第13話 誰のために戦う

 ピュアが、きりっとした顔で言う。

「どうすればいい?」

『気合いがあれば、なんでもできる』

「入れてください」

 悲しそうな顔で手が合わされる。情けない声とは裏腹に、変化はすぐ起こった。

 そびえたつ泡のような壁が迫ってきて、ピュアを通り抜ける。


 思わず閉じた目を、いさましく開いたピュア。ノーシスへと入ったことを理解した。

 いままさに怪物が吹き飛んで、街が壊れている。


 体勢を崩したセーマに、追い打ちが決まった。

 ジャンプからのキックで光がほとばしる。黒い巨体が転がり、激しい音とともに粉々になる噴水。公園を縦断するタイルも壊れ、道としての役割を失う。

 木々をなぎ倒して止まったときには、すでに技が構えられていた。

「ラディラブレーザー」

 水色を基調とした服装の少女が、手のひらから光線を発射した。

 ノーシスでは普段とすこし色が違う。それをさらに照らす明かり。水流のように見える輝きが、木よりも大きな怪物へと注ぎ込まれる。

 強い光に包まれて、セーマが消えた。

 ノーシスも消えていく。

 髪の長い少女は、悠然ゆうぜんと構えている。うしろ髪は束ねていない。耳の上から、細いツインテールがぴょこんと出ていた。

 なびく髪。あまり見えない額の左に、羽のような形の髪飾りをつけている。

 移動ポケットには、水色の宝石。Vの字に似た形で、下が割れてふたつに分かれていた。

 水色の宝石のかけらが、少女のもとへ飛んでいく。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます