第24話 ならぶ願望

 うなりを上げる巨大な腕を、光が止めた。

 背には緑。破壊をまぬがれた堤防がある。ピュアに守られた事実を受け止める、アレンジ。手を突き出した。黒い巨体を押し返す。

「ずっと、一人で戦うって言い続けてるのに」

「それでも!」

「なぜ、助けるの?」

「同じ気持ちだから!」

 水しぶきを上げ、セーマにふたつの光がぶつかった。


 火花が激しく散り、水が舞う。

 矢のように素早く動いても、とげに阻まれてうまく攻撃できない。水色の光が黒い足を踏みつけた。

「力はともかく、考えは違うでしょ」

「わたしも助けるために、全部一人でなんとかしようとした。優しいから」

 桃色の光が胸にぶつかり、セーマが後ずさる。目を見開いたアレンジが元の表情に戻って、何も言わなかった。

「わたしもアレンジの力になりたい。だから、一緒に戦おう!」

 雨のなか、雲の切れ間から差し込む光。明るい顔の二人が、怪物と対峙する。

「仕方ないから、合わせる」

 アレンジが、黒い巨体の背中側に回り込んだ。照れた表情を隠しながら、ひざの後ろを攻撃する。

 ぐらついた怪物に、すかさずピュアが追撃。腹で光がはじけて、セーマを吹き飛ばした。


 シューには分かっていた。二人の念動の高まりが。

『同じじゃなくてもいい。思いを束ねるんだ』

 ひらめきを顔に出したピュアが、アレンジに近寄る。

「決め技を使おう! 二人いっしょに」

「わかった。やるなら早く」

「最初に言うから、次に何か言って。組み合わせるの」

「いいから、始めて」

 二人がならんだ。力の高まりで、かわいらしい服が波うつ。肩までの髪と背中に届く髪も、風でなびくように揺れている。

「アロングサイド!」

「デザイアー!」

 構えた手がきらめく。光と波が同時に渦を巻いた。

 まっすぐほとばしるのは、川の流れよりも強いうねり。二人で協力して放った光が、セーマを包む。

 消えていくかがやき。黒い服の男が仰向けに倒れている。ノーシスが消えていく。


 すでに、元の世界では雨が止んでいた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます