第33話 約束の確認

 炎天下の公園に、ほとんど人の姿はない。

「本当にやるの?」

「うん!」

 不安そうなサヤカと違って、マユはやる気。夏服のふたりの少女が向かい合う。


「お願い。シュー!」

 取り出したケースをかざすマユ。ピンクの宝石が輝きを増す。

『エックスカラット』

 宝石が喋ったあとで、ピアノ中心の音楽が鳴った。

 マユの華奢な身体が光に包まれる。

 笑顔がはじけた。はずむような軽快な音とともに、服が変化していく。

 まずは胴体が現れる。ピンクの部分が多い。白くひらひらした布が、重なるようについている。ふくらんだ肩口や胸元だけではなく、あちこちに。

 スカートにもレースの部分が多い。わずかにある緑色とともに、桃色へ添えるいろどりとなった。

 白と桃色が巻きつく手首。靴もかわいらしく変わる。

 もともと移動ポケットの飾りだったかのように、腰の左側にシューがくっつく。

 右目でウィンクした。前髪がゆれる。剣のような形の髪飾りがついた。

 うしろ髪はそのまま。後頭部だけ、わずかに束ねられた。ひと塊でぴょこんと出ている。

 全体的にわずかにあるグリーンによって、ピンクが引き立つ。

 少女が変身を遂げた。

「ラディラブ・ピュア!」


「いくよ。ギア!」

 サヤカが、まるいケースをかざした。なかのライトブルーの宝石が輝く。

 1回だけ光った。

 打楽器中心の音楽が鳴りひびく。

 光に包まれる少女。すこし柔らかな表情になる。

 かがやいて、服が変化していく。はずむような高い音とともに。

 鮮やかな水色を基調とし、ひらひらとしたかわいらしい服装になった。あちこちがフリルで飾られている。

 ふくらんだ肩から長袖がのびた。長くなった靴下にあわせて、靴も変わる。

 短めのスカートがゆれる。淡い青色の移動ポケットの飾りとして、ギアがおさまる。

 さわやかな微笑み。前髪の左上に、翼のような形の髪飾りがつく。長いうしろ髪はそのままで、左右がふたつ細めに束ねられた。

 決めポーズとともに、変身が完了した。

「ラディラブ・アレンジ」


 ぶつかる力。ノーシスを展開し、二人が消えた。

「見間違いか? 身体を冷やさないと」

 とつぜん、可憐な少女たちが見えなくなった理由が、中年の男には分からない。水分を補給しながら遠くを見つめていた。

 念動の力が強くなければ、変身もそのあとも認識できない。幻の世界を知る人は限られる。


「わかりやすくいこう」

「そのほうが助かる」

 光を曲げてまとい、攻撃と防御を繰り返す二人。

 すばやくない。ゆっくり、確かめるように動いていた。

『暑くないように調整しているボクに、感謝してほしいところだね』

「シュー、ありがとう。もっと強くなるから、記憶を取り戻そうね」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます