バタフライ・クライン

作者 朝山なの

42

15人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★ Very Good!!

突然過去に放り出されるのは、王道パターンです。
その世界で主人公の戸惑いと、何があったかを思い出す過程に微笑ましさも感じます。昔の友達との関係も取り返せたものの、取り返せなくなったものもあった。でもその中で、悲嘆にくれることなく、その時できることに力を尽くす主人公に好感が持てました。
ある意味淡々と、でもテンポ良く話が進み、読後感は爽やかです。
私の好みからいうと結末は好みの方向ではないですが、あくまでも好みの問題、これもありですね。

作者の人柄がしのばれる一品です。

★★★ Excellent!!!

変えたい過去はありますか。成りたい未来はありますか。

タイムリープ。過去に遡って未来を変えるという想像。一度は考え、思いを巡らせたことがあることだと思います。
では改めてタイムリープをしたらどうしますか?
と聞かれても、もう何度も考えた事だから。今更聞かれても。そして最後にはこう答えるでしょう。

「ま、どうせ有り得ない事なんだけど」

この作品は、そういう投げやりを一蹴する作品です。

タイムリープした主人公の目の前には、あらゆる選択肢が現れます。
そして、選択の度にその正しさを問われます。
未来の答えを知っているからと言って、何もかもが上手くいくわけではないのです。

そうやって構築していった、新しい未来を受け入れることができるのか。
本当にこの未来が正しかったのか。
自問自答の果てに待つ、新しい未来。
そこで彼女が手にする、本当の未来とは……!


ぺんぎん×エンカウントの朝山なの先生がお送りする、ほのぼの×シリアスなSF短編。

あなたもこの作品で過去に戻って、『今』、見つめてみませんか?

★★★ Excellent!!!

ぐいぐい引っ張られたと思ったら、おっと、なるほど、そう来たか、と。
そして、なんとまあ、そういうことだったのか、と。
読者の私たちは心理ちゃんの世界を自由に行き来できるのです。
だから何度も読み返して味わいましょう、楽しみましょう!