第7話 不穏な怪物

「闇よりいでよ。セーマ!」

 漆黒しっこくの男が放った光は、人に近づくと黒く染まった。


 カナエを待つマユは、手持ちぶさた。そわそわしている。

『念動がたかまってるよ』

「とつぜん何? 何か作りたい?」

『かけらが手に入って、すこし離れてても、あの黒いのをサッチできるようになった』

「黒いのって。怪物!」

 あわてて、マユが移動ポケットにシューを入れる。部屋を飛び出した。

「落ち着いて。ゆっくり。大丈夫」

 呪文のようにつぶやきながら、靴を履いたマユが家を出る。


 何も言われなくても、マユは北東を見ていた。

 カナエの家の方角に変化なし。すこし右のほうで、影が動く。

 巨大な着ぐるみのような黒いものが、東からやってきた。人の形に近い、全長が約5メートルの怪物。

 少女の目に、撒き散らされる黒い霧が映る。カナエの姿は見えない。

「お願い。シュー!」

 取り出したケースをかざすマユ。ピンクの宝石が輝きを増す。

『エックスカラット』

 宝石が喋ったあとで、ピアノ中心の音楽が鳴った。

 マユの華奢な身体が光に包まれる。

 はずむような軽快な音がするごとに、かがやきの中で服が変化していく。少女は明るい顔。

 まずは半袖の胴体が現れる。ピンクの部分が多い。白くひらひらした布が、重なるようについている。肩や胸元だけではなく、あちこちに。

 スカートにもレースの部分が多い。わずかにある緑色とともに、桃色へ添えるいろどりとなった。

 白と桃色が巻きつく手首。靴もかわいらしく変わる。

 もともと移動ポケットの飾りだったかのように、腰の左側にシューがくっつく。

 笑顔の上。おでこの右側で髪がゆれる。剣のような形の髪飾りがついた。

 うしろ髪はそのまま。後頭部だけ、わずかに束ねられた。ひと塊でぴょこんと出ている。

 全体的にわずかにあるグリーンによって、ピンクが引き立つ。

 少女が変身を遂げた。

「ラディラブ・ピュア!」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます