第34話 白い少年

 黒い部屋。ガイロンのボスが目を動かす。

 白い少年が入ってきた。かすれたような姿はゆがみ、現実感が乏しい。

「ゲーセーマを生み出したぼくは、ゲーという名前で呼ばれるみたいです」

 その声も、ノイズが入ったようで元がわからない。

 ガクが鼻で笑う。机の上で将棋の駒を動かした。

「ふむ。計画に変更はない。ゲー、引き続き頼むぞ」

「すべては、秘密組織ガイロンのために」

 ゴーグルをつけた少年が、部屋から出ていく。ガク直属の八人の部下は作業中。挨拶あいさつはなかった。


 音を立てて動くスーツ。二人の部下が、休憩のため退室する。

「いやー。よく、秘密組織って、真面目な顔で言えるよなー」

「いま言ってるじゃねえか」

 灰色の廊下にひびく足音。気の抜けた会話は、さらに続く。

 すべて聞かれていると、まったく気づかずに。

 曲がり角で壁に背をつけ、ゲーが息をはく。

 ボスが手元に置いているだけあって、二人とも、それなりに強い念動の力を持つ。悟られずに近寄るためには、より強い力が必要になる。

「さすがに数が多い。尚早そうしょうだな」


 かげろうが立ち昇りそうな公園。

 いくら緑があっても、むせるような暑さが襲う。人影はまばら。歩道を通る人も珍しい。

「限界。とける」

「急ぐと暑くなるし、困るよねぇ」

 ショートカットの少女も長いくせ毛の少女も、汗をにじませている。メグミとカナエが通りすぎた。

 大多数の人々は、ノーシスの存在に気づいていない。

 泡のようなものが消えて、ピュアとアレンジが現れた。

 こそこそする二人は、恥ずかしそうな表情。隠れて、変身を解除する。

「あっつい」

「本当に、外に長くいられないね」

『ボクは問題ないけど、二人は気をつけて』

 日差しをさえぎるため、移動する二人。それを、白い服の少年が見ていた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます