第二節 怪物の正体? うごめくガイロン

第6話 ひとりとひとつ

 第二節 怪物の正体? うごめくガイロン


 やわらかな色合いの部屋。

 ボブカットの少女が、腰に移動ポケットをつけている。薄いピンク。桜色より明るい。

『つまり、力がクッションになる。殴ってもマユの手がいたくない』

 少女とは違うところから声がして、結ばれた口がひらく。

「もっと賢い人がいたら心強いのになあ」

 近くには、まるいケースが浮いていた。真ん中にピンクの宝石がはめ込まれている。一見すると、手鏡の裏側。

「これで持ち運びやすいね。シュー」

『念動がつよくないと、戦いすら見えないよ』

 つかまれたケースから声がした。正確には、十字の桃色の部分から。長い上のほうが多く欠けている。

「おかあさんは仕事で忙しいし、心配かけたくないし」

『まず、ボクの声が聞こえないと思うよ』

 移動ポケットに入れられた宝石のシューと、噛み合わない会話がつづく。

 茶色を基調とした服を動かして、マユが踊るような仕草をした。服のオレンジの線が美しく舞う。

「わたしが、サヤカさんくらい頭がよかったらなあ」


 マユから見たサヤカのイメージは、知的。

 学校の問題をすらすら解く。それでいて長髪をかきあげないし、威張り散らすこともない。しとやか。

 あまり笑わないようで、相手が喜ぶと優しい顔になっている。

 何を話せばいいのか分からず、マユから声をかけたことはほとんどなかった。


 机の上で、小さな手が止まる。

 マユが数字とにらめっこするのをあきらめた。電話をかける。

「カナエ。ちょっと時間ある?」

『難しいよねぇ。一緒に考えようよ』

 機械的に変換された相手の声が響く。

 短い通話で、友達が家まで来ることになった。腰にある薄ピンクの入れ物から中身を取り出して、マユが語りかける。

「シューの声って、電話から聞こえる声に似てない?」

『ボクはここにいる』

 声に怒りの色はない。いつもどおりの可愛らしさだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます