第17話 別の色の回想

 帰り道。サヤカは、出会いを思い出していた。

 あのときと変わらない並木道を前にして。


「髪飾り、じゃない。宝石?」

 木の根元で、水色の宝石が1回光った。

 割れてふたつに分かれているにもかかわらず、左右対称に翼のごとく鎮座ちんざしている。何かの力が働かないとありえない。

 それを、ほかの誰も気にしていない。周りを見回しているのは一人だけ。

「誰かいるの?」

 水色の宝石は、2回光った。

 手をのばさない少女にごうを煮やしたように、宙へと浮かぶ宝石。サヤカがたずねる。

「あなたは、そこにいるの?」

 水色の宝石が1回光った。


 サヤカは、自分の部屋で着替え始めた。

 灰色に囲まれた紺色。ここで起きたことの回想が、長い追憶となる。


「勉強は自分でしたほうがいいと思うけど」

 つづきを言う前に通話が終わった。

 思い切り胸を張って伸びをする。青緑の天井が目に入る。藍色あいいろで白い模様の入った服の次に、机の上を見た。

「行かなくていいかな」

 サヤカのつぶやきに、水色の宝石が2回光る。

「何かが、ある?」

 水色の宝石は、1回光った。


 あの日。

 道で、黒ずくめの男がカナエの前に立っていた。

「闇よりいでよ、セーマ!」

 桃色の光がカナエに近づく。黒く染まった。

 影のようなものが広がり、巨大な怪物が現れた。全長は約5メートル。

 なにかを求めて歩き出したように思える。


 うすいまくには触れられない。するりと通り抜けるだけ。

 手の届かない別の世界の出来事が、目の前に広がっていた。

 サヤカは何もできなかった。ただ、遠くでマユが変身解除するところを見ていた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます