第20話 ひとりとひとり

 ノーシスがゆらいで、元の色に戻る。

 飛んできたのは桃色のかけら。気にせず、ピュアがアレンジのほうを向いた。

「ありがとう」

「……」

 水色の少女から返事はなかった。すこし眺めたあとで目をそらして、建物の陰に向かう。

 ビー玉より小さなかけらを回収して、ピュアもつづく。

 変身を解除する二人。それぞれの宝石を手に持つ。ほおのゆるみを抑えきれないマユと、真顔のサヤカが並んだ。

「ねえ。一緒に戦おうよ!」

「無理だから」

「なんで? すごかったし、いろいろ教えてほしいし。シューも何か言ってよー」

『ギア。ひさしぶりな気がするね』

 桃色の宝石がしゃべって、水色の宝石が1回光った。どちらも欠けている部分が多い。

「どうしてもって言うなら、宝石を全部渡して」

「ギア、ふたつに割れてて大丈夫? って、なんでそういうこと言うの!」

 笑っているのか怒っているのかよく分からない表情のマユが、大声を出した。

「それで、一緒に勉強する」

「ダメだよ。約束したから。シューの記憶を一緒に取り戻すって」

 眉を八の字にして、口をへの字にした少女がうつむく。宝石入りのケースをにぎる手に、強い力が入っていた。

『協力したほうが、コウリツテキじゃない?』

「なるほど。そういうこと」

 長い髪をゆらし、サヤカが去っていった。かばんを拾って図書館へと入る。

 水色の宝石が何度光ったかは、見えなかった。


 すでに、セーマから元の姿に戻っている。

 辺りを見回し、大事そうに本を抱える老人。図書館を見つめた。


「どういうことか、わかんない」

 入り口近くで、マユは頭を抱えていた。かばんに手をのばそうとして、さきに拾った人から手渡される。

「大事なものは、手放さない方がいいです」

「はい。ネモトさん、こんにちは」

「こんにちは」

 女性は、優しそうな顔で笑った。頭の後ろでお団子のようにまとめている髪。マユより背が高く、魅惑の体つきを緑の服装で包んでいる。

 ネモトはマユの近所に住む。大人の女性。憧れていると、本人に伝えてはいなかった。

 なんでも相談していいと言われている少女が、口を開く。

「あの。一緒に頑張ろう! って、なってくれない人には、何が必要だと思いますか?」

 心理学に詳しいという女性は、柔らかな表情をつづけている。

「自分ならどう思うのか、相手の思いは何か。考えることも大切ですが、確かめることも重要です」

「確かめる?」

「早く仲直りしたい、とは思いませんか?」

 さっき大声を出した。少女が思いだし、ネモトのアドバイスを胸に刻む。気遣きづかってくれていると感じて。

「そうですよね。ありがとうございます」

 屈託のない笑顔を見せるマユ。花が咲き乱れるような可憐さに、シューが何も言わない。

 ネモトは、穏やかに微笑んだ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます