、いっそ吐くものがなくなった方がマシなのかも……(泣)

    作者からの返信

    私も乗り物酔い酷いんですよ!
    だから桃狩の辛さが凄く分かる!
    だから、心からごめんね、桃狩! と思いながら書きました(ノД`)・゜・。

    本当に、毎日追い掛けて下さって、コメントまで下さってありがとうございます(>_<)

    2019年5月22日 07:48

  • (2)へのコメント

    『暗鏡行路』不思議な空間ですね……。
    でも、こんなところで急に一人になったら、猿我さんでなくても、不安になるかと(><)

    って、桃狩に何が⁉Σ( ゚Д゚)

    作者からの返信

    この空間思い付いた切っ掛けが、鵺の一言だったとはここだけの話(コソ)
    妖と半妖と人間。それぞれに与える影響の違いを書けたことが自己満足です。

    桃狩や猿我にしてみれば堪ったものではないですが、見ていた鵺は驚くやら面白いやらだったのではないだろうかと思います。

    2019年5月22日 07:47

  • (1)へのコメント

    『暗鏡行路』とそれを必死に使うまいとする犬斬……。
    最近、猿我さんと鵺にスポットライトが当たっていたので、桃狩と犬斬にも焦点が当たって嬉しいです(*´▽`*)

    作者からの返信

    ええ。もう。主従コンビをもっと前面に押し出したかったのです。
    と言うか、押し出さなければならないとは思っていたのですが、それは何と言うか、ラストの方でどうにかしましたけれど……。
    ええ。鵺さえいなければ。鵺さえこんなに自由奔放なキャラでなければ、もっと戌斬が活躍できたのですが……。焦点を当てられていると思える内容になっていれば幸いです(;´∀`)

    2019年5月20日 23:52

  • (4)へのコメント

    やっぱり、鵺がいいキャラです~!(≧▽≦)

    匂いで二人を見つけるのが、さすが犬斬さんですね(*´▽`*)

    作者からの返信

    本当に、満足にキャラ設定してなかったくせに、主役たちを喰らう勢いで好き勝手してくれる鵺のお陰で、主従コンビの活躍させるタイミングを見失っておりました(;´∀`)

    この辺構成とかなんとか、どうにかしなければならないところだと思いつつ、それでも楽しんでもらえればと思うこの頃です。

    2019年5月20日 23:48

  • (3)へのコメント

    やっぱり鵺さんはいいキャラですよね~(*´▽`*)
    桃狩さんや犬斬さんや猿我さんがとは違った二面性が、鵺さんを引き立てている気がします(≧▽≦)

    作者からの返信

    ある意味、桃狩や戌斬は『箱入り』的な所がありますし、猿我は隠れ暮らしていましたし、そう言う点では鵺は師匠と共に普通に大手を振って人の世で暮らしておりましたから、色々と毛色が異なっているかもしれませんが、何かすごく書きやすいです。この方( *´艸`)

    2019年5月19日 23:36

  • (2)へのコメント

    黒い珠が大将ですか⁉Σ( ゚Д゚)
    なんとなく、妖というと動物ベースのものを想像していたので、いい意味で予想を外されました!(≧▽≦)

    作者からの返信

    ――と、思いますでしょ?
    黒い珠が大将……。

    でも、稀に見栄を張りたがる部下はいるものです。

    2019年5月19日 23:33

  • (1)へのコメント

    猿我さんが、激怒してらっしゃる!(((((; ゚Д゚)))))
    人物の来歴を違和感なく読ませる筆力はさすがですね!(≧▽≦)

    ……でも、怒りに任せて突出してしまって、大丈夫かなと、同時に心配です……っ!:;(∩´﹏`∩);:

    作者からの返信

    そう言っていただけて、画面のこちら側でニヤニヤしております!

    そう。心配なことがこの後起きてたりするのですが、それを巡って少しばかりの騒動が起きたりもしますが、いつも追い掛けていただいてありがとうございます(≧▽≦)

    2019年5月19日 07:32

  • (3)へのコメント

    この一筋縄ではいかない鵺がいいですねぇ~!(感嘆)

    >落とした後は拾い上げれば良い。その落差が大きければ大きいほど、女は落ちる。
    こういう台詞をさらりと書けるのがすごいです!(*´▽`*)

    作者からの返信

    女性からしたら最悪の男のような気がしますが、こんな人に引っ掛かってはいけません。ええもう、引っ掛かってはいけません。

    私としても、こんな問題発言サラリとするキャラは初に近かったかもしれません。鵺は書いていて楽しいです。けど、女の敵です(笑)

    2019年5月19日 07:30

  • (2)へのコメント

    鵺さんの言葉が、心の柔らかいところをついてきますね……(><)
    でも、一行に加わったばかりだからこそ、こういうことを言える立ち位置は大事だなと思います(*'ω'*)

    作者からの返信

    完全に部外者だからこそざっくりと斬り込める事ってありますよねぇ~。
    そこを汲んで下さりありがとうございます(ノД`)・゜・。

    2019年5月18日 20:36

  • (1)へのコメント

    鵺さん、痛いところを突いてきますね(><)

    四人のやりとりがテンポが良くて、ほんと好きです!(*´▽`*)

    作者からの返信

    突如始まる『嫌がらせ』と言う名の説教タイム。

    お世辞にも構成的に絶対必要! と言うわけでもないのですが、これにより三人の立ち位置とか立場とか見せられたらなぁ~と思っておりました(;´∀`)

    2019年5月18日 20:35

  • (3)へのコメント

    なんて悪夢を……っ:;(∩´﹏`∩);:
    それでも気丈に振舞おうとする桃狩くんが健気です(つ﹏<)・゚。

    そして、ついに『キビ団子』が出てきましたねっ!(*´▽`*)

    作者からの返信

    ここ以外に出すタイミングがありませんでした(;´∀`)

    2019年5月16日 22:28

  • (2)へのコメント

    草禅さん、どうなっているんでしょう……?:;(∩´﹏`∩);:
    桃狩くんのためにも、芙蓉さんのためにも、無事でいてほしいです……(>人<)

    作者からの返信

    冒頭で最強人類におわせて囚われの身ですからね。
    見守っていて下さい(ノД`)・゜・。

    2019年5月15日 23:14

  • (1)へのコメント

    人を食ったこの性格、いいですねぇ(≧▽≦)

    ……でも、犬斬さんの胃に穴が開かないですかね?(; ・`д・´)
    もしくは、桃狩くんが犬斬を止めるためにわたわたしそうな……(;´∀`)

    作者からの返信

    なまじ真面目なだけに、身の周りに居なかった鵺や猿我の存在は戌斬にとって心労の貯まる日々になるかと思われます。
    わたし自身書いていて気の毒になりました(;´∀`)

    2019年5月15日 23:11

  • (3)へのコメント

    この派手さ……雉さんですね⁉( ・`д・´)⁺

    猿我さんと幼子のやりとりが、なんだかすごく橘様らしいなぁ、と感じました(*´▽`*)
    心が温かくなるエピソードですね(*´▽`*)

    そして、失礼ながら、猿我さんがセクハラを受けた時に、思ってしまいました……。
    猿我さん、ヒロイン街道爆走中だな、と(*ノωノ)

    作者からの返信

    分かって下さりありがとうございます(≧▽≦)
    ただ、その派手な男の名は……雉とは無関係な名前だったりします(笑)

    幼子とのやり取りが私らしいと言って下さりありがとうございます。
    画面の向こうでニヤニヤしております(*´ω`*)

    そしてそして、このセクハラ話を書いたとき、もしかしたら猿我を主人公に乙女ゲームが作れるのではないかと想像してしまいました( *´艸`)

    三者三様のタイプの男が三人。果たして猿我と共にEDを迎えるのは誰になるのか?! 的な(笑)
    そうなるとまるで違う物語が出来てしまいますけれど、甘々展開は綾束の十八番ですね(^ω^)

    2019年5月14日 23:41

  • (2)へのコメント

    あっ、この一行の財務担当が決まりましたね……(笑)
    気を抜くと、ちょっとだけ~、と使い込みしそうな気配もしますけれども(苦笑)

    作者からの返信

    ええ。桃狩と戌斬は戦闘に関しては問題ないのですが、
    一般常識的な所とかの教育が少々……。
    ええ。素直なんです。値切るなんて思いもつかない二人なのです。
    故に、母上様は心配していたのですね(;´∀`)

    2019年5月13日 23:48

  • (1)へのコメント

    犬斬と猿我のやりとりが楽しいです~!(*´▽`*)

    そして、桃狩様、巧いですよ⁉Σ( ゚Д゚)
    素でやっているとしたら、なんという人たらし……っ!(≧▽≦)

    作者からの返信

    こういう子を『天然たらし』と呼んでよいのでしょうか?
    この子は計算できない子なので。ええ。素直な子なのです(*´ω`*)

    2019年5月13日 23:46

  • (3)へのコメント

    猿我さんの、情が深くて義賊っぽい感じ、好きです!(≧▽≦)
    でも、猿我さんは、犬斬とのコンビが楽しそうな予感がします!( *´艸`)

    ……すみません、私の読解力不足だと思いますが、
    >「さ。戌斬は放したぞ。お前達はどうするのだ?」
    のくだりの台詞が、一瞬、桃狩か犬斬のどちらか、迷ってしまいました……(*ノωノ)

    作者からの返信

    いえいえいえいえいえ。
    戌斬と桃狩の口調は、油断すると同じになってしまうので、混乱させてしまってすみません。
    なので初め桃狩は『ですます』調だったんですが、そうするとあまりに幼くなってしまって、すみません(;´∀`)
    今ちょっと一文追加して来ました(≧▽≦)
    混乱しなくなったと思います!

    戌斬と猿我……と言うか、この先、戌斬がちょっと気の毒なことになりますが、正直私は書いてて面白かった展開があります。果たして、読まれた方も同じような気持ちになって下さるかどうか……ドキドキです(;´∀`)

    2019年5月12日 23:41 編集済

  • (2)へのコメント

    戌斬さん、素敵です! 格好いいです~っ!!(*´▽`*)

    作者からの返信

    分かって下さってありがとうございます!
    読み進めて行くと、色んな面んが見えてきますよ( *´艸`)

    2019年5月12日 22:11

  • (1)へのコメント

    >「昔ハメを外し過ぎましたので」
    戌斬さん、何をしたんですか――っ⁉ と思い切り聞きたいです(笑)

    そして、さっそく猿我さんが!(≧▽≦)
    ちなみに、きび団子は持っているのでしょうか……?

    作者からの返信

    後々、そのご質問の答えがあったりなかったり(( ̄▽ ̄)

    地味にご期待ください(笑)

    2019年5月10日 23:22

  • (2)へのコメント

    ふ、芙蓉さん、強し……!
    やはり母は強いものですね(*´▽`*)

    作者からの返信

    曲者の妻をやっていますので、強かになるのです(*´ω`*)

    2019年5月10日 23:21

  • (1)へのコメント

    蛇のキャラがいいキャラしていますね~(*´▽`*)
    一筋縄ではいかない感じが好きです!(≧▽≦)

    作者からの返信

    蛇さん、書いてて楽しかったです(≧▽≦)
    気に入っていただけてありがたいです(*´ω`*)

    2019年5月10日 23:20

  • (3)へのコメント

    真っ直ぐな心根を感じさせる桃狩、我が道を行く我鬼、両極端な二人が描かれていて、これからどう展開していくのか、楽しみです!(≧▽≦)

    作者からの返信

    流れは『桃太郎』ですが、なかなかに癖と事情のあるお供が現れるのですが、そんな面子のやり取りを楽しんでいただければと思います(;´∀`)

    2019年5月7日 22:04

  • 序章『我鬼(がき)襲来』へのコメント

    橘様の新作~!ヾ(*´∀`*)ノ
    ですが、いきなりなかなかの……:;(∩´﹏`∩);:

    作者からの返信

    うわぁ~Σ(゚Д゚)
    こんなに早くコメントを頂けるなんて、ありがとうございます!
    いや、もう、何と言いますか、鬼が書きやすかったなんて言えない……(。-`ω-)

    そして、こちらに載せると言う意味では新作ですが、これを書いたのは六年以上前だったような気がしますので、色々と拙いところもあり、あれこれ手直しをしたつもりだったのですが、直し漏れもあるかと思いますが、お楽しみいただければ幸いです。

    2019年5月7日 22:02 編集済