第8話 倒れる友

 変身した少女が、怪物を見据える。

「ん!」

 鼻から息とともに声がもれた。胸の前で手をかたく握るピュアから、シャボン玉のようなものが広がる。

 同時に、巨大な黒いものからも広がっていく。ぶつかって合わさった。

 ゆらぎが膨らむ。街の一区画がすっぽりとおさまったことは、内側からでは分かりにくい。


 ここは幻の世界。

 ノーシスと呼ばれる範囲に立つのは、ふたつの存在だけ。

「誰もいないよね?」

『いたら、びっくりして叫ぶから、すぐわかるよ』

 シューの言葉で、不安な表情が和らいだ。現実の世界とは色がすこし違うことを確かめて、桃色の少女が走り出す。

 ピュアは、最初の戦いよりも落ち着いていた。

 怪物からいくつも生えている鉛筆えんぴつのような部分を気にしつつ、一気に接近。

「ひざ!」

『そこは、すねだよ』

 光るこぶしが当たった。怪物が前のめりにかたむいて、ピュアが慌てて屋根の上まで跳ぶ。

 バキバキと音を立てて、道のそばの家が壊された。

 転んだ怪物が立ち上がろうとする。大きな腕を動かすたびに、周りがおもちゃのように破壊されていく。

「立っちゃダメ!」

 ジャンプした桃色から光がほとばしった。うなりをあげる右足が、黒色に迫る。

 背中に直撃。怪物が吹き飛んだ。

 風が窓をゆらす。衝撃波のあとで、家がいくつもバラバラになっていく。派手に壊れた街を見る人は、ほかにいない。ノーシスには。

『やったね』

「やりすぎ!」

 ものすごい速度で走ったピュアが、すぐに怪物の姿をとらえた。道の真ん中で動きが止まっている。

『いいね』

「ラディラブビーム!」

 煙を通してはっきりと見えるレーザー光線のように、手から放たれた光には色がある。光に包まれ、怪物が消えた。


 蒸発じょうはつするようになくなっていく、ノーシス。街が元に戻る。

 ただ、違うこともある。

 怪物がいたところには、カナエがいた。

 あおむけで倒れている少女は普段着。髪はくせが強くて長め。服に乱れはない。

 ピュアは、まだ変身を解除していない。動けないほどのショックを受けているようだった。

「なんで、怪物の正体を黙ってたの?」

『戻るんだから、言わなくてもいいでしょ』

 宝石のかけらが飛んできた。固く閉じられた手ではなく、ポケットの中におさまった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます