第32話 狙いと礼

「あ? 次はゲームかよ」

 もはや無表情に近いリョウが、マユとサヤカについていく。おもに子供向けの、小さなゲームコーナーにやってきた。

「さわがしいから、いいんじゃないかなって」

「もうちょっと楽しそうにしないと、怪しまれるでしょ」

 苦笑いしたリョウが、二人の目的を察したらしい。ガンシューティングゲームを始める。

「ガイロンについて、だろ?」

 なんだかよく分からない機械が襲ってきている画面を見つめるのは、一人だけ。

「そう! 教えてもらおうと思って」

「受け身じゃダメ。情報が欲しい」

「下っ端だったからな、おれ。アジトがどこかも知らねぇぞ」

『アジト?』

 桃色と水色のかけらが飛び散る場面を思い出す、シュー。近くにいる女性の顔は、思い出せない。


「幹部だろ。白いガキ」

 リョウによると、白い幹部がかけらに念動を込めていた。それを使ってセーマを生み出したらしい。

 あまり上手いプレイではなく、ゲームオーバーになった。


「疲れたから休ませろ」

 リョウは顔色がよくない。突然ではなく、いつものこと。三人が、休憩スペースで座る。

『休息』

「頭脳労働するには念動が必要なんだと。身体が弱いから、下っ端は向いてねぇんだわ」

「なんだか、頭がいいように見えてきた」

「ほかの奴にそんなこと言ったら、怒られるぞ」

「飲み物って、どこで買える?」

 サヤカの提案を、リョウが断った。優しそうな表情で告げる。

「気にすんな。お前らのやることをやれ」

 マユとサヤカがその場を離れてから、男が外を向く。

「後先考えず、熱エネルギーをためこむ仕組みばかり作りやがって。外が地獄じゃねぇか」

 リョウに近づく足音。飲み物が差し出された。同い年に見える少女が、口をとがらせる。

「へぇー。繁森、モテモテじゃん」

「余計なことすんなよ、トモコ。風邪ひいて倒れたときに、世話になっただけだ」

 すごい勢いでボサボサ頭が近づいてきて、リョウがたじろぐ。トモコは怒りの形相。

「あの前? リョウ! ムチャするなって言ったのに」

「看病、頼んでねぇだろ」


 マユとサヤカは、文房具店にやってきた。

「仲直りできたようで、よかったです」

 ふたたび雑談を始めた二人が気づいたのは、話しかけられてからだった。緑を基調とした服の、色っぽい女性が微笑む。

 あいさつが交わされる。

「近所に住んでいるおねえさんで、ネモトさん」

「サヤカです。仲違なかたがい? いつでしたっけ」

「図書館に行ったときだよ」

 思い出話に花を咲かせる二人を、女性は邪魔しない。穏やかに待った。

「そういえば、結構前でした。何かあれば、気軽に話してください」

 微笑むネモトが去っていく。

「なんか、心理学っていうのに詳しいらしいよ」

 まるで話題の引き出しが無限にあるかのごとく。話は尽きることがない。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます