03.君とダンスを

 恋の調べを綴る羽根ペンの先は軽やかだ。ただし濃紺のインクは慎重で、僅かに重い足取りである。まるでダンスのようだと面白く思う反面、インクの重さより更に重いものの存在が頭を痛ませてくる。

 痛い頭を叩きながら、横目に映るは一通の手紙だ。

 おどけて言うなら……おどけなくてもだが……愛しの彼女からの。

 ダンスのお誘いである。

 月末は春の訪れを祝う祭りだ。彼女の街では盛大なダンス・パーティーが催され、男女がペアになって広場で輪になって踊る。祭りの最後に、萌え咲いたばかりの花の小さなブーケが投げられ、これを拾った男女は幸せになるだなんてジンクスつきなのだ。

 その相手のお誘いである。光栄なことである。

 でもどうしてか彼のペンはうまいように進んだくれないのだ。悪筆ではない。むしろ達筆な方だ。手紙の文言も立て板に水を流すように出てくる。なのに……。

 彼女のこととなるとからきしだった。そして彼はダンスもまたからきしだった。

「……やむを得まい」

 苦虫をかんで潰した顔は、決意が定まった証。

 彼女の喜ぶ顔を見るために、ひと頑張りしなくてはなるまいと。

 恋の調べを綴る羽根ペンの先は軽やかだ。ただし濃紺のインクは慎重で、僅かに重い足取りで。

 ステップの練習はしっかりせねばなと、頭の隅で考えながら、手紙は綴られていく。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます