第23話 ノーシスに降る雨

 傘を手にしたまま、マユが頼む。

「お願い。シュー!」

 まるいケースをかざした。なかのピンクの宝石が輝く。

『エックスカラット』

 ピアノ中心の音楽が鳴った。

 光に包まれる少女。高い音が鳴るごとに服が変化していく。

 袖のあたりがふくらむ。ひらひらとしたかわいらしい、桃色を基調とした服装になった。

 シューは、移動ポケットの飾りとしておさまる。短めのスカートがゆれた。

 おでこの右上に髪飾りがつく。肩まで届かない髪の一部が、寝ぐせのようにとび出した。後頭部が結ばれている。

 傘も桃色に染まり、変身が完了した。

「ラディラブ・ピュア!」


 傘を持ったサヤカが決める。

「いくよ。ギア!」

 手にはまるいケース。羽のような形のライトブルーの宝石が、中央で輝く。

 1回だけ光った。

 打楽器中心の音楽がひびきわたる。

 つよい光で満たされた。かがやきの中で少女の服が変化していく。軽快な音とともに。

 水色に添えるいろどりとして、橙色がすこしだけ。白いレースの部分はあちこちにある。長袖になった服につづいて、靴下が長くなる。靴もかわいらしく変わった。

 もともと移動ポケットの飾りだったかのように、腰の左側にギアがおさまる。

 前髪の左上に髪飾りがつく。うしろはそのままで、長いまっすぐな髪の左右が細めに結ばれた。

 水色に変わった傘とともに、変身完了。

「ラディラブ・アレンジ」


 別々に変身した二人が、同時にノーシスを展開した。

 河川敷から広がっていく境界線。空に届きそうな広さ。

 とげとげしい部分のあるセーマと一緒に、別の世界へと移動する。


 幻の世界でも、雨が降っていた。

「これって、傘さしたほうがいいの?」

『いらないよ。ブツリホウソクをねじ曲げているにしては、ただの雨だから。ボクが防ぐ』

 理解できていない表情を隠さないピュア。それに触れずに、アレンジが傘を投げて走り出した。水は、身体に当たる前に消えている。

 これまでの黒い怪物と近い動き。一回り大きいだけに見える。とげは飛んでこない。

「理由を話して!」

 答えはない。かわりに、黒い拳が振るわれた。人の身体よりも大きい。光を盾にしても防ぎきれず、水色がうしろに下がる。ぬれた短い草が舞い散った。

 リョウの意識はない。それでも、アレンジは語りかけることをやめない。

「そこにいるなら、手が届くはずでしょう」

 ピュアは、サヤカが誰かに手をのばす映像を思い浮かべていた。そして気づいた。みんなを助けようと、アレンジが一人で背負い込んでいることに。

 黒い足へと、桃色の光がぶつかる。セーマが尻もちをついた。

「協力しよう!」

 いろいろな思いではなく、一言だけ告げられた。

「しない。私だけで全部――」

 アレンジが喋り終わる前に、巨大な脚が横から襲う。とげを防ぎきれない。悲鳴をあげて、二人は川表の堤防まで吹き飛ばされた。

 服と身体の一部が、ところどころ線を引いたように汚れている。開かれた目に、黒い怪物が映る。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます