無職中年血風録 ~魔剣物語~

作者 仮名絵 螢蝶

3話 中年男はどツボを踏む」への応援コメント

このエピソードを読む

  • →どツボを踏んだ。正確にはどツボを踏んだ婆さんのツボを俺が買い取った。

    相変わらず作者さんの言葉まわしの感性は尊敬

    作者からの返信

    会話文は言葉繋ぎを意識して書いてますね。どツボ→壺を買う→詐欺商品の定番、みたいに流れになると自分的にはいい感じです。

    感想ありがとうございます。

    2019年5月24日 18:11

  • 裁判を受ける時も酸素補給機着きの木箱に入ったままだ。

    >裁判を受ける時も酸素補給機付きの木箱に入ったままだ。

    作者からの返信

    修正しました。

    ご指摘、ありがとうございます。

    2019年5月18日 06:26

  • 封鎖されてる場所もあるんですね。

    作者からの返信

    ええ、昔、香港にあった九龍城みたいに。

    感想ありがとうございます。

    2019年5月8日 21:00