第12話 奮闘する誰か

『セーマだ。近いよ』

「ごめん。用事ができたから、またね」

 シューへの返事はない。マユは、間髪入れずミツキに謝った。

 開かれるドア。赤村と書かれた表札は揺れない。急いで出ていくマユを、すこしだけ背の低い少女が見送る。

「電話かなぁ?」


 走っていたマユが歩き出す。現場が近い。

 巨大な黒い怪物の姿はなかった。

 その代わり、さらに大きな透明に近いドームがある。校庭よりも4倍は広い公園を、うっすらと包むまく

『外からみた幻の世界だよ』

「ノーシス?」

『そう。覚えたかな』

「そうじゃなくて。よく分からないけど、お願い。シュー!」

 マユがまるいケースをかざした。なかには宝石がはめ込まれている。十字の上部分が長いピンク色が、輝きを増す。

『エックスカラット』

 言葉のあとで、やさしくピアノ中心の音楽が鳴った。

 まぶしい光に包まれる少女。

 きらめく笑顔。服が変化した。桃色を基調とし、ひらひらしたかわいらしい服装へと。

 腰の左へ、移動ポケットの飾り代わりにシューがおさまった。

 ボブカットの右前に、剣のような形の髪飾りがつく。うしろ髪はそのままで、後頭部だけ小さくひとつに束ねてある。

 桃の花と桜の花、さらに白い花を合わせたような色合いになって、変身が完了した。

「ラディラブ・ピュア!」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます