無職中年血風録 ~魔剣物語~

作者 仮名絵 螢蝶

26話 最悪の刺客」への応援コメント

このエピソードを読む

  • 確かに技の組み合わせとか弱点とか考えるよりも、レベルを上げて物理で殴るのが一番爽快

    作者からの返信

    ラストリベ○オン式の攻略法は万能ですけどね(笑)

    感想ありがとうございます。

    2019年7月14日 20:21

  • 能力バトルで、基礎能力に 特化型は大抵強いですね

    作者からの返信

    ですです。やはりお約束は守らないと(笑)

    感想ありがとうございます。

    2019年7月14日 08:59

  • 少し引っかかりましたのでコメントを。

    >>特能を持たないが故に相性の優劣もなく、基礎能力の高さだけで相手を圧倒する。それが特対4課課長補佐、鬼島㐂十郎よ

    という霧島課長の前言が

    >>霧島の言う通り、高位の宿主には相性がある。基礎能力特化型の鬼島にとって、あらゆる通常攻撃を飲み込んで返してくる肉倉は天敵だっただろう。

    という灰児の後のセリフで『相性の優劣がない』という言葉がさくっと引っくり返っています。
    異なる二人の別見解ではありますが、同じ目的の為に行動するのなら『基礎強化特化故に特殊能力特化(特に物理無効)に弱い』というような説明があった方がいいようなきもします。

    灰児が自分の弱みに通ずると考えて指摘していないのもありえると思うので、このままでもいい気もしますが、いちおうコメントしてみました。

    作者からの返信

    今、推敲していて同じ事を思いました。少し台詞を変更します。

    完成度の低い話をアップとして申し訳ない。

    ご指摘、ありがとうございます。

    2019年7月13日 23:47