第27話 新たな怪物

 放課後。あわい色合いの部屋。

「あれ? 何か、光ってない?」

 薄手の服に着替えたマユが、振り返った。

『何色?』

「桃色」

 のばされた人差し指の先には、クリーム色の壁が見える。普通の人には。

『せいかい。念動ねんどうの力が高まったことで、かけらを感じられるようになったね』

 説明の途中で、シューは移動ポケットに入れられた。


 光のイメージを目指し、マユが走る。

 闘争とはほど遠い、穏やかな住宅街であたりを見渡す少女。声がかけられる。髪の長さの違う二人が出会った。

「サヤカも、見たんだ」

「やっぱり、あれはかけらのイメージ」

 うなずいた少女の手で、水色の宝石が1回光った。

「意外に早いじゃないか」

 へんな声が、いつのまにか道の真ん中にいた何かから発せられた。すこし離れて立つそれは、白い。ゴーグルをつけた白い服の少年が、裁断された情報の奥で笑う。

 空間が細かく横に分かれて、ざらついている。二人には、姿がはっきりと見えない。

「カラットはぼくのほうが上。君たちには正しく認識できないはず」

 ノイズがかかったような声からは、感情があまり伝わってこない。

「誰? っていうか、人?」

「ああ。リョウが情報を出してないか。ガイロンで使っている、念動の力の単位だ」

「何が目的?」

 サヤカの問いに答えず、少年が手を動かす。家の中から女性が浮かんで移動してきた。マユは、驚いた表情で眺めることしかできない。

 道に、主婦らしき女性が倒れた。

「心を見せろ、ゲーセーマ!」

 桃色の宝石のかけらが宙を舞う。横たわる女性に当たると、黒く染まった。

 一瞬の静寂を残して、やみが広がる。

 これまでの怪物とは違うものが現れた。全長が約10メートルの異形。ゲーセーマ。

 二階建ての家を見下ろす高さに、二人が息をのむ。

 セーマとの違いは、大きさだけではない。複数のモチーフを左右非対称にまとう。服やアイロンのほか、木や花が混じっている。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます