第4話 放たれた光

 迫る大きな怪物。目が合った。

「どうしよう」

『この空間、ノーシスは幻。こわしても現実にエイキョウないから、こうげきあるのみ』

「攻撃って言われても」

 黒い怪物が腕を振り下ろした。自動車がぶつかるほどの衝撃がありそうに見える。

 ラディラブ・ピュアは、跳んで軽々とよけていた。

「高いよ。怪物より」

『お? このままいっちゃう?』

 シューの期待とは裏腹に、ピュアは民家のベランダで尻もちをついた。

 ふたたび狙われる少女。慌ててジャンプする。

 真新しい家が、怪物のパンチで無残に壊された。

「ひどいことしないでって、言ったのに!」

 別の家の壁でいったん止まるピュア。勢いよく蹴って、右腕を突き出した。光が軌跡きせきを描いて、怪物の胸に命中する。

 当たった瞬間、桃色の少女は理解を終えていた。

「ごめん。そんなつもりじゃ」

 黒い怪物が吹き飛び、家が破壊されていく。二軒目に埋もれて、ようやく止まった。


『ここできめよう。ピュア』

「これ以上壊すのは、ちょっと」

『思いを光にかえて、ハッシャ。きめわざだ!』

 安心した表情のピュアが、眉に力を入れる。

「ラディラブビーム!」

 のばした右腕から放たれた光は、一瞬で怪物に届いた。幻の世界のおかげで、はっきりと、異質に色づく。

 ピュアが手のひらに力を入れ、増す輝き。雲の切れ間からのぞく太陽の光よりも強く、照らしつづける。

 光に包まれて輪郭が見えなくなっていく。怪物が消えた。

『それはたぶん別のメイショウだけど、言わないほうがいいだろうなあ』

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます