第29話 強まった光

 巨大なアイロンが屋根を吹き飛ばす。民家がくずれた。

 ノーシスは現実と色がすこし違う。壊れた物は、空間が消えれば元に戻っている。それでも、ピュアは怒りの色をつよくする。

「ラディラブビーム!」

 服の部分に軽減され、あまり効果がない。少女は回り込むために走った。

 これまでの怪物よりも大きく、手強いゲーセーマ。人に近い形ながら、色々な物が混じっている。

 黒い巨体の横から、ゲーが挑発する。

「なぜ戦う? 手に負えないなら放っておけばいい」

「絶対に、イヤ!」

 屋根を跳びはね、ピンク色の蹴りが命中。怪物が左に倒れる。少女の思いとは裏腹に、住宅街の家がまたひとつ破壊された。

 ライトブルーが駆け抜け、怪物にこぶしを叩き込む。しかし、あまり効果がない。

「私が、もっと運動が得意だったら」

 すぐにアレンジが距離をとる。木をまとうゲーセーマの左腕をよけていた。

「苦手には見えないよ」

「知識でカバーしているだけ」

 驚きから閃きの表情に変わったピュアが、胸の前で両手に力を入れる。

「わたしにはできないから、なんとかする方法を考えよう」

『ここは現実じゃない。強い念動があれば、法則だって変えられる』

 シューが助け舟を出した。そのことに、ピュアは気づいていない様子。アレンジは、身体から発せられるほのかな光を見ていた。

「そうか。強く思って、力を曲げよう」

 頭の上に疑問符が浮かんだままの少女が、もう一人の少女に向かってうなずいた。


 集中する二人。思いを強くする。

「すぐにぶつけるんじゃなくて」

「ためておくイメージ。もっと」

 ピンクの光とライトブルーの光が、それぞれの手足に集まっていく。

 二人のラディラブが、目に力を入れる。身体から放たれる光を曲げて、まとうことに成功した。

「セーマの応用か」

 納得した様子で、ゲーがその場から遠ざかる。

 白い少年を気にする人はいない。光をまとった二人は、ゲーセーマと対峙していた。

 これまでよりも素早い動きで、次々に攻撃をあびせるラディラブ。

 ピュアが下から突き飛ばし、巨体が宙を舞う。すでに、そこにはアレンジがいた。上へとはためく長い髪。かがやく蹴りを受け、怪物が落ちる。轟音とともに大地が揺れた。

 ピンクの腕がうなり、ゲーセーマが吹き飛んだ。

 何も言わなくても、二人は並んでいる。

「アロングサイド!」

「デザイアー!」

 ほとばしる強い意志。二人で協力して放った光が、ゲーセーマを包む。

 女性が現れて、ノーシスが消えていく。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます