第22話 黒い心

 しとしとと雨が降る。

 部屋でくつろぐマユは、机の上にノートを広げていた。オレンジ色の服が、少女の姿態を薄くいろどる。

「よーし。そろそろ」

『かけらだ。近いよ』

「近い! ん? かけら?」

『セーマになる前の、念動がこめられたやつだよ』

 にぎる手のなかで、ピンクの宝石が告げた。十字の上部分が長い形。欠けていて痛々しく見える。相変わらず、かわいらしい声。

「これまで、黒い怪物しか分からなかったよね?」

『この前ので、わかるようになったよ』

 まるいケースに乗った宝石から、こともなげな言葉が発せられた。薄ピンクの移動ポケットが開かれ、無造作に詰め込まれる。

「そのときに言ってよ」

『必要があるのは、今でしょ。かけらが増えてきたね。そろそろ入れ物が――』

 かけらとともに揺られて、言葉の途中で玄関が閉まる。

 シューは、記憶を取り戻したことで、近くのかけらを察知できるようになったらしい。


 傘を差して、マユは進む。

 にごった流れが見えてきた。坂を下り、大きな川を見渡す。まだ、緑の河川敷かせんしきに茶色いうねりは届いていない。

「どっち?」

『うしろ』

 振り向いたマユは、サヤカと目が合った。

 藍色の服の少女も傘を差している。雨音がやまないなか、ゆっくりと階段を下りていく寒色。同じ高さになった。

「こっちだって」

 サヤカもまるいケースを持っている。白っぽい。ライトブルーの宝石が1回光った。

「ギアも、近くのかけらが分かるんだね」

『右』

 二人が川下を向く。傘を持たないリョウが現れた。髪はぐしゃぐしゃ。黒を基調とした服もずぶぬれで、厚着のため重く見える。

 セーマはまだいない。


 雨。立ち尽くす男。メガネに光が反射して、表情がよく分からない。

「どいつもこいつも、人間は邪魔だ」

 落ち着いている様子のリョウに、マユが話しかける。

「なんで、そんなことを言うの?」

「これが最後だ」

 答えはない。雨が降っているはずなのに、ひどく静かな時間が流れた。

「力のある奴はすごいよな。1カラット以上か。こうなることが分かるんだから」

 自嘲気味な笑いに、シューが反応する。

『人間の心は、じつにキョウミぶかいね』

「人には向き不向きがある。それだけのこと、でしょ?」

 サヤカの言葉も、リョウには届いていないようだった。

「おれの念動がもっと強ければ、こんな……」

「目的は何?」

 やはり、答えはない。

 マユは黙っていた。どうすればいいのか分からず、ただ、悲しんでいた。

「心を食らえ、セーマ!」

 右手に桃色。左手に水色。ふたつのかけらを手にしたリョウが、胸を殴るような格好で押しつける。反発する力に勝った。

 叫び声が響く。

 黒く染まるかけら。闇があふれ出す。

 そして、セーマが現れた。これまでよりひとまわり大きい。全長は約6メートル。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます